HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  ジェジュン 毎日経済スタートゥデイ のインタビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェジュン 毎日経済スタートゥデイ のインタビュー

2011-07-13

キム・ジェジュン、ファンサービスは確かに…“ユチョン、出演してれ”[インタビュー①]

グループ‘JYJ’のファンたちはとても喜んでいる。 ‘JYJ’のキム・ジェジュン(25)が国内ドラマに初めて出演するためだ。

8月3日放送されるSBS TV水木ドラマ‘ボスを守れ’(脚本クォン・キヨン・演出ソン・ジョンヒョン)で‘財界のプリンス’チャ・ムウォンを引き受けて活動領域を広げる。 劇中チャ・ジホン(チソン)とは従兄弟だが父母の世代で広がったことで経営主導権を置いて対立関係に置かれている人物だ。

“韓国で初めてのドラマ出演だが圧迫感や負担感は全く感じません。 緊張感となるのでしょうか? もちろん今‘シティーハンター’がとてもうまくいっていてその視聴率と比較することに対する負担感はあります。 だが上手にするという欲よりはキャラクターをよく消化したいと思うだけです。”

20110713_1310484846.jpg


数多くの舞台の上でカリスマを吹き出す彼なのでそうなのか演技をする時や、歌を歌う時の差がないようにおおらかな姿だ。 だが、パク・ユチョンとキム・ジュンスが各々ドラマとミュージカルで演技に挑戦して途方もない興行を成し遂げたというとすぐにすぐ心配なような姿に変わる。

彼は“一人だけ考える時は負担感がなかったが弟たちがとても上手にしたというと突然圧迫を感じる”として“比較をすれば当然負担になるほかはない”と笑う。

キム・ジェジュンは2009年映画‘天国の郵便配達人’と昨年放映した日本フジTV‘率直になれなくて’に出演して演技の感じをつかんでいった。 特に‘率直になれなくて’で好評受けて彼の顔をすぐに国内ドラマでも見ることができるといううわさが絶えなかった。

だが、ワールドツアーコンサートなどスケジュールのために10個を越える作品を固辞しなければならなかった。 そうするうちに出演が確定したドラマだからファンたちの関心は熱いというより熱狂的だ。 キム・ジェジュンはこの作品がストーリーと内容、引き受けた役割など全てのものが自身とぴったり合致する作品とのことだ。

“就職難に苦痛受ける求職者らの苦情だけでなく会社員が体験する苦難も含んでいてそのメッセージが多少重いこともあります。 だが、その中で視聴者と共感を形成して笑いと感動を同時に感じることができると思います。”

歌手ではなく同僚俳優として他のメンバーはどんな助言をしたのだろうか。 “率直に私たちが演技者としてどんなアドバイスをするほどの位置ではないようだ”として“互いに習う立場だとそのまま‘一生懸命にしろ’、‘苦労しろ’程度であった”といった。

まだ自信がつかなかったというキム・ジェジュン. 人が多い場所がさらに緊張になりそうでいやだそうだ。 “5~6万人が集まったコンサート場では緊張しないんです。 だが、その単位が千,百単位で落ちるほど緊張感が高まります。 今ドラマ撮影現場に50人程度おられますが、その100個の目がみな私だけ見つめているのが感じられます。 それに勝ち抜かなければならないので大変なことです。”

20110713_1310484868.jpg

グループ‘東方神起’で派生した‘JYJ’メンバーらの人気は国内外で最高水準グループの中の一つである。 ドラマでファンたちのために歌や楽器演奏があるのかと尋ねると分からないです。代わりにチーム メンバーパク・ユチョンに願いがある。

“今ドラマ‘ミス リプリー’でとても苦労していてどうなるかは分からないが私たちのドラマにユチョンがびっくり出演してくれたらいいですね。 劇中本部長とかビジネスレベルで私たちの会社と取り引きすることで出てくればどうでしょうか? ソング本部長様、一度出てきて下さるでしょう?”(笑い)

キム・ジェジュンは2004年から合宿もしながら同居したメンバーが相変らず良いようだ。 この前にはキム・ジュンスが住んでいる町内のアパートに移った。 彼は“率直にジュンスのために不便で入らないとした”と冗談を言って“本来ジュンスの次にユチョンもそこへ引越ししようとしたが事情でしなかった。 私も他の方が抜けて運良く家を手に入れることができて移った”と喜んだ。

ファンのためのサービスもう一つ。 彼は“ドラマが終わる前にレコードを出す計画があると知っている”として歌手としての活動も疎かにしないことを強調した。

それでももちろん演技挑戦が先だ. キム・ジェジュンは“歌手がドラマでデビューすればその中でも歌手のように見える方々がある”として“私もそのように見えないだろうかと心配になるから練習が上手にして他の演技者とよく融和されたい”と望んだ。


http://news.nate.com/view/20110713n03884


キム・ジェジュン、初めてのドラマ出演…申告式はどのように?[インタビュー②]


グループ‘JYJ’のキム・ジェジュン(25)は国内初めての出演ドラマのために登山をしなければならなかった。

SBS TV水木ドラマ‘ボスを守れ’(脚本クォン・キヨン・演出ソン・ジョンヒョン)出演陣と近隣郊外で1泊2日団結大会を行ったこと。

キム・ジェジュンは“現場で初めて会った時とてもぎこちなくて先に近付くことができなかった”として“その時チソン兄さんが雰囲気を明るくさせてくれた。 チソン兄さんがメンバーシップを重要だと考えて兄さん主導で団結大会を行ってきた”と話した。

彼は“5人(チソン、チェ・ガンヒ、ワン・ジヘ、イ・ヒウォン)と共に登山をしながら多くの話をした”として“登山後でお手の物自慢で歌を歌ったがとても恥ずかしかった”と回想した。 引き続き“他の人はおもしろくしたり笑わせるようにしてもかまわなかったが、私はできなくてはいけないと思い本当に熱心に歌を歌った記憶がある”と笑った。

それでも自身はそれなりにより良い方とのことだ。 “ワン・ジヘさんは団結大会でも歌を歌って、演技者先生らの前でも歌を歌わなければならないなど二度も歌の腕前を誇らなければならなかった”と伝えた。

少しずつドラマ撮影に適応しているというキム・ジェジュンは“出演俳優らみんなとも楽な関係になった”として“チェ・ガンヒ姉さんとはもう時々電話やメールする間になった”と喜んだ。

合わせて“チソン兄さんは撮影がない休む日にも一緒に練習をしようという”として“演技的な面で多くの助けをくれた”と感謝していた。

一方、キム・ジェジュンは今回のドラマで‘財界のプリンス’チャ・ムウォンを引き受けた。 劇中チャ・ジホン(チソン)とは従兄弟だが父母の世代で広がったことで経営主導権を置いて対立関係に置かれている人物だ。 8月3日初放送.

チン・ヒョンチョル記者

記事転載  自動翻訳機

http://news.nate.com/view/20110713n03885

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。