HOME   »  The return of the JYJ
Category | The return of the JYJ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ 東京ドーム コンサート、3年'魂'ふるえる5万人のファンの叫び声②(コンサート レビュー)

エクスポーツニュース原文記事転送2013-04-05 07:02

jyj-20130406-31.jpg


* ①からの続き…

公演が後半に入って行くにつれJYJは一つにまとまった。 JYJは自分たちの初めての韓国語アルバム タイトル曲'In Heaven'を熱唱した。 美しいハーモニーが東京ドームに鳴り響きながら長い余韻が残った。

jyj-20130406-32.jpg


メンバー3人はまもなく'少年の手紙'でファンたちに自身の心を伝えた。 歌の歌詞は自分たちを待っっていてくれた少女に感謝する少年の心情を含んでいた。 歌詞内容のようにメンバーは誠意をつくした熱唱でファンたちに感謝の言葉の代わりを示した。 ファンたちは温かい拍手で答えた。

jyj-20130406-33.jpg


それらが非常に楽しいダンス曲で静かだった雰囲気を'Get Out'で一気に変えた。 素敵なダンスの実力を一度表現したメンバー3人は一ケ所で一つになって、広い東京ドームのステージをあちこちぬって歩き回った。

JYJがトロッコに乗りながら雰囲気は絶頂に達した。 メンバーはトロッコの上に乗って'You're'と'チャジャッタ'を続けて歌った。 公演中彼らは観客に力いっぱいゴムボールを投げた。 この日キム・ジェジュンは遠くにいるファンたちと少しでもさらに近づきたいように空気銃の器具を利用して球を撃ちまくった。

jyj-20130406-34.jpg
jyj-20130406-35.jpg


このようにJYJとファンたちは3年ぶりに近くで会えた状態で思う存分交感を交わした。 メンバーらと5万人のファンたちは左右に手を振った。 3年間互いに離れていて積もった隔たりが解ける瞬間だった。 JYJが歌の歌詞を通じて"探した私の愛、私が探した人"と告白して、5万余りのファンたちは"愛している、君を愛してる"という歌の歌詞を同じ言葉で合唱してその心を受け入れた。

jyj-20130406-36.jpg


JYJは特別なステージを通じて観客との気持ちの交換を続けていった。 キム・ジェジュンは"この公演会場の明るい光を見ることが(足かけ)4年ぶりだ。 4年前の皆さんと私たちの記憶、そして思い出がまたよみがえる曲を準備している"として次の舞台を予告した。

予告されたステージは日本の曲'Rainy Blue'で作られた。 この曲は80年代に人気を呼んだ日本歌手徳永英明が歌っていて、約4年前キム・ジェジュンとパク・ユチョンがカバーした。 またJYJは過去JYJ東京ドーム コンサートで回転するリフト ステージでこの曲を歌ったことがある。

jyj-20130406-37.jpg
jyj-20130406-38.jpg


(足かけ)4年前と同じ姿で歌を歌う彼らの姿は、ファンたちと離れていた何年間の歳月を再び繋いてくれるようだった。 曲が終わって溢れだすファンたちの拍手と叫び声はその長かった時間の分ぐらい絶えず長く続いた。 ステージの後キム・ジェジュンは"メンバー3人皆がこの曲は必ず再び歌わなければなければならないと口をそろえた。 私たちの思い出が蘇る曲だった"と話した。

やがて3日間約15万人の観客を集めたコンサートの最後が近づいた。 メンバーは残念な気持ちがいっぱいな言葉を残した。

jyj-20130406-39.jpg


"今日のステージが実現するまで、失われた時間が流れたが、3日間あまりにも幸せでした"

