HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  キムジェジュン"私は"アイドル"を拒否しない"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムジェジュン"私は"アイドル"を拒否しない"

スポーツ韓国 原文 記事送信2011-07-13 08:05 最終修正2011-07-13 08:25

coming201107122107200.jpg
■ドラマ"ボスを守れ"キムジェジュン
"財閥男'で国内テレビ最初の挨拶..."踊り歌を超えて演技で愛されること"


イメージ変身を試みる多くのアイドル(Idol)グループのメンバーたちが"アイドルを脱ぎたい"と話したりする。アイドルの持つ限定的なイメージから脱皮したいという意味だ。しかし、時には自分の出身を否定するという意味に解釈されたりする。

だから、"ずっとアイドルと呼ばれたい"という、グループJYJのメンバージェジュンの言葉は新鮮に迫ってくる。
キムジェジュンは、"日本のスマップも20年目のアイドルという評価を受けている。ずっとアイドルと呼ばれるのも悪くない。ただどんなアイドルになるのかが重要だ"と述べた。

キムジェジュンは引き続き、"ただ踊って歌って外見的に立派なアイドルにではなく、全ての年齢層が好むことができるアイドルになりたい。だから、直接作詞作曲し、プロデューサーをしてシンガーソングライターのイメージを取り揃えようと努力している"と付け加えた。

キムジェジュンは、SBSの新しい水木ミニシリーズ<ボスを守れ>(脚本グォンギヨウン演出ソンジョンヒョン)にキャスティングされて新しい挑戦を控えている。国内舞台では初めて演技に挑戦する。映画"天国の郵便配達人"と日本ドラマ"素直になれなくて"ですでに演技を経験した。

"ボスを守れ"は、国内の舞台でアイドルグループJYJのメンバーではなく、"俳優キムジェジュン"としての第一歩を離すといえるている。彼は劇中、"財界のプリンス"と呼ばれる財閥の男性チャムウォンを演じる。これまで多くの作品のラブコールを受けてきたキムジェジュンはなぜ<ボスを守れ"を選択したのだろうか。

"個人的に欲が出る作品もあった"と暗示したキムジェジュンは、"しかし、スケジュールが重なって出演できなかった作品もある。"ボスを守れ"は、ワールドツアーが終わる頃に台本を受けたが、本当に面白かった。素敵なメッセージも含んでいる作品だった(笑って)紳士らしくて、ビジネスに精通する姿が私とは少し違うが、とても魅力あるキャラクターだった"と述べた。

キムジェジュンはインタビューの間ずっと、かなり慎重な姿勢を見せた。質問を受けた後、しばらく考えにふけることもしたし、一言一言ギュウギュウ押し入れて率直な話を表わした。彼は"芸能界に入門したかかなりの時間が流れたが、演技の分野では新人と同じだが、まだすべての環境に不慣れのため、過ちをしないようにと注意している。インタビューもたくさん受けたが、"俳優として"のインタビューは初めてですので、緊張になる"と率直に打ち明けた。

キムジェジュンは、長い準備期間を経た。同じグループのメンバーであるキムジュンスがミュージカル俳優に変身してパクユチョンのドラマ<成均館大スキャンダル> <ミスリプリー>などで活躍する姿を見てもキムジェジュンは急がず誠実に次の行動を準備した。キムジェジュンは"パクユチョンを見て刺激受けるのではないか"という質問を受け、"良くできているのを見てとても嬉しかった。そして、私も熱心にするべきだと思った。特にアドバイスはなかったが、"苦労多いだろう"と励ましてくれた"と話した。

"トップ歌手"と"新人俳優"の中間地点に立っているキムジェジュン。10年後頃には、彼はどの時点に立っているだろうか。キムジェジュンは"10年後にも歌手ではないか"とニッコリ笑った。自分の故郷を去りたくはないという意味だ。彼は"まだしたいことが多い。歌、演技の他に舞台演出もしっかりと勉強してみたい。歌手としてできることもキリがない。絶対放したくない紐だ。俳優のことは、今始まったばかりなので、まだ何とも言えないが、10年後も多方面で最善を尽くして働いているジェジュンの姿を見ることができるだろう"と気丈な表情を浮かべた。

http://news.nate.com/view/20110713n03868

翻訳機使用
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。