HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  ミュージカル"モーツァルト!" キム・ジュンスのインタビュー(和訳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカル"モーツァルト!" キム・ジュンスのインタビュー(和訳)


2011-07-01 07:57

[アジア経済 テ・サンジュン記者]

ae_1309474623_-775565760_3.jpg


ヴォルフガング アマデウス モーツァルト. クラシック音楽に全く門外漢の人も聞いてみたことが明らかな‘偉人’だ。 モーツァルトの天才的才能を嫉妬して彼を破滅に導くイタリア作曲家サリエリを主人公で登場させたミルロシュィフォーマン監督の1984年作映画‘アマデウスAmadeus’がそれに関連した最も有名なテキストだ。 オペラ、交響曲、コンチェルト、ソナタなど想像できる古典音楽の全領域で今でも最も大きい愛を受ける名曲らを残したモーツァルトは‘レクイエム’を未完の状態で残しておいて1791年12月5日わずか三十五の年齢で亡くなった。 来る7月3日(日)まで城南(ソンナム)アートセンターで公演されるミュージカル‘モーツァルト!’(製作_(株)EMKミュージカルカンパニー)は人生自体が音楽だったモーツァルトの激しい情熱とインスピレーションをロック スタイルの破格的な構成で舞台にあげた作品だ。 米国ブロードウェーや英国ウェストエンドでない、モーツァルトの故郷のオーストリア ライセンス ミュージカルで、すでに去る2010年国内で初演されて途方もない興行を記録した。

モーツァルトの色々な古典音楽らを基礎で‘モーツァルト!’というロック、バラードなど多様な現代トレンドの音楽を接続させて‘苦戦の忠実で完ぺきな現代化’という点で大きい成果を成し遂げた。 500点余りを越える派手な衣装とトレンディーなかつら(wig),雄壮で躍動的な舞台など全般的な外敵完成度も合格点を受けた。 タイトルロールのモーツァルトを現代ロックスターのスタイルでキャラクター化したのが最も目につく。 18世紀オーストリア チャルツブルグとウィーンを舞台で、他のすべての登場人物は足手まといな白いかつらと厚い化粧姿の典型的な18世紀の人々だが、唯一モーツァルトだけが周辺でよく見ることができる現代的な服装と容貌で登場する。 モーツァルトの裂けたジーンズとゆらゆらとするように下へ差し上げたレゲエ ファーム頭は犯人らとははっきりと差別される彼の天才的才能を浮上させる装置だ。

‘モーツァルト!’ではパク・ウンテ、イム・テギョン、ジョン・ドンソクなど有名なミュージカル俳優がタイトルロールで登場して歌唱力を誇った。 しかし‘モーツァルト!’が国内で興行に成功した理由は別々にある。 シア・ジュンスだ。 ‘モーツァルト!’というアイドルグループ‘東方神起’の出身で現在は‘JYJ’という名前で活動中であるキム・ジュンスがミュージカル デビュー作だ。 2010年1月初演の時キム・ジュンスのすべてのモーツァルト出演チケットは前売りオープン3分で完全売り切れた。 当時公演会場だった世宗(セジョン)文化会館大劇場の座席数が3022席とか実に途方もない記録で、ミュージカル系の絶対強者のチョ・スンウ(‘ジキルアンドハイド’ ‘一番オブ ラ マンチャ’)を威嚇する水準だ。 今年の状況も昨年と別段違わない。 彼が出演するすべての公演は早目にみな品切れになった状態で、正常の何倍払っても手に入らない‘超’プレミアム品目になった。 7月3日ただ二回の公演を控えている‘モーツァルト’キム・ジュンスと7月1日城南(ソンナム)アートセンターで直接会った。

ミュージカル‘モーツァルト!’というキム・ジュンスに死んでも忘れることはできない作品になった。 ‘東方神起’から出た以後いかなる活動もしなかった2010年初め、キム・ジュンスはただ一度もしてみたことないミュージカル出演オファーを受けて断る心づもりだった。 自信も底であったし、慣れないことに対する恐れも大きかった。 彼の心を変えていったのはモーツァルトという人物それ自体であった。 チャルツブルグ田舎でただ永住のために作曲したモーツァルトは初めてお父さんの意を逆らってウィーン メインストリームに進出する。 派手な生活を送った天才でだけ知られているが、本来自然人モーツァルトの人生は天才だったために不幸でみじめだった。 当時四方が詰まっていたキム・ジュンスはモーツァルトから自身を見た。 モーツァルトが高い城壁を越えて北斗七星‘黄金別’を見るためにウィーンに発つ場面やお父さんが願う人生でない自身の生活を送ろうと念を押してモーツァルトが歌う歌‘なぜ私を愛していないんですか’というキム・ジュンスの心を打った。

ひとまず心が動いたのでからだが動いた。 唱法も演技も動線もすべてみな見慣れないことだけだったが、完ぺきに自身とモーツァルト キャラクターを同一視したためにからだは大変でも心だけは幸せだった。 今度は観客らの心が動く回順であった。 さまよって葛藤する天才音楽家モーツァルトの姿で観客は自然にさまよって葛藤するキム・ジュンスを見た。 彼が喜べば観客は笑って、彼が泣けば観客らの目がしらが赤かった。 毎公演カーテンコールごとに観客らの起立拍手が続いた。 今年‘モーツァルト!’のアンコール公演に彼が帰ってきたのも昨年のこの驚くべきだった瞬間を忘れることができなかったためだ。 当代最高のアイドル スター、シア・ジュンスはこのように成功的なミュージカル スター、キム・ジュンスで新たに出た。

もうただ二回の‘モーツァルト!’公演だけを残したキム・ジュンスは欲が多い。 自身が身を置いている‘JYJ’活動も彼を待っていて、ドラマ、映画などまだしてみなかった他の領域も一度経験してみたい。 来年には‘モーツァルト!’や‘天国の涙’とは差別される躍動的なミュージカルにも参加して、自身の色あせていない踊りの実力も精一杯誇ることを希望する。 だが、キム・ジュンスは絶対急がない。 順にゆっくり目標を成し遂げる味と余裕を彼ははじめて楽しむことができるようになったためだ。

(写真提供_C-JeSエンターテインメント)

記事転載 自動翻訳機使用

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2011070107481778930
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。