HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  BBCの"K - POP奴隷契約"と指摘...現実は?(和訳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BBCの"K - POP奴隷契約"と指摘...現実は?(和訳)

20110616 15:34

数十億投資して韓流をサポート...芸能人の人権問題は、いいかげん
不公正な契約の改善のための標準専属契約書も有名無実



去る13日、公正取引委員会の国会業務報告。韓国の代表的な大型芸能企画社であるSMエンターテイメント所属歌手たちで構成された"SMタウン"のパリ公演の放送3社などの各メディアが先を争って報道していた時点で、民主党バク・ソンスク議員は騒々しい報道の裏に隠された韓国芸能産業の暗黒面を暴いて出して、政府の対応を叱責した。
彼は、「昨年10月11日8つの大衆文化関連団体で構成された韓国大衆文化芸術産業総連合会(ムンサンヨン)は、東方神起出身のJYJに対して、放送出演および交渉などの一切の行動を自制させてくれることを明記する公文書を各放送局や芸能関連の事業者に送付した」とし、公正取引法違反かどうかの有無を確認してくれと質問した。


『豪華なK-POPのヨーロッパ進出の裏にJYJ放送出演禁止』


東方神起出身の3人が13年間の長期専属契約と過酷な契約解除条件の不当性を理由に2009年にSMを相手に訴訟を提起するとすぐに文産連は、「文化産業の秩序の根幹を揺さぶった」とし、事実上の3人の活動源封鎖を要求して、SMの支援に乗り出したのだ。裁判所は、当時の仮処分決定では、「JYJの独自の芸能活動は妨害してはならない」と明らかにしたのに続き、今年初めに干渉する場合は、件当たりの制裁金を賦課すると判示している。


パク議員は、地上波放送3社など各放送局が文産連の文書と訴訟中という理由で、高い人気を呼んでいるJYJの音楽番組出演を事実上禁止している不公正な行為を叱責したのだ。特に、韓国放送は芸能局の名前で、先月、自社のホームページで、JYJがブラックリストに載っていることを公開的に明示して物議をかもすと、すぐにあたふたとして公式立場ではないとし、取り消しする騒動をおこしたりした。


パク議員は、「JYJの事例だけでなく、今年の初めにグループKARAの解体の危機など、芸能業界では本質的に提起されている問題は、芸能企画社と芸能人との間の対等ではない関係で発生した不公正な契約慣行」とし「しかし、公正取引委員会の対処方法は、毎年、中小芸能企画社を対象に進行している書面の実態調査以外にはない」と指摘した。特に、最近5年間の書面による実態調査を除いては、公正取引委員会の職権調査は、一度もなく、芸能産業の市場構造の調査や、芸能産業公正化のための独自の調査・研究サービス依頼も一度もないなど、政府の是正努力が不十分だと朴議員は声を高めた。実際に公正取引委員会の資料を見れば、この5年間、公取委が芸能業界に関連する事件に対して是正措置を下したのは、SMに関連するただ二件に過ぎないことが明らかになった。

『公正取引委員会は何をしているか』


公正取引委員会も韓国芸能産業の問題点を認めている。公取委は昨年6月24日第三書面調査の後、報道資料を通じて"中小芸能企画社が使用している芸能人専属契約書上にも、以前二度の大型企画会社などの調査で示された、過剰なプライバシーの侵害など、多数の不公正な内容が類似して使用しているのは分かった"と指摘した。

代表的な不公正な事例では、芸能人素材常時通知など、過度なプライバシーの侵害、所属事務所の許諾のない活動の停止·引退の禁止事項、所属事務所の広報活動時強制的に無償出演条項などと明かしている。

公正取引委員会は、2008年7〜8月の10個の大型芸能企画社を対象にした1次書面調査でも、46の条項で、不当な契約事項を見つけても204人の専属契約書を修正するように措置するなど、3度の調査で、700名以上の芸能人契約書を是正するよう要求した。


公取委はこれと関連して2009年7月6日、不公正な契約の祖先に対して自主的に是正を誘導する標準契約書を導入すると発表した。しかし、 強制規定 ではないため、事実上有名無実化するという批判を生んでいる。

パク議員は、「標準契約書を(拘束力 を強化するため に)法令の告知レベルに切り替えることを検討してほしい」と公正取引委員会に要求した。絶えず現れる芸能企画社の不公正な 契約慣行 を根絶し、芸能産業の部分でのプロセスの秩序確立のためには、法的拘束力のない標準的な専属契約書の内容のうち、契約期間、収益配分、芸能人の権限を、契約の解除条項などの主な内容を告示·ガイドラインなどを規定して強制性を付与しなければならないということだ。

これに対し、キム・ドンス公正取引委員会委員長は"分かった"と答えたが、実際に導入するかどうかは不透明だ。公取委はまた、文産連の 公文書発送 の行為について、「所属会員会社の事業内容や事業活動を不当に制限する場合、これは公正取引法上事業者団体の禁止行為に当たる」としなが「現在の被サインや関連事業者に対する現場調査を終えて書面調査を進行中」と明らかにした。


文化部、数千億ウォンの韓流投資に勲章まで  


文化産業の主務部署の文化体育観光部(長官チョン・ビョングク)も韓流のサポートには莫大な資金を投入するなど、腕をまくり上げて乗り出しているが、芸能人の人権や不公正な契約慣行是正の問題には、相対的に粗雑にするという指摘を受けている。

文化部は、昨年2月、世界5大コンテンツ強国に背伸びするために、2013年の輸出78億ドルの"コンテンツの韓流"を起こすという目標に、毎年3100億ウォンの予算を投入するという野心的な計画を発表した。文化部は特に、韓流輸出のための大型企画会社を直接または間接的に後援している。昨年に大型企画社所属のビッグバンとスーパージュニアに勲章を授与した。