キム・ジュンスが涙を浮かべた。 彼は必死に涙をこらえて"3日間皆さんが見せてくれたこの愛を忘れないで、これから日本でより多くのステージを持ちたい。 次のコンサートでは東京だけでなく全国ツアーをする"という覚悟を明らかにした。

jyj-20130406-40.jpg

パク・ユチョンは"幸せだ。 近い内にまた来る。 私たち3人だけはこれからずっと一緒にいるだろう。 その姿を見て下さったら良い"と言って話を繋いで、ゆっくり十分に考えて話をする彼の目にも涙が溜まっていた。

キム・ジェジュンの目も赤く充血していた。 彼は"私たちは大丈夫だ、大変なことでもなかった。 今からは幸せな毎日が続くのではないかと思う。 もう二度と'さよなら'とか'別れ'とか言うは言葉は皆さんと私たちの間には似合わない"と話した。

jyj-20130406-41.jpg


彼は"私たちの心とは違うように勝手に流れるこの時間が恐ろしかった。 初めの1年は恐ろしくなかった。 1年はあっという間であるから。 だが、1年が過ぎて2年が過ぎた時は'やはり時間というものは恐ろしい'と思った。 ずっと時間が過ぎて4年が過ぎて何かを悟った。 皆さんに会うことができる今の気持ちは何と言えばいいか表現できない。 まだ若いが今後どうなるかもわからない男たち3人、今後確信できない未来をひたすら信じる皆さんがいる限り、さらに頑張って進んでみようと思う"として去る4年の間に感じた心境と、新しく刻んだ覚悟を混ぜて伝えた。

話を終えて落ち着いている表情をつくるキム・ジェジュンに、観客の大きい拍手が続いた。

キム・ジェジュンは"気持ちがいい。 気持ちを率直に話す機会が少ないので、またこのように皆さんに会う機会が良い。 今からはこのような瞬間がますます増えることと考える"と話を繋いだ。 その話を聞いているキム・ジュンスとパク・ユチョンの表情も本当に真剣になっていた。

jyj-20130406-42.jpg
jyj-20130406-43.jpg

JYJは'花が枯れた後再び始まる'として自分たちの新しい出発に対する歌詞内容を含んでいる'落葉'を最後の曲で歌った。

彼らを見送ることが惜しいようにファンたちは黄色のペンライトを揺さぶった。 歌の最後にジェジュンは"本当にありがとうございます"として力いっぱい大声を出した。

ステージを終えた後メンバーはキム・ジェジュンを中心に集まって手を取り合った後長くお辞儀をした。

"皆さん、今日は本当に幸せでした。本当にありがとう"キム・ジェジュンのこの言葉と共にJYJメンバーはアンコールステージの準備に入った。

jyj-20130406-44.jpg


アンコールステージは自らを祝うような非常に楽しい祭りの雰囲気であった。

JYJが'Be My Girl'を歌う間、56人(タイプミスだと思います。正しくは16人)(メインダンサー16人+アンコール40人で56人のようです)のダンサーがステージに左右に並んで立った後、東京ドームをいっぱい埋めた観客にWAVEを誘導した。 5万人がWAVEする光景が演出された。 観客が持っていたピンク色のペンライトでピンク色のWAVEが東京ドームに起こった。

最後の曲'Empty'のステージが続く中で東京ドームには五色の花吹雪がまかれた。

'Empty'を歌って何分間か退場していたJYJメンバーがステージに再び飛び出した。 公演開始から秩序整然な状態をを維持した日本観客だが、もう最後ということを直感するように出来る限り大きい叫び声を上げまくった。 JYJとまた会う日を約束しなければならない心残りが感じられた。

jyj-20130406-45.jpg


JYJ 3人はステージ中央まで飛び出してから、ステージ一番後方に戻って公演スタッフらと手を取り合ってしばらくの間丁寧な挨拶をした。 挨拶を終えてステージを降りてきてキム・ジェジュンとパク・ユチョンはマイクなしで手を口に当てて"ありがとう"と叫んだ。 特にパク・ユチョンは名残惜しいように観客を眺めて足取りをなかなか進めることができなかった。 彼は涙を浮かべていた。

jyj-20130406-46.jpg



このように3年ぶりの東京ドーム カムバック公演は終わった。 公演中JYJメンバーは公演の間をぬって、映像を通じて自分たちの心境をさらけ出すメッセージを伝えたりした。 それに対し観客が大きい拍手でうなずく返事をした時があった。 その時映像にはこのようなメッセージが伝えられた。

