HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJキム・ジェジュン、サセンファンへ向けた一石'自由を奪った執着の深刻性'

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJキム・ジェジュン、サセンファンへ向けた一石'自由を奪った執着の深刻性'

2011.07.31(日)12:25


[TVデイリー=キム・ジンギョン記者]

1312082054_184992.jpg


グループJYJキム・ジェジュンが過激サセンファンたちに厳しい忠告を与えた。


去る30日キム・ジェジュンは自身のツイッターに
“追っかけタクシーたちが更に増えた。また良心の呵責もない運転手と哀れ極まりない子たちも増えたね。運転手はそんな商売で大金を儲けるしタクシーに乗った子たちは、無駄な時間とお金を使いながら、好きだという人々の時間と自由を逆に奪っていくだろう。 ”
という文を残した。


引き続き
“スターだからと、耐えなければならないものにしてはちょっとやり過で嫌になる…?7年の間、ご飯を食べるとき、仕事するとき、休みをとるとき、帰宅するまでも、まるで罪人のように人の顔色をみたり、人目を避けて行動したりすることが正常な生活なのだろうか?やめて、もう十分ではないか。仕事に集中したいんだ。よく眠りたいんだ。お前ら頼むから。 ”
とサセンファンたちの歪んだ関心の表現に不満を表わした。


サセンペン(私生fan)とは、アイドル歌手の一挙手一投足をファン以上の感情で追う熱心なファンをいう。
これらは、好きなスターらの非公開個人スケジュールを追いかけて家の前で待つかと思えば、住民登録番号と携帯電話番号流出など犯罪行為もはばからない姿を見せる。


特に最近では誤ったファン心理を悪用して金儲けをしようとするサセンタクシーが登場してサセンファンたちの問題をより一層深刻にさせている。
サセンタクシーは芸能人がよく姿を見せる一帯を徘徊して、サセンファンたちに連絡を取って、数十万ウォンの費用を受けて、芸能人らの車と追撃シーンを行う危険千万ない状況を演出したりもする。

サセンペン、サセンタクシーらの眼中には、芸能人らの私生活に対する配慮などは全くない。
ただスターらの一挙手一投足に対する執着があるだけである。


スターを愛する心を越えて執着に走るこのようなサセンファンたちの行き過ぎた関心に、最終的にキム・ジェジュンをはじめとするJYJメンバーは何度もツイッターに文を載せて不快な気持ちを表現した。


“本当にあまりにたいへんで嫌いだ。 家の前にいらっしゃった方々いくら考えてもアンチたち”、
“ちょっと着いてこないで下さい。 家の前にも来ないで下さい。 サセン!”

としながら苦悩したパク・ユチョン、
“私たちメンバーみな家や路上で泣いてもみたし事故に遭ったりした。 もちろんその状況に画道出してみた。 しかし、私たち皆のための愛の方式で生命を短縮させる行為をするのをやめよう”
というキム・ジェジュンまで。

ファンたちの愛で人気を維持している芸能人にもかかわらず、サセンファンたちに向けたキム・ジェジュンとパク・ユチョンの勇気あるこの一石は、この人達が直面している私生活侵害の深刻性と精神的ストレスがどれくらい苦痛な状態なのかを察する。

キム・ジェジュンの話のように泣いてみて哀願してみても変わらないサセンファンたちの執着が、簡単に変わるのを願うのは無理であるかもしれない。
だが、ファンとして誤った愛の表現が、スターらには両極端の関心で感じられるということを肝に銘じなければならない。

愛するスターの自由を奪うサセンペン、ストーカーとして残るのか、いつもありがたくて誇らしいファンとして残るか、サセンファンたち自らが自身を振り返って選択しなければならないことだ。

記事転載  自動翻訳機

http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1312082714184992003

★昨日、イノライフのサセン記事をRTしましたがみなさんの関心も多いことが分りました。
コメントもお寄せいただきありがとうございました。
JYJは、ファンに何か望むことはしないし、ファンの応援の仕方も尊重してくれています。
プライベートの姿、率直な気持ちも、出来る限りファンに自ら近づき伝えてくれています。
私の知っている限り、過去から現在までファンに「一言申す」はこの、サセンの件だけです。
余程の事なのだと思います。
サセンファンの撮ったプライベートな写真や動画も確かに魅力的で多くのファンで共有したい気持ちも分りますが、ツイッターで回さない、ブログにアップしないなど、
サセンファン以外のファンも3人の気持ちに添う応援をすることも大切だと思います。
サセンタクシーを利用することも論外です。
車での追っかけでメンバーが大きな事故にでも遭ったら取り返しが着きません。
こちらの記事の記者さんが書かれているように、
「いつもありがたくて誇らしいファン」で在りたいですね。
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。