HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJ、不公正の象徴になるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ、不公正の象徴になるのか?

ミディアース 原文 記事送信2011-07-17 18:59

18532_35154_5713.gif

18532_35155_5719.gif


[ブログと]パクジジョンの私の気持ちのままに見ること


JYJに対する話をするためには、いくつかの前提をしならなければならないことがある。なぜなら今私がしたい話はJYJのために始めたが本質的にはJYJに対する話ではないためだ。


前提1.JYJはアイドルだ

JYJは東方神起の'シア・ジュンス、ミッキ・ユチョン、ヨンウン・ジェジュン'からなる新しく作ったグループである。東方神起はアイドル界で独歩的な位置にあるチームだ。そのような東方神起のメンバーで構成されたチームだから彼らもまた、アイドルとしての象徴的地位をそのまま続けてきた。

独歩的アイドルという象徴が持つ意味は、これらにあまりにも忠実なファンたちとあまりにも忠実なアンチファンたちが共存しているということを意味する。したがってJYJに対して話す時はその事件に対する見解で判断されるよりはファンでないかで全てが分かれることになる。私はJYJに対する話でなく、その事件に対する話をしたいので、ひとまず'アイドル'という偏見を消す必要がある。


前提2.JYJは金持ちだ

JYJは莫大な富を蓄積した。それは色々な記事らによって公開された彼らの財産だけ見ても知ることが出来る。問題は彼らがSMと不公正契約に対して訴訟を提起したという点だ。多くの人々は莫大な富を蓄積したにもかかわらず訴訟を起こして出てきたことに文句をつけて彼らに'背信者'という烙印を押した。育ててくれた恩を分らないとして、奴隷が真の金持ちだと言って皮肉ったりもする。

これは感情的にはそんなことがあるかもしれないが考えてみれば非常に単純な問題である。彼らの契約が不公正か否かは裁判所が判断すればいいことであり、彼らがこれまでお金をどの位儲けたのかが考慮の対象となることはできない。10万ウォン稼ぐ人から5万ウォンを盗むのと1億を稼ぐ人々から5万ウォンを盗むことと同じ行為だ。

もし、1億も儲ける人がケチに5万ウォンを盗むとすれば、それは罪を問うほど悪いことではないと社会的合意になれば、その時は誰よりも先に立ってイゴンヒ会長のお宅に行くだろう。およそ1億程度は罪を一切問われないかもしれないなら、さらに大胆にビルゲイツに向かって行くこともできる。

また、彼らが直接した契約というが、甲と乙の立場になってみると、乙の立場では甲の意見について行くしかない状況がありえる。これもまた裁判所が判断するだろう。

したがって彼らが金持ちでも、背信者でもこれは考慮対象でない。'法律がどのように判断するのか?'だけがここでは重要だ。これに対する判決が下されてる時まで彼らには何の道徳的、法的制裁をすることはできない。

これらの前提を置いてJYJの事態を見ると、深刻な不公正について話してみることができる。JYJの放送活動で最も変なのは彼らが'報道局、ドラマ局'には出演するのにもかかわらず'芸能局'で製作する番組には出演できないという事実である。

さらには彼らがキャンセルされた放送は一つや二つではない。JYJの24時間を撮影して放送すると言っていたQTVの放送は撮影まで終えた後にもかかわらず結局放送されておらず、KBS常勝疾走にパク・ユチョンが出演予定だったが突然キャンセルされており、今回は済州(チェジュ)の広報公演にキューシートまで受けた状態で出演がキャンセルされた。

これだけではない。通常、新しいドラマが始まると、ドラマの出演者たちは同放送局の芸能番組に出演してドラマを広報するのが一般的なことだったが、MBCミスリプリーの場合、最初にそのドラマの制作発表会を取材しておらず、”遊びにおいで”の同じプログラムでも、出演させることができなかった。

ドラマと報道局では出てくるのに、芸能局では出ていないということは、明らかに釈然としないことだ。もちろん、この点において、ファンたちは特定の企画会社が放送を阻むのだと言うだろうが、それについて明らかになっていないため、特定の企画会社を非難する気もなく疑いも置きたくない。

むしろ私が問題だと考える側は放送局だ。ドラマ局や報道局では彼らをキャスティングして面白味だけを見るという心根が見えるからだ。ドラマの場合、確かに彼らが出演をした時、海外販売がはるかに高い価格で取り引きされる可能性が高い。そのためにドラマには出演させて、残りは可能な限り出演を自制させることであらわれる。良いことだけ抜いて使って、残りは捨ててしまうという心がけがあまり良いことはない。しかしこれらはドラマに出演したのだから、その他放送に出演させるか否かは放送局の固有権限だ。

しかし、済州広報公演の場合は話が違ってくる。済州(チェジュ)の広報大使を任せて、既に数多くの宣伝効果を享受しておいて公演からは外してしまうということ、さらにキューシートまで出た状態で突然キャンセルするのはどんな理由でも納得するのは難しいことだ。この公演を見るために韓国を訪問しようとした外国人のファンもいた状態であったため、さらに問題となる。特に公営放送のKBSでこんな事が起きたのはより一層残念だ。

済州(チェジュ)広報大使であり、出演が約束されていた状況で、特別な理由なしで突然放送を取り消しさせることは明らかに公正なことではないだろう。広報効果を享受するだけ享受しておいて終盤に彼らを除外することで、彼らは悪徳雇用者の姿を取り揃えることになった。数多くのファンたちの被害と共にだ。これは公営放送がすべきことではない。

目に見えない外圧説の様なものを信じたくない。明確に特別な理由があることで、その理由のためにやむをえず放送が取り消しになったと見る。裁判所では彼らの活動を防ぐなと判決を下した。大韓民国は法治国家だ。大韓民国で法も超える勢力があるということは想像することも嫌なことで存在しないかも知れない。したがってどんな外圧によって活動を防いだはずがない。また、外圧はなかったが、自ら誰かの顔色を見ながら放送を取り消しさせたはずもないと考える。公営放送KBSにそのように表情を与えるほどの集団は特にないためだ。

従って、私はKBSが放送キャンセルに対する合理的な理由を提示してくれることを願う。正確にどんな理由で彼らの放送出演をキャンセルしたのか納得するほどの理由を提示してくれて、少なくとも大韓民国が法が守られる社会であり、不公正なことが全くないということを知らせることを願う。

もし彼らが提示する理由が釈然としないのならあまりにも残念ながら、
大韓民国には法の上に存在する勢力があるということを認めたことや、
KBSが一部集団の顔色を見て放送を製作しているという点を自ら示したものだ。

もし、このようになるならば
確かにJYJは不公正な勢力によって犠牲にされている象徴として残ることになるだろう。



文化コラムニスト、ブログhttp://trjsee.tistory.comを運営してている。文化が世界で最も重要だと考える文化礼賛論者だ。


パクジジョンtransurferj@gmail.com

記事転載  自動翻訳機

http://news.nate.com/view/20110717n09931
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。