HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJ試練を食べて育つというアイドル“ヨーロッパで奇跡が続くのを” (インタビュー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ試練を食べて育つというアイドル“ヨーロッパで奇跡が続くのを” (インタビュー)

[ニュースエン イ・ミンジ記者]

前所属会社を出て独自路線を歩くことに決めた三人の青年はあらゆる試練と悪材料を耐えなければならなかった。 舞台に立ちたかったが受け入れる所がなかったし録画まで進行したリアリティープログラムは放送されなかった。
JYJは2年余りの間試練にあったし今でもずっと困難を克服していっている。

JYJファンたちはJYJがミュージカルとドラマなどで活発な活動を広げる状況でも芸能と音楽放送に出演することができないでいるを指摘して活動制約を受けていると判断、自発的にこれらを応援するための広告をすることもした。

そして紆余曲折の末彼らは2年ぶりに初めての韓国語アルバムを発売した。 2年余りの汗と努力をアルバムに余すところなく込めたはJYJは、"2年余りの間思い出らと内部事情がたくさん入っているアルバムだ。 満たされながらも多くの郷愁が秘められている"と'インヘブン(In Heaven)'を紹介した。

'インヘブン'に入れられた曲らはすでにJYJがワールドツアーに初公開した自作曲らだ。 これらが直接作曲をせざるを得なかった理由、公演にさらに集中しなければならなかった理由がこのアルバムに含まれている。 だが、このアルバムが出てくるのも容易なことではなかった。 JYJは"夏に発売しようとしたが流通社が2回もできないといって延ばされた"と打ち明けた。 実際にJYJ側はアルバム発売直前まで流通社を秘密にした。

JYJが公演に集中したのは避けられない選択だった。 表面的な理由がない状況でも放送出演が大変なためだ。 特に音楽放送をはじめとする芸能番組進出は簡単でなかった。 歌手である彼らが舞台で大衆と疎通するためには公演をしなければならなかった。 メンバーは"ファンたちと疎通できる所が本当にたくさんない。 そうしてみると公演中心の活動を選択することになったしその公演自体も事実困難を伴ってやっている"と打ち明けた。

"歌手で始めたし歌手で活動を継続していきたい気持ちだ。 おわかりの通り歌手活動にまだ制約が多い。 ファンたちを充足させて差し上げようと公演にオールインしようとする。 放送媒体で会うのが難しくても直接大衆と一緒に呼吸できる舞台を持とうとする"

窮余の策であったかも知らないが公演舞台で音楽活動を受け継いできたことは結果的に彼らが成長できる起爆剤になった。 舞台はさらに自由になったしファンたちとはさらに堅くつながれた。 公演も単純に舞台を見せるのではなく自然に話も交わして質問を受けたりもする開放型に変わった。

"公演の時MCをたくさん入れる。 ファンミーティングなのかと思うほどだ。 最大限対話をたくさんしようとする。 公演ごとに一つのテーマが与えられるのに結局テーマを無視してふざけて行くことになる。 振りつけも以前には隊形を一つ一つ合わせる群舞スタイルを志向したが、今は一人一人の個性を生かそうとしている。 ある程度の枠組みはあるが動線で大きく抜け出さない範疇から自由にしようとする。 それで舞台の雰囲気も自由になり私たちも余裕ができるようだ"

著作権問題で東方神起の時の歌を歌うこともできない状況だから公演のための歌も作らなければならない。 おかげで彼らは自作曲で初めての韓国語アルバムを満たしたし'アーティスト アイドル'で一段階成長することができた。 挫折より克服と発展を選択したためだ。

"アルバムに自作曲がたくさん入っているので'このアルバムのために作曲した'というお言葉を差し上げられない。 解決できない事情で、大衆に近付くことができる方法が公演程度しかない。 公演のために作った曲らなのでそれでさらに感慨が新しい"

だからだろうか。 作曲に対する話をする声に自信と自負心がのせられているようだった。 JYJの色がにじみ出ることができる音楽的歩みのために激しく悩んで努力する姿だった。 パク・ユチョンは1億ウォンほどのお金を投資して個人作業室を作っている。 メンバーは"センセーションナルだ"とパク・ユチョンの曲を絶賛することもした。

試練を踏んで育ったアイドルはもうヨーロッパツアーに出る。 アジアと北米を回って成功的に進行されたワールドツアーとはまた違う挑戦だ。 今回のツアーはスペイン、バルセロナとドイツベルリン公演で韓国人アーティストでは初めての単独コンサートだ。 新しい挑戦の前に彼らは恐れとときめきを感じている。

"ワールドツアーを回る前と同じ気持ちだ。 '果たして可能だろうか'。 ところが思ったより待って下さったファンの方々が多くて驚くこともした。 安住しないで私どもの中での突破口を探そうとする。 目新しい刺激を受けたい。 果たして可能だろうかと思う心配があるが肯定的に考える。 ここまで来たものも奇跡だと考えるのに奇跡がまた続くように願う"

イ・ミンジ記者oing@

http://news.nate.com/view/20111007n11685

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms 翻訳スタッフ yuri
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。