"終わりがないと思った時間でした。 終わりが見えなかった迷路でした。

だが、もう暗闇の時間は終わって、長い迷路も終わりました。

再び始めるJYJを見守って下さい。

皆さんが長く待って頂いた事に報います。 愛しています"


長いトンネルから抜け出て出たJYJとファンたちの3日だけの再会。 夢のような時間は短く過ぎ去った。

ペク・ジョンモ記者phanta@xportsnews.com

http://news.nate.com/view/20130405n03019

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri


JYJ3人が、暗闇の時間長い迷路を歩いていた時も、
私たちJYJファンは、JYJだけを信じて一緒に歩いてきました。

「JYJの3人だけはこれからずっと一緒にいるだろう。」と言ってくれたユチョン。
私たちはこれからもJYJだけを信じてJYJの新しい未来を応援します。


スポンサーサイト

JYJ "僕たちが東京ドームに帰ってきた"①(コンサート レビュー)


エクスポツニュス原文記事転送2013-04-05 07:02

jyj-20130406-11.jpg


[エクスポーツニュース=日本、東京、ペク・ジョンモ記者]約5万個の赤いペンライトが秩序正しく動きながら東京ドームを赤く染めた。

4日午後5時30分日本の東京ドーム。およそ5万席をいっぱい埋めた観客はただひとつの言葉"JYJ"という掛け声を連呼した。 ついにメンバーが舞台に登場するとすぐに彼らは一度奇声を張り上げていたが、すぐ秩序整然とペンライトを徐々に振り始めた。 1万 3千平方メートル広さの東京ドームにあっという間に赤い波が押し寄せた。 3年ぶりに東京ドームでコンサートを持つJYJ。 彼らの最終公演が始まる瞬間だった。

jyj-20130406-12.jpg


"僕たちが! JYJが! 東京に帰ってきた"

キム・ジェジュンをはじめとして舞台に上がった3人の男たちは大声を出した。 そして話した。 "会いたかったです。 本当に会いたかったです"と。

声に力が入った。 特にパク・ユチョンは"楽しむ準備オッケー?"と連続して大声を出した。 メンバーは"喉をいたわって!"として彼を引き止めたがパク・ユチョンの表情には幸せさがいっぱいだった。

ファンたちはこれに対し"ずっといっしょに"(写真は2日の『おかえりJYJ』です)という応援パナーを会場全体で持ち上げることでうなずくように答えた。

jyj-20130406-13.jpg


キム・ジェジュンはファンたちがみんなで持っているバナーに眼差しを送った。 分かってみるとファンたちは3日間の公演の間それぞれ違った応援文が書かれたバナーを持ってきた。 初日は'おかえりJYJ',二日は'あいたかったよ'という応援文をバナーに書いていた。 そして最終日'ずっといっしょに'という応援文を差し出したファンたち。 ファンはJYJと一種の対話をしていたのだ。

"明日は?"キム・ジェジュンが応援バナーの文をしきりに考えながら、しばらく惜しんだ。


jyj-20130406-14.jpg


公演序盤メンバーは派手な個人技で雰囲気を熱くしていった。 最初の火ぶたを切ったのはキム・ジュンスであった。 彼は'Breath(ブレス)'を通じて洗練されたパフォーマンスに特技である歌唱力、そしてラップの実力まで披露した。 キム・ジュンスは続いて'Lullaby'を歌って東京ドーム内部に用意された広い舞台を徐々に歩いて通った。 彼は腕を広げて目をとじて日本ファンたちの声援を全身で感じるようだった。 曲の最後にキム・ジュンスは魂のこもった力強い高い高音を吹きだした。

