HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  キム・ジェジュン安着、JYJの生存戦略ドラマに行くのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ジェジュン安着、JYJの生存戦略ドラマに行くのか?

ミディアース 2011-08-05 16:13

[ブログと] バク・ジジョンの私の気持ちのままに見ること

18910_36004_859.jpg
18910_36005_116.jpg
18910_36006_932.jpg


"ボスを守れ"が大ヒットドラマの可能性を見せ興行の青信号を鳴らしている。
加えて、"ボスを守れ"に出演しているJYJキム・ジェジュンの安定的な演技も好評を博している。
演技経歴がないにもかかわらず、ドラマの主演級で出てきて不足している演技でドラマを台無しにするいくつかのアイドルとは異なり、分量が少ない助演で出て自分の役割を忠実にしているため、それに対する好評は非常に当たり前のように見える。


JYJで、すでに演技者として活動し、今は主演級に成長したパク・ユチョンもまた、安定的な演技で好評を受けている、
そしてまた、同じチームに所属しているキム・ジュンスは、テレビドラマではないが演技力を必要とするミュージカルを通じてミュージカル界で最も興行力が良い俳優としての地位を築いている。



実際、過去に東方神起で活動した時、東方神起はあまりにも人気のアイドルだっただけに、彼らの活動は、主に音楽活動に集中されていた。
そしてJYJ活動以後にも彼らは音楽的欲を出したものと見られる。
JYJの1集であるthe beginningはKanye Westのような世界的なミュージシャンと一緒に作業した結果だからだ。
しかし、これらの音楽活動は活発化することができなかった。
アルバムもたくさん売れたし、従来のファンの風もあったが、不思議なことに、放送活動がほとんどなかったからだ。



これらのアルバム活動はその後もずっと詰まっていた。
これに対し、ファンはJYJが、報道局、ドラマ局が製作する番組に出てくるが、なぜ芸能局で製作される放送には出れないのか疑問を提起したことがあるが、実際にJYJは、他のアーティストに比べて、短い期間に複数回の放送キャンセルがあったため、それに対する疑問は、当然のように見える。


何らかの理由で彼らは、放送活動を正しくできなかったし、したがって、彼らは、放送以外の活動、コンサートやミュージカルなどに集中している形だった。
ところがパク・ユチョン、キム・ジェジュンが成功的にドラマに定着することによって、彼らの放送活動に新たな突破口ができたと見られる。


ひとまずドラマ局では、彼らの活動を制限しない。
ドラマ局の立場では、JYJのメンバーが出演するだけで、数多くの話題を生産して注目を集めることができるため、最小限の視聴率が保障されるので、彼らの出演を喜ぶことが明らかである。


ドラマが放送局同士のプライドをかけた戦いになる場合も多いので、一応の勝利のためには、波及力が大きいのスターたちを雇用しようとするものであり、その演技力が保証されていないいくつかのアイドル出身らがドラマにキャスティングされたのである。
そうした点で、ジェジュンとユチョンは、ある程度の演技力を検証受けたので、今後もっと多くのラブコールが存在するしかない。


また、彼らが出演したドラマは海外販売が容易になるほかはない。
韓国のドラマが2次韓流の尖兵だったことを考えると、まだ韓国ドラマの地位は減らなかった。
しかし販売が以前ほど容易ではないのも事実だ。
しかしJYJが出演すると話は変わる。

アイドル音楽を中心とした3次韓流が、その後勢力を拡大しているとはいえ、'Rain'がそうだったようにドラマに広がった大衆性が、音楽的活動のための強いファン層に変化するシステムは最も強力なシステムだ。
このシステムを考えてみると、
すでに歌手として海外のファンが多いJYJのメンバーが出演したドラマは海外で簡単に販売されるものであり、これはまたJYJのアルバムの活動に得に戻ってくるだろう。
好循環構造が作られるのだ。



