HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  キム・ジェジュン“財界のプリンス?外見のコンプレックスを持っています”妄言スター合流(インタビュー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ジェジュン“財界のプリンス?外見のコンプレックスを持っています”妄言スター合流(インタビュー)

[ソウル新聞] 2011-07-25 22:45


20110725_1311551798_11291300_1.jpg

[NTNソン・ジェウン記者]

多才多能とは、この男にぴったりだ。 2004年歌手でデビューしてその力量を発揮すると公演の演出まで手を伸ばした。 猛暑が予告された8月からは俳優タイトルまで見下げる。 本当に欲が多い男だ。

ここまで来ればファンたちは今回のインタビューの主人公に対して当然感じていたはず。
この男キム・ジェジュン、空に穴が空いたように降り注ぐ梅雨の雨をくぐって現れた。

挨拶をこっくり交わした瞬間、過去の少年は記憶さえ出なかったから“ジェジュンくん”でなく“ジェジュンさん(氏)”を選択したところ返ってきた返事は“あのまだ幼いです。 ジェジュンくんが良いです。(ハハ)”というユーモアある言い方であった。 この一言は暗くてじめじめしていた天気で多少沈んだ雰囲気を盛り上げる役割をじゅうぶんに果たした。

このように開始から最後まで笑いを伴ったまま進行された愉快で率直だった話を今から解いてみようと思う。

#演技“ユチョン-ジュンスがうまくいくと負担になります”
去る8月3日からSBS新しい水木ドラマスペシャル‘ボスを守れ’(脚本クォン・キヨン、演出ソン・ジョンヒョン)に出演して本格的な俳優変身を図る。 去る2009年テレシネマ‘天国の郵便配達人’、昨年は日本でドラマ‘率直になれなくて’を通じて演技する姿を披露したが国内テレビドラマは初めてであるだけにときめくと同時に緊張感と負担感が駆せ抜ける。

“正直、プレッシャーはなかったです。 期待をしてくださるから一生懸命にしなければならないということと、初めて近づく状況と環境に緊張感はありましたよ。 だがユチョンはドラマがうまくいったし、ジュンスはミュージカルで大成したという話をしされるとプレッシャーができましたよ。 エヒュ~”

キム・ジェジュンが劇中で引き受けたチャ・ムウォンは強大な能力を整えた‘財界のプリンス’で紹介されている。 愛称と容貌が釣り合っていると言うとすぐに手を打って妄言(?)を残した。

“絶対違います。 私が見た時私の顔は時々負担になります。 ユニークに見えませんか。 コンサートで汗ダラダラ流した姿を見て鏡破ってしまいたかったです。 外見コンプレックスがあります。 こういう話をジュンスと私でしていたら所属会社代表様が録音してばら撒くといいましたよ。 冗談ですよ? だが、私は怖い顔でない純粋な姿を見てほしいですね”

そういえばチャ・ムウォンはJYJメンバーパク・ユチョンが演技したドラマ‘ミス リプリー’のモンドグループのソン・ユヒョン部長と全く似ている、と利点を指摘するとすぐに“似ています。 ユチョンのドラマを見ると私たちのドラマより企業がもう少しうまく行っていますよ。 ヘリコプターも飛ばして…. 私たちも飛ばさなければならないのか(プハハ)”としてあるエピソードを打ち明けた。

“美容室でスーツを着てユチョンと会いました。 ユチョンもスーツを着ていましたよ。 互いに顔を見るやいなやドラマで登場する‘チャ部長、ソン部長’と呼んで‘お久しぶりです’と芝居を進行しました。 おもしろかったです(笑)”

#演出:“次はアイドル グループ公演してみたいです”
舞台演出もした。 去る4月JYJワールドツアーコンサートを通じて演出家申告式を受けるとすぐソン・ヨンジェ新体操ガラショーを通じてその実力を誇った。 当時キム・ジェジュンとソン・ヨンジェの出会い自体だけでも関心を受けた。

“ソン・ヨンジェ選手のGALAショーは企画会社を通じて演出をすることになりましたよ。 ひとまずミーティングを持って参加することになったが時間的余裕が多いわけではなかったんです。 幸いソン・ヨンジェ選手側が気に入ってくれて幸いでした。 ア~あの音楽編集にも参加しました。 ご存知ですか?”

