HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  済州島  »  少女時代貪る JYJ 失う… 『ソタムジェシル』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女時代貪る JYJ 失う… 『ソタムジェシル』

<ラジオ21> 'KBS 出演取り消し' JYJスペシャル… 爆発的反応
イ・ギホ記者 | newsface21@gmail.com
11.07.21 08:30 | 最終修正時間 11.07.21 08:35

世界 7大自然景観選定と係わって KBS 特別生放送に出演する事にした人気グループ JYJが主催側から一方的な取り消し通報を受けて論難が拡散する中に 20日生放送で進行されたラジオ21 'イ・ギホのポリスコープ'で今回の事態に対してき細かに分析して視線を集めた.

その間 JYJ問題を取材して来たギムボムテ記者のインタビューで始まったこの日、プログラムでキム記者は "JYJはその間 '世界 7大自然景観選定のためのロゴソングを歌って, 独自の動画を製作して国内外ファンの投票参加を督励するなど積極的に広報活動を広げて来た"と "この映像はブログ, ツイーターなどに上げられてから一日も経たず数万件のヒット数を記録した"と言った.

彼はまた "済州島はその間競争都市に比べて低い国際的認知度によって外国人投票が切実だった"と "JYJの広報活動で済州島は国内外で早い認知度相乗效果を謳歌したし, JYJの勧誘で国内外でファンが済州に投票するなど実質的な助けが発生した"と言った.

キム記者は "ファンは JYJの人気を利用して 7台景観選定投票をするように誘導しておいて実際に公演の出演は取り消してしまったと強く抗議している"と一部ファンの間で吹いている KBS 視聴拒否運動, 受信料納付拒否運動などを紹介して, "KBS だけでなく韓国放送全体が一瞬にして国際的物笑いの種に転落してしまった"と言う寸評を残したりした.

"少女時代と F(x)の出演がより効果的だと見た"と言う KBS済州側の解明に対しても彼は "プログラム製作のための出演陣渉外と決定は放送社と製作陣の固有圏した"と言ったが "しかし常識ラインの 'ほど'というのがある"と "'広報大使'で活動した歌手たちに一瞬に出演取り消しを知らせることができる構造は横暴を越した暴力に違いない"と批判したりした.


'ソタムジェシル'(소탐제실)という新造語はここから出た.

進行者であるイ・ギホ記者が "ソタムゼシルが何の意味なのか"と問うとキム記者は "'少女時代を貪って、JYJを失う'という言葉"と言いながら "今すぐ目先の利益にあくせくしていていざ重要なことを失って信義を忘れる愚かな行動を示す"と気の利いた回答をして聞き取り者たちの呼応を受けた.
실ソタムジェシル→소탐대실 ソタムデシル=小貧大失:小を貪り大を失う
녀시대=少女時代 이와이제이=ジェイワイジェイ

JYJの出演が霧散される度に SMエンターテイメント所属の歌手たちが代理出演する現象が繰り返されることと関してもキム記者は "JYJ飛んで、SM落下という笑い話まで出回っている"と放送界に出回っている '背後外圧説'を取り上げて注目を引いたりした.

インタビュー後半部にキム記者は "終篇時代が開かれれば放送社の 'スター仕え'はもっと加熱されること"と言いながら "企画社の影響力がいっそうもっと大きくなる可能性が高くて, 放送社の機嫌をうかがうことはさらに強めることもできる"と言って, "何より芸能界の不公正行為を根絶するための国民と大衆, そして政治権の持続的な関心と改善の努力が必要だ"と一般ファンの関心を促した.


進行者であるイ記者はクロジンメントを通じて "繰り返し申し上げるが, JYJを擁護するとか彼らの立場を弁論することではない"と "しかし私たち周辺で見えない不合理な構造に構成されて非正常的で不公正な環境で争っている人々がいたら彼らが芸能人でも労動者でも政治家でも彼らの声を聞かなければならないということが私たちの精神"と言った.

イ記者は、一外国人が自分のツイーターに "韓国の放送媒体たちがまだ開かれた心を持つことができないという事実が切ない"と "JYJの活動がすべて韓国のためのことだというのが全く分からないか"と聞き返した事実を紹介しながら "JYJメンバーたちが知って、見て、 聞くよりずっと多い人々が この口に出さないで静かな抵抗を支持しながら見守って, 応援している"と言う激励の言葉を残したりした.


イ・ゼウン部長 "公正委既に申告, 下半期アルバム, ツアー準備中"

キム記者に引き続きインタビューに応じた JYJの総合コミュニケーションを担当するプレインのイ・ゼウン部長は "一番納得できない部分は今回の放送の基本主旨"と言いながら息苦しさを訴えた.

"渉外を受けた時、済州KBS側に 'たまに外圧の発生する事があってアーティスト保護次元で確かではなければ渉外決断を出さない'とまで話したし '絶対そんな事はない'と '今回の放送は済州を知らせる特別放送で JYJは広報大使なのに何の問題があるか'と反問までしたが公演 4日前キューシートまで受けた状態で一方的取り消し通報をしました."

イ部長は今回の問題の関連でもう公正取引委員会に届けたし, 申告受付公文書も受けたと明らかにして注目された. "担当調査官は証拠が十分だと言った"と紹介した。イ部長は "問題はこんな事が初めではなくてずっと繰り返される現状況"と "法院で前所属社の不当な妨害行為に対して賠償判決まで受けたが常識を脱したことが繰り返されている"と強調した.

イ部長は "シゼスエンターテイメントは小さくても大きくてもこんな不当な事がある度に提訴して訴訟を申し立てた"と "皆本案訴訟の証拠になること"と言って, また "まず今回の事態に対しては取ることができる措置は皆取ったし、これからは本案訴訟の結果を繰り上げるのに最善をつくす"と言ったが "広報大使職や済州島に対する問題申し立てではない"と線を引いた.

JYJは現在下半期アルバムリリースとツアーを構想している.イ部長は "あんまりワールドワイドしたグループなのでスケールが大きく下半期全体を見て構想している"と "ワールドツアーが終わってから間もないので呼吸を整えようと思ったが国内は勿論で米洲, ヨーロッパ等地でラブコールが降り注がれてすぐ準備入っている"と言った. ワールドワイド二番目アルバムも準備中だ.

JYJメンバーたちの近況に対する質問には "メンバーたちは誰よりもとのままだ(変わらない)"と "目標した道をよく行っている"と言って, むしろ "ただ JYJ ファンと言う理由でこんな不当なことを経験しなければならないファンに対する心配が非常に大きい"と "ファンのためでももとのままで(変わらずに)いよう思っている"と言った.

"JYJ 三人の人がファンに持つ感情は特別です. そしてファンに対する自負心もすごいですよ. 一言一言する度に 'うちのファンは'という表現をすることを見れば大変な事を経験してもっと堅くなったという気がします. JYJの音楽と三人の人の夢を愛してくださるファン方々がいてあまりにも感謝して. 今回の事で、あまり心配しなければ良いです."

最後にイ部長は "今回の事を経験しながらファンだけではなく済州道民を含んだ大衆が応援してくださった"と "JYJが不公正に対立して戦っていることを知らせるきっかけになってありがたい場合もある"と言って, "今度の事は済州を知らせる事とは無関係なので JYJはワールドスターとして世界に韓国の優秀性と美しい済州を知らせるのに最善をつくすこと"と言いながら国民的声援を頼んだ.


http://newsface.kr/news/news_view.htm?news_idx=2548

翻訳機使用
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。