jyj-20130406-15.jpg


キム・ジェジュンが後に続いた。 キム・ジェジュンは自身の最新曲'Only Love'を通じてロッカーとしての容貌を誇った。 観客は彼の歌はもちろん彼の表情一つ一つをのがさなかった。 キム・ジェジュンが目をとじて感じて歌って、突然目を見開くとすぐに観客は大声を張り上げた。

jyj-20130406-16.jpg


最後はパク・ユチョンだった。 パク・ユチョンは日本のグループ'安全地帯'の'フレンド',キム・ドンリュルの'古くなった歌'を続けて歌った。 彼は切ない声で、彼が雰囲気を落ち着くように鎮めた。 歌の合間合間、ファンたちは交錯した声で"ユチョン、最高"と叫びまくった。 そして彼が歌を終えるや温かい叫び声で彼を喜んだ。

引き続き3人のメンバーは本格的な個人舞台を通じて明確に色が違う自分だけの魅力を見せた。

まずキム・ジェジュンが東京ドームを熱狂の雰囲気に変えた。 彼は自身の曲'One Kiss',そして中島美嘉の曲'Glamorous sky'でロック スタイルの舞台を整えた。 キム・ジェジュンがファーのコートを肩の下まで素早く脱いだままロック音楽を熱唱すると、すぐにファンたちは手を振りまくって熱狂した。 熱情的に手を振ったある女性ファンは心より幸せに見える表情をつくっていた。

jyj-20130406-17.jpg
jyj-20130406-18.jpg


キム・ジェジュンは観衆の心を思いのままにした。 彼は自身がどのようにすれば観客が熱狂するのか分かっていた。 彼は間奏の間、力いっぱいカリスマのある表情をつくるかと思えば、曲のハイライトの部分でしばらく歌を止めて"とても熱い"として着ていたコートを脱ぎ捨てることもした。 舞台を終えた彼はにっこりと笑いを見せながら余裕を表した。

すぐにまた他の色の魅力が押し寄せた。 キム・ジュンスの鋭い歌唱力だった。

彼は自身の英語アルバム曲'Uncommitted'を最初に披露した後'みんな空の下'で頂点をつけた。 キム・ジュンスは切ないボイストーンと完ぺきな歌唱力で隙間のない舞台を作った。 曲序盤彼が1分余り無伴奏で熱唱して、途方もない拍手の声で東京ドームがひとしきり鳴り響いた。 キム・ジュンスは魂のこもった力強い、すさまじい声で歌を繋いだ。 あたかも'私は歌手だ'でイム・ジェボムが'皆さん'と呼ぶ時と似た感じだった。

jyj-20130406-19.jpg


"いくら大変でも涙は流さない。 何度も大きな壁を越えてきたので。 何も恐ろしくはない。 一人ではないから"外国語の歌詞だがその言葉は意味深長だった。 歌を終えた後、少し前の拍手より同じ大きさだったが、はるかに長く拍手が続いた。 その拍手の波を感じるキム・ジュンスの目には素早く涙が溜まっていた。
(著作権の問題があるので歌詞部分は韓国語直訳を載せています。)

jyj-20130406-20.jpg


すばやくパク・ユチョンが雰囲気を変えた。 彼は福山雅治の曲'最愛'でスタートした後、自身のソロの新曲'彼女と春を歩く'を初めて発表した。 '春のキャロル'の感じがするやわらかくて甘い感じの新曲は東京ドームをさわやかでほのかな雰囲気でおおった。 淡泊ながらも真剣に歌った彼の舞台が終わって、観客の惜しまない拍手と叫び声があふれた。

