HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJキムジェジュン、"迷惑をかける俳優にならない"(インタビュー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJキムジェジュン、"迷惑をかける俳優にならない"(インタビュー)

TVレポート 2011-07-13 13:37

20110711_1310374794_76793900_1.jpg


"今(度)は私の番だ。"


JYJキムジェジュン、韓国ドラマに初出演する。キムジェジュンは来月3日放送予定のSBS TV'のボスを守れ"(グォンギヨウン脚本、ソンジョンヒョン演出)でチャムウォン役を引き受けて、チソン、チェガンヒ、ワンジヘの間で葛藤を生じさせる人物を演じ、視聴者と初対面する。


"初めてのドラマだからインタビューするのにも緊張しますね。ユチョンはアドバイスもしなくてハードなスケジュールに合わせて、苦労をちょっとしてみろと言うんですよ。ジュンスは、頑張れと応援してますし(笑)"


彼は他のメンバーよりも遅れて演技に挑戦、正確には、韓国での演技挑戦にドキドキする心を隠さなかった。すでに昨年、日本でドラマ"素直になれなくて"で助演男優賞を手にした彼は"韓国でも一生懸命して視聴者たちに認められるよう努力する"と抱負を明らかにした。


すでに2009年の映画"天国の郵便配達人"(イ・ヒョンミン監督)でハンヒョジュと一緒に主人公を引き受けたことがある彼は、"その時は、場面と場面の接続にもちょっと混乱していたしセリフ回しもあまりだったんです。今思えば、たくさん後悔してハンヒョジュ、監督様にとても申し訳ないです。演技に集中できる時期でもなかったようで。私自身も、演技に対する欲が少なかったようです"と当時を回想した。


引き続き彼は"日本でドラマを撮って、私は次からは変わりましたね。キャラクターに没頭しながら分析し、場合によっては、日常生活のように演技するようで...そのようなものが本当の演技であるそうです"と付け加えた。


知らされたようにキムジェジュンは、実は2004年の"ブラザーフッド"(カン・チェギュ監督)にエキストラとして出演した経験がある。別の見方をすれば演技という領域に少しずつ足を踏み入れていたのだ。


彼は"今回のドラマでチソン兄さんチェガンヒ姉さん、ワンジヘさんとたくさん親しくなりました。良い人々と良いドラマを作って視聴者たちを訪ねる"と話した。


グォンヒョクギ記者khk0204@tvreport.co.kr /写真=イセロム記者saeromli@tvreport.co.kr

記事転載 自動翻訳機

http://news.nate.com/view/20110713n03853
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。