KARA事件とシナリオ作家チェ・ゴウンシの死などで芸能人の人権や生活問題が深刻に提起された状況下で開催された文化省主催の大衆文化の発展方案討論会(3月25日)は、大型企画社であるSMエンターテイメント社屋で開かした。

この席でキム・ヨンミンSMエンターテイメント代表は「演芸マネージメント分野の紛争は、専属契約、人権、公正取引など、複合的な要因から生じて、それを扱う機関も、裁判所、国家人権委員会、公正取引委など多様だ"と指摘し、"紛争を解消するには、業界自ら倫理委などの調整機構を稼動する必要がある」との政府の介入ではなく、自主規制を強調した



もう一つの大型企画会社のYGエンターテイメントのヤン・ミンソク代表も、「青少年芸能人の人権、学習権は、基本法で、すでに保護されており、これを保護するのはあまりにも当然のこと」とし「これを別の法令で規制すれば問題を引き起こすことがあるので実態調査などを通じて、国民の認識を変えることが必要だ」と規制強化に反対する立場を明らかにした


BBCなどは、K - POPの競争力に驚きを表示しながらも、"奴隷契約"と呼ばれる長期専属契約など、韓国のスター育成システムの問題点を指摘することを忘れなかった。

特にフランス<ルモンド>はSMタウンのパリ公演成功以後、11分で「音楽を輸出品で万増えた製作会社の企画で育まれた少年と少女が究極的であり躍ダイナミックな国家イメージを売りたい韓国政府の大々的な支援を受けて進出したようだ」と皮肉った。 長期間合宿をして、ダンス実力を習って整形手術という極端手段を動員してアイドルを作り出す韓国芸能産業とこれを後押しする韓国政府の形態をそれとなく皮肉ったのだ。

パク・ソンスク議員は“アジアを越えてヨーロッパにまで進出した韓流の競争力を疑うのではないがその市場が特定企画会社の支配的地位を利用してなされることならば競争力は長続きできないと思う”と皮肉った。

キム・ドヒョン/ツイッター @aip209

(ハンギョレ新聞)


記事転載 自動翻訳

http://www.hani.co.kr/arti/culture/entertainment/483078.html

スポンサーサイト
Comment
はじめまして。いつも興味深い記事をありがとうございます。


今回のハンギョレ、踏み込んだ記事ですね。カラーで強調されていた点の数々、どれも問題となる箇所だと思います。
ウォルト・ディズニーを夢想し野望を抱く人物に率いられた民間企業と、法院でも判断が下された反社会的行為を、輸出振興策の一環と、是認し保護する政府(文化観光体育部の一部)の合作の犯罪行為ですね。
彼らの利害が一致し描いた図の順調かのように見える行程で、唯一の反乱分子がJYJの事態でしょう。
誰にでも等しく保証されている正当な権利を、勇気をもってしかも穏健に辛抱強く申立てているだけなのに、日本であまりにも誤解され気の毒でなりません。
今誤解されている方も何年後かには理解され、彼らの名誉は回復されると確信しています。 ケースは違っても韓国の過去の様々な例を見れば感じます。


ブログ運営の皆様の、数々のご努力本当に頭が下がります。これからもどうぞいろいろ教えて下さい。

Re: タイトルなし
マッコ さん、コメントありがとうございます。

韓国では、妨害行為は受けているものの、3人の名誉は回復されJYJをよく知らない人も彼らに悪いイメージを持っている方はもう少ないのではないか、と捉えています。
これは韓国ファンの力も大きいですが、公平なマスメディア、法曹関係者、ジャーナリストが、JYJの一件を含め、韓国芸能界の改善に声を上げ支持してくれている点も大きいと思います。
日本はどうかと言うと、3人が韓国人アーティストだから無関心なのか、これだけ矛盾だらけの妨害を受け報道されても、それに異を唱えるメディアもジャーナリストもいないどころか、どこかに飼いならされているのが透けて見えます。
ですが、よくよく考えると、これが日本の人気芸能人の事だとしても、今の日本では、面白おかしく取り上げるだけで社会問題として取り上げるメディアがあるのだろうかと思います。
私どもは、今後も日本のマスメディアに、JYJに対する正しく公平な報道を望むことを働きかけていく一方で、この場所からJYJファンだけではなく、幅広い層のまだJYJを誤解している人達に3人の正当性を理解してもらうため呼びかけていきたいと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
鍵コメMさん。
お返事大変お待たせして申し訳ありません。

>韓国エンタメ界の人権侵害や国家戦略の是非を理解できる優秀な方々は、この国難の時、原発や復興の問題以上にこの問題を取り上げる価値を認めるか、という疑問です。

私もそう考える事もあります。
国を挙げてまず真摯に取り組まなくてはならないのは日本の復興ですね。
うやむやな原発問題にも優秀で気骨あるジャーナリストさんはぜひ深く切り込んで追求していただきたいです。

でも、この新聞社系週刊誌に関しては、今は記事一つ作るのにも足や耳で情報を集めなくても、ネットで検索したら果たしてそれが事実かどうか、何が公平であるか、素人でもすぐに判断がつくと思うのです。
あの新聞社系週刊誌はそれを怠ったのではなく、意図するものがあり、あの記事を挙げたのだと思っています。

キム・ドヒョン氏に一昨年前にメールをされていたとは!
キム・ドヒョン氏は、こちらのカフェも日本ファンの頑張りも見守ってくださっているようで、先日もエイベックスへの要望書について「感謝!」とツイッターでコメントをくださいました。
韓国には、ファン以外にも頼もしいJYJの支援軍がいるのは羨ましい限りですが、私たちもそのような方の出現を待つだけではなく、みなさんと力を合わせてJYJを日本へ迎えたいですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。