jyj-20130406-21.jpg


JYJのソロ舞台の最後の花火が燃え上がった。

キム・ジェジュンはロックバラード スタイルの自作曲'All Alone'で東京ドームを熱し始めた。 引き続き自身の本格ロック アルバム'I"のタイトル曲'Mine'で燃料を入れて火をつけた。 彼はギターリスト二人を同行して自身のロック スピリットを誇示した。 彼は広い舞台を左右に動きながら声のトーンを高め、速いキターリプに合わせて頭をグルグル回した。 ピアノの旋律が出てくるとすぐにキム・ジェジュンはセクシーな身振りでピアノを宙にに打つふりをしながら、自身のからだを手で探りながら崩れ落ちた。 そのような姿にファンたちは熱狂した。 ファンたちはいつのまにか彼の後ろ姿だけ見ても叫び声を放っていた。

jyj-20130406-22.jpg


キム・ジュンスがソロの舞台の有終の美を飾った。 彼は自身のソロ アルバム タイトル曲'タランタルレグラ(Tarantallegra)'で絶頂の'刃群舞'を見せた。 彼は空中に跳ね上がって舞台に登場することもした。 ファンたちは歌のビートの合間合間に掛け声入れて歓呼した。 いつのまにか席から立ったファンたちは肩と腰を揺さぶってキム・ジュンスのリズムを全身で感じた。

②へ続く…
ペク・ジョンモ記者phanta@xportsnews.com

http://news.nate.com/view/20130405n03007

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri

'王の帰還' JYJ、東京ドームコンサート四季を全て納めた感動のステージ

ファイナンシャル・ニュース原文 記事配信2013-04-0511:52


jyj-20130406-1.jpg
JYJ (写真=シージェスエンターテイメント)

JYJが、3日間15万人の観客に四季の感動をプレゼントした。

去る4日午後、日本の東京都文京区にある東京ドームではJYJの2013日本東京ドームコンサート 'The return of theJYJ' が華やかに行われた。

この日の公演はJYJメンバー1人1人の魅力とJYJの魅力を同時に見ることができるステージであり、アーティストとファンの厚い信頼関係の真髄を見せてくれるステージだった。

今回のコンサートでJYJは14曲のソロステージと12曲のJYJのステージを披露し、メンバー個々の魅力とJYJの魅力を同時に披露した。また、長い空白期間の終わりが丸3年ぶりに持つ東京ドーム3回の公演で、毎回5万人の観客動員、計15万人の観客を記録してアーティストとファンの厚い信頼関係を端的に証明した。

2011年に発売した 'In Heaven' の収録曲 'Mission' で初ステージからメインダンサー16人と追加のダンサー40人が登場する巨大なスケールのステージを披露したJYJは、ワールドワイドアルバム 'TheBeginning' の収録曲 'Ayyy girl' と 'Be the One' まで3曲連続で歌い、会場を熱く盛り上げた。

続くメンバーの挨拶に観客たちの熱い歓声と赤い波は壮観をなした。始まりから立ち上った観客らは絶えずJYJを連呼し、これにメンバーも歓声に応えてファンとアーティストの心温まる光景を演出した。

さらに、キム・ジュンスは自身初のソロアルバム 'Tarantallegra' の収録曲 'Breath' と 'Lullaby' を通し、ステッキを使った群舞とセクシーなウエーブを披露し、会場の熱気を引き上げた。

また、キム・ジェジュンは最近発売した自身初のソロアルバム 'Y' の収録曲 'Only love' をステージがいっぱいになる程のダンサーと披露し、'I' の収録曲 'ワンキス(One)' と 'All alone' を披露し、ファンを興奮させた。

とともに、パク・ユチョン自身が尊敬するアーティストとして日本のファンにキム・ドンリュルの '古い歌' を披露し、直接作詞・作曲した新曲 '彼女と春を歩く' をコンサートで初公開した。

'彼女と春を歩く' はブリットポップジャンルの曲で、ファンの有難い待つ事へ対するプレゼントの意味を含んでいる歌詞とメロディは、すべてが新しく生き生きとした春を迎えるわくわくする感じをそのまま入れ、パク・ユチョン特有の優しさを感じるのに十分だった。