20110725_1311551886_53783400_1.jpg


他のスポーツ選手との出会いを期待するファンたちも多いはず。 ソン・ヨンジェ選手の他の選手のGALAショーをしてみたいという心を持った。 だが、瞬間石仏になったキム・ジェジュン. これを助けるために有名スポーツ スターらの名前を言及したが意外な返事で笑いをかもし出した。

“パク・チソン選手? パク・チソン選手のGALAショーしてみたいですね。 水着も新しい感じで製作したいですね。(ハハ)”

スポーツスターのエキシビジョンの他にも公演演出は継続したいという心を表明した。 “アイドル グループの公演をしてみたいです”と欲を表わしてやはり多才多能な面目を自慢した。

#歌手:“今年中に新しいアルバム発表しますよ”
本格的な演技申告式にも出て公演演出もしたがキム・ジェジュンの本業は歌手. JYJで去る2010年10月最初のアルバム‘The Beginning’を発表し活動を広げた。 問題はブラウン管で彼らの姿を見つけるのが難しかったという点。

“今でも音楽放送や芸能番組に出演するためにひもを放さないでいます。 新しいアルバムが出てくることになって出演が可能になればいいですね”と望みを出した。

この頃、国内歌謡界はヨーロッパで旋風を起こした事実が伝えられて熱い。 ヨーロッパの話が無いと寂しいほどだ。 JYJもやはり海外で多くの愛を受けていると断然関心事そうだった。

“前にヨーロッパ ショーケースを考えたんです。 期間のためにヨーロッパ行くことができなかったが今後時間があるならば行きたいという考えがあります。 羨ましいかって? 羨ましいより苦労したと思う。 初めて行くことは本当に大変ですよね。 以前にBoAが日本進出して道を確かめておいたようにです。 道を開けてくれていて良かったです”

‘The Beginning’以後、1年以上次のアルバムの便りがない状況だ。 ファンたちやはり気になるようで直接尋ねたところ“準備中です。 まず良い曲らが出てこなければなりません。 もちろんその中には私が作った曲もあるでしょう。 今年中に…まもなく…できるだけはやく出せると思います”として恵みの雨の便りを伝えた。


デビュー8年目. もうヨンウン・ジェジュンがキム・ジェジュンで第2の人生を広げている。 過去と比較してみて内面的により成熟した姿を披露しなければならない。

“ヨンウン・ジェジュンは名前自体が東方神起のメンバーの名前でしょう。 私がもしまだ東方神起タイトルを使っているならば他の仕事をしてもヨンウン・ジェジュンになったでしょう。 しかし、JYJにした瞬間からキム・ジェジュンになりました。 自ら探し出して見せることができるのが発展した部分でないかと思います。 まだ完璧ではないので私も期待する一方で、将来が心配になったりもします”


これに伴い自分の歩む青写真(未来図)も必要だ。“変わりません。芸能人で生きるから。いま、ファンたちは私たちに未来を作ってくれる気持ちを持っていらっしゃるようです。そのようなことをたくさん見たり感じたりするので、JYJがさらによくなって、後悔しない人生を生きて行きたいです。”と話しているキムジェジュンはずっと真剣な表情だった。

これまでいろんな荒波を経験しながらより成熟して、しっかりしたキムジェジュンが確認できた。彼の言葉とおりファンたちのおかげでここまで来られたので、これからは恩返しするため、何かをお見せしていく時間だ。ショータイム、キムジェジュンは早く幕が上がることを待ち望んでいる。  

20110725_1311551958_02253600_1.jpg

ソン・ジェウン記者jaeni@seoulntn.com /写真=ソン・ヒョジン記者

記事転載  自動翻訳機

http://news.nate.com/view/20110725n04473
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。