HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  不朽の名曲2,なぜシア・ジュンスはないか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不朽の名曲2,なぜシア・ジュンスはないか

不朽の名曲2,なぜシア・ジュンスはないか
2011-05-08 09:26
17478_32984_3750.jpg
285372675.jpg

[ミディアース]名実共にアイドル最高の歌唱力と認められているJYJのキム・ジュンス. 歌謡舞台だけでなくミュージカルでも頭角を現わして数万枚チケット完全版にさらにミュージカオウォーズ、韓国ミュージカル大賞で新人賞を受けてブロードウェー舞台まで上がって実力を認められた。単純に"一日だけ君の部屋のベッドになりたくて"とするうじゃうじゃとうごめくアイドルで取り扱い受けるには惜しい人材だ。

誰も皆分かる東方神起分裂事態に対しては言及しない。以後やはりJYJの放送出演はまれなことに成っていっている。メンバーパク・ユチョンがドラマに出演するが外注製作会社で、最近イシューになった常勝疾走、遊びにきて出演不発事態などどっちつかずの一般人の立場でもファンたちの立場と同じように本当に見るのに苛立つ。


提案はしてみたか?

最近アイドル歌唱力リサーチで圧倒的な点差で1等をしたキム・ジュンスは他の見方をすれば'アイドルと名曲の再照明'という意味を持っている不朽の名曲2に最も適合して必要な人物であろう。もちろん放送会社が論議の中心にある人物を交渉することが少しはいまわしいことかもしれないが、キム・ジュンスは論議を甘受するほどの価値がある。プログラム序盤浮かすマーケティングでもキム・ジュンスが適当だと判断されて、強大なJYJペンドムの支持を受けることができて実力で見る時プログラムの質もまた向上しないかという考えだ。

もちろんスケジュールやその他の色々な状況に合わなかったとすれば理解できるか、試みはしてみたかと訊ねたい。巨大エンターテイメント社の不当な影響によって出演提案自体もなくはなかったのだろうか?


音楽放送に出てこれないスーパースター

JYJが音楽プロに出てくる日が、YGがミュージックバンクに出て行かないようにSMの歌手らが音楽プロに出て行かないことになりはしないかと思う。JYJがTVで歌を歌う姿を見たことは過去KBS演技大賞が初めてであり最後であるようだ。単一アルバム30万枚販売、多開局ツアーと蚕室(チャムシル)主競技場7万人動員など分裂後にも本当に'途方もなく愛されているJYJが猫も杓も出るような音楽番組に出演さえできないという事実は不思議でならないことだ


誤った慣行なくなってこそ

巨大エンターテイメントの影響によって調整されて成功が左右されるのはあたかも我が国企業の権力構造と似ている。大企業の横暴に中堅企業はなくなって、生き残るためにやむを得ず横暴を受け入れなければならない中小企業一緒に金持ちはさらに金持ちになって庶民はさらに貧しくなる悪循環を産む。このことはただJYJのこととだけで片付けることはできない。歌謡界全体がいくつかのエンターテイメントによって支配されて作られることらが継続されれば弱者や少数者がずっと被害を受ける事態が起きるだけでなく、歌謡市場の音楽コンテンツは多様性と深さを失ってごちゃごちゃしていたトレンディー音楽で支配される最悪の状況が起きるだろう。


放送会社も立場を確実にしてこそ

このような誤った慣行をなくすのに放送会社も沈黙で一貫してばかりいてはいけない。

人気の下に放映終了したSBSドラマ'オンエア'では大韓民国最高企画会社SWエンターテイメントの社長のチン・サンウがドラマ撮影が6部以上進行された時本人所属会社俳優の分量が少ないとし台本修正を要求して撮影で俳優を取り出したことがある。その時放送会社の局長はSWの所属会社歌手、俳優、マネジャー、コーディネートなどすべての関係人の出演不可という強硬な対処を見せてSWの俳優をまた戻るようにしたことがある。

もちろんドラマのような論議を起こそうというのではない。放送会社の問題は自分たちの立場を確かに取らないで沈黙しているということだ。JYJ進出が賛成でも反対でもこのような誤った慣行をなくそうとするなら確実な立場を表わす必要がある。

文字通りあからさまに行っている。まさにこれ見よがしに“我々の言う通りにせず対抗すれば死なす”として過去に罪人の首を打ってその首を城のてっぺんにぶら下げておく低質の行為を2011年今にも同じように犯しているのか分からない。そうしないようにしよう。 自制しよう。


'疎通'を通したメディアの拡張工事を描くブログ(mediaparadiso.com)運営.
一時は歌手を、一時は記者を夢見て現在は'法'を習いたくて勉強中.
"私が最高だ"と考えて生きる青年. ひとまず所在地は忠北(チュンブク)、提川(チェチョン). ツイッター(@Dongsung_Shin).


http://news.nate.com/view/20110508n02354   翻訳機使用



ここに書かれていることは韓国芸能界だけの話ではありません。

JYJが音楽プロに出てくる日が、SMの歌手らが音楽プロに出て行かないことになりはしないかと思う。
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。