この日、ステージはジェジュンの 'I' 収録曲の 'Mine' と、ジュンスの 'Tarantallegra' で最高潮となり、続くステージでJYJは 'IN HEAVEN'、'少年の手紙'、'Get out' を次々と披露し、彼らの完璧なハーモニーとファンに向けた心、華麗なパフォーマンスを感じさせた。

また、'You're' と 'チャジャッタ' を通し、長い間待ってくれたファンのためのサインボールをプレゼントしたり、カーパレードを通してファンの傍へ一歩近づいたJYJを見ることができた。

jyj-20130406-2.jpg
JYJ (写真=シージェスエンターテイメント)

このほかにも、ステージは(足かけ)4年ぶりに日本ファンの前に立つだけに、日本語曲を披露するためのJYJの選曲が注目を集めた。パク・ユチョンは舞台の真ん中にグランドピアノを登場させ、安全地帯の 'Friend' をその特有の哀切な感性で熱唱してファンを静まらせた。また、彼は福山雅治の '最愛' をピアノ伴奏に合わせて歌いながら静かな感動をプレゼントした。

キム・ジェジュンは人気アニメのOSTの中島美嘉の 'Glamorous sky' をライブバンドの楽しい伴奏に合わせて爽やかに歌ってファンの歓声を引き出した。

特にこの歌の作曲家であり日本のロックの生きる歴史と呼ばれる 'ハイド' がこの日会場を訪れて注目を集めた。

また、キム・ジュンスは大変だった時代に自分を慰めた絢香の 'みんな空の下' をギター伴奏一つに合わせて歌い、熱い拍手喝采と歓声を浴びた。この歌の切ない歌詞の中にはジュンスが(足かけ)4年間会えなかったファンに伝えておきたい思いが込められていると伝えたからだ。

しかし、何よりも注目を集めたステージは最後の2つのステージだった。JYJには特別な意味がある徳永英明の 'Rainy blue' と '落葉' を選曲したから。

'Rainy blue' はJYJが東方神起として活動していた時代と、JYJに東京ドームに立った当時に歌った曲として意味がある。前に記者会見でもJYJは " 'Rainy blue' を東京ドームで歌うようになった理由は3人で立つ(足かけ)4年ぶりの東京ドームのステージとで 'その当時の思いを戻してみよう' という考えからだ。過去の回想というテーマでもあり、大切な記憶が盛り込まれた曲なので選曲した" と説明している。

jyj-20130406-3.jpg
JYJ (写真=シージェスエンターテイメント)

また、この日の公演の最後のステージ '落葉' は '花が終わった後、僕たちは再び始まる' という歌詞のように、JYJの再起動を知らせる曲だからこそ意味がある選曲だった。

この日の公演はJYJのメンバーが大変な時間を耐え、強化されたスキルを思いっきり繰り広げることに不足ないステージだった。最高のアーティストグループJYJの情熱的なステージやパフォーマンス、完璧な歌唱力に洗練されたステージマナーまですべてが集約された、2013 JYJ東京ドームコンサート 'The return of the JYJ' は、彼らが持ったアーティストとしての競争力と日本列島内の反韓流ブームにも関わらず韓流の健在さなどを見ることができた。

約3時間26曲を披露した 'The return of the JYJ' は一瞬たりとも目が離せないステージと、歌手とファンが一つになって楽しむステージとは何なのか確実に見せてくれた名不虚傅(名声や名誉は理由も無く伝わるものではない)のステージだった。

また、この日の公演にはユニークにも四季の魅力が込められていた。特有の洗練されたステージマナーと暖かい感じをそのまま表現したパク・ユチョン、ステージ上の熱い情熱を全身で噴き出したキム・ジュンス、'落葉' が落ちる季節を経てまた始まるJYJ、そして冷たいカリスマ性を見せてくれたキム・ジェジュンまで。この日の公演は春から冬までJYJだけができる差別化されたステージだったことに異論ない。

