HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジュンス  »  JYJキムジュンス、"トンクン秋夕の贈り物"送った..."愛の家造り"の6番目の結実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJキムジュンス、"トンクン秋夕の贈り物"送った..."愛の家造り"の6番目の結実

マイデイリー 記事送信2011-09-09 11:20

    IE001346641_STD.jpg


[マイデイリー=イスンロク記者] JYJキムジュンスが、秋夕を迎え、暖かい情を交わした。

キムジュンスが、国際救護開発機構ADRA KOREAとともに展開している"愛の家造り"事業は、すでに6回目の実を結んだ。

去る7日午前、京畿道坡州市積城面駐越裏に住んでいる マ某祖母の新築家屋でキムジュンスが後援した"愛の家"入居式が行われた。今回の"愛の家"は、特に民族固有の名節秋夕を控えて行われ、暖かさを加えた。

孫と一緒に住んでいるマおばあちゃんは、昨年10月に不慮の火災で家が全焼して一瞬にして生活の基盤を失って失意に陥ってていた。これまで町の会館で近隣の住民たちの助けを借りてやっと住んでいたマさんはキムジュンスがADRA KOREAとともに展開する"愛の家造り"事業を知ることになり、適性面事務所福祉課の推薦で、新しい安息の場を持つようになった。

キムジュンスの助けを借りて建てられた新しい家は59.504㎡(約18坪)の建築面積にキッチンと洗面所、リビングなどの生活設備をすべて等しく取り揃えた上品でこじんまりとした快適な木造住宅で建てられた。6月21日に起工以来、約70人のボランティアが投入され建設を完工した。

キムジュンスは去る2008年からADRA KOREAに愛の募金を寄託しており、この資金を基に、全国で"愛の家造り"が進行されている。これまで、忠南唐津郡、泰安郡に居住する障害者世帯や一人暮らしの高齢者、多文化家庭など、生活が困っている人たちが新しい家を持つようになった。

マさん家族は"苦労されたすべてのボランティアの皆さんに心から頭を下げて感謝する"とし"これまではもしかしたら奉仕する人生をよく知らずに生きてきたようだが、これからは私たちも他人のために喜んで手を差し出す奉仕の生活を送るようにする"と目頭を赤くした。

シンウォンシクADRA事務総長は、"疎外階層の人に快適で衛生的な住環境を提供するために努力してくださった多くのボランティアの皆さんに感謝する"とし"特に今回の事業に積極的な支援と支援を惜しまないJYJジュンス君に感謝の気持ちを伝える"と明らかにした。

"愛の家造り"ADRA KOREAは、当該地方自治団体との相互救援開発協力の推進及び友好増進のための協約を締結し、進行中の生活支援プロジェクトで対象者は、その自治体の住民の生活支援との推薦で選ばれる。今年は景気坡州(パジュ)のほか、慶尚北道青松ですぐに8号の住宅が完工される予定で、キムジュンスの"愛のウイルス"はさらに広がる見通しだ。

[キムジュンス(上)と"愛の家"。写真=マイデイリーDB -シジェスエントテインモント提供]


http://news.nate.com/view/20110909n10301

翻訳機使用
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。