HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「JYJ所属会社 組織暴力関与説、事実無根」不快立場表明

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「JYJ所属会社 組織暴力関与説、事実無根」不快立場表明

「JYJ所属会社 組織暴力関与説、事実無根」不快立場表明
2011/6/22 16:09

[ソウル新聞NTN イム・ヨンジン記者]グループJYJの所属会社C-JeSエンターテインメントが組織暴力団関与説に対して正面反論した。C-JeSエンターテインメント関係者は、22日ソウル新聞NTNとの通話で「JYJの所属会社が暴力組織と関連があるという噂は事実でない」「日本のマネージメント社avexとJYJ間のマネジメント契約が休止された背景にも暴力組織が介入していない」と明らかにした。また「これは法的に結論が出た事案」と強調して「私たちC-JeSエンターテインメントは、いかなる組織とも関係がない」と解明した。 先立って日本の日刊サイゾーは20日「avexはJYJ所属会社代表が韓国の暴力組織と交際していて、前科もあるという事実を確認した後、契約を休止した」と報道した。合わせて「日本で進行中のJYJとavex間の法廷争いに、現地右翼団体まで登場するなど泥沼戦に広まる様相を見せている」と前年論議を起こした。

http://ntn.seoul.co.kr/cindex.php?c=news&m=view&idx=102233
翻訳機使用




「これは法的に結論が出た事案」と強調して「私たちC-JeSエンターテインメントは、いかなる組織とも関係がない」と解明した。
Cjesぺクさんが暴力団と関係がないと法的に結論が出たというのは、昨年9月avexから活動休止とされた時にも、JYJが言っています



2010-09-17

【東方神起3人ミッキー・ユチョン、シア・ジュンス、ヨンウン・ジェジュンは日本国内マネジメント業務を担当しているエイベックスの日本活動中止報道文に対して次のような立場を公式発表した。】

<公式立場>

C-JeS代表は暴力団と関連がありません。
1)過去の前科は事実でも、暴力団との関係で判決を受けたことではないです。 エイベックスは東方神起3人との契約に先立ちこれに対する事実を認知していたし、この内容は専属契約の不履行ではないから契約の解約や活動中止理由になれないです。




当時の記事を↓


2007.02.07 10:52

クォンサンウマネージャー白氏“破廉恥犯に追い込まれ悔しい”(一問一答)

俳優クォンサンウに対して強要嫌疑に起訴されたマネージャー白某氏が宣告公判を控えて無罪を主張し事実を突き止めるため努力すると立場を表明した。

白氏は7日ソウル地裁で行った宣告公判を控え、スターニュースとのインタビューに応じ“マスコミに報道されたことは事実と異なる部分が多すぎる”といい“無罪を証明するまで努力を続ける”と述べた。

この日の宣告公判は裁判部が公訴事実をより綿密に検討するという意を明らかにし、1週間延期された。次は白氏との(一問一答)

-現在の心境は?
▶絶望的だ(惨憺だ)事実と異なる部分が多すぎる。無罪を証明(立証)するため続けて努力していく。

-クォンサンウに専属契約を強要した嫌疑で起訴されたが?
▶裁判中にもクォンサンウが自らその話をした。10億ウォンに対する部分は本人が直接書いた部分だ。クォンサンウからも覚書を求められ私自身も覚書を書いてあげた。片方の一方的な主張だけで破廉恥犯に追い込まれて大変くやしい。


-クォンサンウに対する心境は?
▶残念だ。事実と異なる部分をこのように話すことによって益々嘘が膨らんでしまったようだ。クォンサンウに対しては個人的な憎しみより、このように事が進んでいたことに対する残念さが大きい。


-マスコミの報道が事実と異なる点は?
組織暴力輩部分と関しては無理に作り上げたような部分が多い。これに対しては後ほど公式立場を明らかにする。

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2007020710491917960&type=1&outlink=1

翻訳:Japan FanCafe JYJ Their Rooms Staff mai




クォン・サンウ'強要脅迫'ペク某氏、"私は組織暴力勢力ではない"
ノーカットニュース記事転送2007-02-06 15:39

2月7日宣告公判予定…'まだくやしい"


検察が暴力組織ポムソバン親分出身キム・テチョン(58)氏などを強要未遂罪を適用して起訴した中で、被疑者中1人のベク某(29)氏が"私はくやしい'という立場を現わした。
ペク某氏の弁護人側で送った'組織暴力団関連クォン・サンウ脅迫'事件報道に関する解明書を通じてペク某氏は"クォン・サンウのマネジャーであり、スキャンダルを報道機関と検察に情報提供するとしてクォン・サンウに覚書を書くようにした疑惑で拘束起訴されたことは事実"でも"現在の検察の控訴事実が全部虚偽だとして無罪を争っている"と明らかにした。


特にペク某氏は"'マネジャーペク某氏神学同派出身'という報道をしているがこれは全く事実と違う"としながら"私は正常な学業過程を終えて演芸エンターテイメント会社に入社してマネジャーで平凡化な会社生活をした人で、神学同派とそのいかなる関連もない"と主張した。

これと共に彼は"検察の控訴事実にも本人が神学同派出身という内容が全くないが、突然'神学同派出身'というマスコミの報道に接した後驚きと当惑感に陥っている"と話した。

これと共にペク某氏は"疑惑事実の有、無罪可否に関する司法府の判断を一日前にした時点で、疑惑事実が誇張されて報道されているのにこれはひょっとして司法府の有、無罪判断に影響を及ぼそうと思う不純な意図があるしないかという疑いもある"と付け加えた。



この事件には、記事を見てもわかるように本物の暴力団員がもう一人出てきます。
この暴力団員は無罪になって、ぺクさんが有罪になりました。

ペクさんは、スキャンダルを報道機関と検察に情報提供するとしてクォン・サンウに覚書を書くようにした疑惑で拘束起訴されましたが、暴力団関係者だと言ってサンウに覚書を書くように脅したと言っているのはマスコミだけです。
暴力団員として訴訟を起こされたことではないので、暴力団員かどうかで争う必要もなかったということです。
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。