この日のオープニングとエンディング映像は時計のぜんまいと時計の針だった。(足かけ)4年という時間が流れており、今後も時間は流れるだろう。彼らが今日見せてくれたステージと、これから彼らが見せてくれるステージ。今は現実の壁にぶつかって大変でも、彼らのエンディング曲のように '花が終わった後に僕たちは再び始まる' 試練を経て春に向かう彼らの動きに注目してみる。

一方、今月2日から4日まで3日間開かれたJYJの公演には、東京ドームの一日収容人員の5万人を超えた観客数で早くも売り切れ行列を遂げ、3日間行われた公演で15万観客を動員した。

また、インターネット申請者だけが30万人集まって公演チケットを確保できなかったファンの要求が殺到し、最後の公演は日本国内の100あまりの映画館で生中継ささる盛観を成し遂げた。


jyj-20130406-4.jpg
JYJ (写真=シージェスエンターテイメント)


http://news.nate.com/view/20130405n12484

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff sora



文中に試練を経て春に向かう彼らの動きに注目とあります。

『寒い冬を耐え抜いた桜の樹自体の強さがあってこそ桜は咲く』
私たちの桜企画はこのコメントから始まりました。

寒い冬の時代にJYJのそばでいたファンだからこそのコメントに多くのJYJファンが共感できるのではないでしょうか。
JYJの暖かな春が永遠に続きますように…

《JYJ,日本の東京ドーム公演で意味深長コメント"私たち3人だけは必ず…"》

enews24原文記事転送2013-04-05 07:05最終修正2013-04-05 13:45

[enews24東京(日本)=パク・ヒョンミン記者]グループJYJが丸3年ぶりに東京ドーム単独コンサートを成功裏に開催して日本での本格的な活動再開を告げる信号弾を放った。 メンバーは公演中に意味深長なコメントで自分たちの心境を用心深く表わして人目をを引いた。

総15万人の観客が動員された去る4月2日~4日三日間、日本の東京ドームで開かれたJYJ単独コンサート'2013 JYJ Concert in Tokyo dome-The return of the JYJ'でメンバーキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスが残した意味深長なコメントを取り上げた。

jyj-20130405-2.jpg


◇"私がお伝えしたい内容が含まれている歌."(ジュンス)

ジュンスは自身のソロ舞台でJ-POP曲'みんな空の下’を歌うことに先立って"以前日本で活動した時からこの歌がずっと好きだった。 歌詞の内容が良い。 私が伝えたい話が歌詞に含まれているようで必ずこの舞台で歌いたかった"と自身の内心を打ち明けた。

日本の歌手綾香の曲である'みんな空の下'には'涙を流さない。 いくら大変でも','負けないことだ、頑張ることだと何度も優しく笑うよ','何度も大きな壁を飛び越えてきたから何も恐ろしくない。 孤独ではない'等の歌詞を含んでいる。 これはSMエンターテインメント、エイベックスなどと専属契約紛争により法廷訴訟が進行され、終了する過程でJYJが韓日活動で体験する一連の姿と似ている。
(歌詞については、著作権の問題がありますので、韓国語直訳を載せています。正しい歌詞はこちらをご覧ください。)


jyj-20130405-3.jpg


"私たち3人だけはこれからずっと共に行くから信じてほしい。"(ユチョン)
丸3年ぶりに帰ってきた東京ドーム単独公演でJYJメンバーは始終一貫"試練を体験しながら、ささいなことにも感謝することができることになった","今この瞬間がとても幸せだ"等の言葉で現在の心境を伝えた。