さらに、彼らがドラマに出演すれば、OSTを一緒に録音するのが一般的で、このOSTは、発表されるたびに、音源チャートを上昇する怪力を見せている。
OSTがチャートを上昇すればドラマが再び露出して愛されるようになり、その後発売されるOSTの販売量も高くなるだろう。
ドラマの2次的な付加収入をあげてくれるのにも一役買っているということだ。




このようにドラマ局では、JYJのメンバーを出演させることで得る利益がとても大きく、彼らの活動を停止するだけの他の理由がないので、たとえ広報のための自社の芸能番組に出演することができなくてもJYJのメンバーたちを継続的にキャスティングする公算が大きい。


JYJが放送活動の他にいくら多くの活動をしても大衆芸能人には放送が持つ波及力が不可欠である。
JYJは塞がれていた放送活動をドラマで開ける事により、放送が持つ波及力を享受できるようになり、特にパク・ユチョン一人だけではなく、キム・ジェジュンまで二人のメンバーがドラマの活動をすることで、その相乗効果はより一層大きくなるものと見られる。

ある程度、膠着状態に陥っていた彼らの活動がキム・ジェジュンのドラマの定着で、もう一度活路を開くようになったし、
以後新しいアルバムが発売され、音楽活動をするようになれば、その時に発生する大衆の爆発力はさらに膨大になるだろう。
その際にも放送されないならば、それに伴う議論もより一層大きくなる話だ。
結局活動を多様化することで、大衆と何とか出会うポイントを見つけたJYJの生存戦略は成功するものと見られる。



記事転載   自動翻訳機

http://news.nate.com/view/20110805n15856

★音楽活動の道を塞がれたことにより、新たな可能性と才能を開花させた3人。
どの仕事にも誠実に精いっぱい取り組み成果を得る。
その結果、新たなファンを世界中に増やしていく。
彼らのファン(応援する人)は業界内にも増えているのではないでしょうか?
それが彼らが一番したい音楽活動にも好機を与える。
まさに好相乗効果ですね。
ピンチをチャンスに変えて人間的にも成長して行く彼らは素晴らしいですね。
スポンサーサイト
Comment
はじめまして
初めてコメントさせていただきます。
まさに、その通り!な気分の記事でした。なぜなら、「東方神起」にも「JYJ]にも全く興味のなかった私が、「成均館スキャンダル」を見て、ユチョンという人に興味を持ち、それからOSTを買い、今度はJYJという歌手に興味を持つようになったからです。
3人の美しいハーモニーや力強いダンスは聴けば聴くほど、見れば見るほど心を打たれるものでした。
ツイッターなどで漏れ聞く3人の言動は人として尊敬に値するものでした。そして、心から応援したいと思ったのです。
きっと、こういう経緯をたどってファンになる人はたくさんいると思います。
「ボスを守れ」を見て、「あ、この人見たことある!」OSTを聞いて「あ、この人の声いいな。」と思う人がたくさん出てきますよね。
JYJを応援することで元気をもらっています。毎日の生活に張りが出ています。
ありがとう♪JYJ・・・
(長々と失礼いたしました)
モモさん
初コメありがとうございます^^

「成均館スキャンダル」からユチョンのファンになられた方も多いと思います。
ユチョンは、ドラマによって一気に世界中におば様ファンが増えたと話題になりました。
韓国や他の国では、ファンの年齢層が日本より低いので、今まで東方神起やJYJに関心の無かった世代もドラマでユチョンに一気に目覚めたようです。
日本でも、ジェジュンが「素直になれなくて」に出演したことによって、ファンになられた方も多いと思います。
ジェジュンは一見、見た目にはクールで近づきがたいですが、ドラマのジェジュンは親近感とキュートさがいっぱいでしたので。
新鮮な一面を存分に出せたと思います。
ジュンスのミュージカルでの好演は、純粋なミュージカルファンの心も捉えました。


引き出しが多くて人間的魅力溢れる、
知れば知るほど魅力溢れる3人です。
これからも一緒に応援していきましょうね。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。