特にユチョンは公演の終わりに"幸せだ"と繰り返し強調して"必ずまた来る。 本当に僕たちはこのようにまた会えた。 僕たちの三人だけは必ず今後もずっと一緒にいる。 僕たちのその心を信じてほしい"と客席のファンたちに感謝の気持ちを表わした。 これは以前5人の東方神起が、2人の東方神起と3人のJYJで個別活動をすることになった心境と、今後自分たちJYJは決して離れる事なく一緒にやるのだと念を押した。



jyj-20130405-4.jpg


◇"今後どうなるか分からない3人、不透明な未来."(ジェジュン)

東京ドームの地にはどうにか丸3年ぶりに再び踏んだ。 だがJYJの今後日本活動はもちろん国内活動はやはり依然として確実なことは何もない。 韓国と日本でSMエンターテインメントとエイベックスとの契約関連訴訟で全部勝訴したが、大きい変化がないのが今のJYJが向き合った現実だ。

このような状況に対して公演最後にジェジュンは"大変なことが多かった。 それでも今は幸せな旅行をする気持ち"としながら"今舞台に立っている3人のメンバー. 若いし今後どうなるかも分からない3人だ. そのような不透明な未来を信じる皆さんがいる限り、皆さんを信じて一生懸命やっていく。 今後も応援してほしい"と心境を告白した。

写真提供=シジェスエンターテイメント
東京(日本)=パク・ヒョンミン記者

http://news.nate.com/view/20130405n03106

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri

JYJファン、公演3日間、プラカードに..."おかえり→あいたかったよ→ずっといっしょに"

enews24原文 記事送信2013-04-0507:05 最終修正2013-04-0514:00


[enews24東京(日本)=パク・ヒョンミン記者]
波風を乗りきって丸3年ぶりに東京ドームのコンサートで日本活動を再開したグループJYJのために、ファンが3日にかけてプラカードを通したメッセージイベントを展開した。

JYJは4月2日〜4日の3日間、日本の東京ドーム単独コンサート '2013 JYJ Concert in Tokyo dome - The return of the JYJ' を開催し、総15万人の観客を動員、成功裏に終えた。現地ファンは3種類のプラカードで3日間、自分たちの心をJYJに伝えた。

jyj-20130405-1.jpg


最初の公演が開かれた2日には "おかえり"、3日の2回目の公演では 'あいたかったよ'、4日の3回目の公演では 'ずっといっしょに' という文字でJYJを感動させた。

特にジェジュンは4日の最後の公演で、ファンが持っているプラカードを指して "なんて書いてあるのですか?'ずっと一緒に'? 初日は 'おかえり'、その次の日は 'あいたかった' だったでしょ" と言いながら、ファンがサプライズで準備したプラカードイベントに感謝の気持ちを表わした。

この日JYJのメンバーたちは、ソロとグループのステージを適切に配分し、アンコールステージを含めて合計180分の間、真価を遺憾なく発揮して赤いペンライトを振る客席の観客を熱狂させた。

特にJYJの始まりについての歌である '落葉'、歌詞で自分の心境を代弁した絢香の曲 'みんな空の下' でジュンスのソロステージ、ユチョンの新曲 '彼女と春を歩く' 初舞台、そして5人の東方神起で歌った レイニーブルー' を3人で歌いあげる姿などのステージが続き、注目を集めた。(レイニーブルーについて、公演内では3人のドームで歌った歌と言っていましたが、記者会見では5人で歌ったことに触れています)

写真提供=シージェスエンターテイメント
東京(日本)=パク・ヒョンミン記者

http://news.nate.com/view/20130405n03095

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff sora


ファン企画について→http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-411.html

「記念にきれいな形で保存したい」とおっしゃってくれる方がいらしたのでネットプリントを再登録しました。12日までセブンイレブンでプリントできます。
2013年4月2日 『おかえりJYJ』   セブンイレブンネットプリント番号 58404123 (有効期限~2013.04.12)
2013年4月3日 『あいたかったよ』 セブンイレブンネットプリント番号 80166210 (有効期限~2013.04.12)
2013年4月4日 『ずっといっしょに』セブンイレブンネットプリント番号 65674121 (有効期限~2013.04.12)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。