HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  "慈善公演さえ..."JYJ公演邪魔に日本のファンの怒り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"慈善公演さえ..."JYJ公演邪魔に日本のファンの怒り

ハンギョレが日本ファンの声を記事にしてくれました。

キムドヒョン 記者



"エイベックスは、JYJについて一方的な活動休止をしたのに(JYJの韓国マネジメント会社)シジェスと相談せずにCDやDVDは販売をしています。 これまでじっと見守っていた私たちファン(日本ファン)は、エイベックスがJYJの日本のチャリティー 公演 を妨害するために忍耐力の限界に達しています。 契約を盾に日本の被災者のための行使を妨害するエイベックスに激怒しています。"(JYJ日本ペン、Twitterのユーザー名○○○)

"(エイベックスは)契約中にも活動させることなく、契約破棄もせずにいる。 なぜなのでしょうか?"(@ ○○○)

東方神起の脱退の余波で、国内の放送出演が不如意な人気3人組アイドルグループのJYJが(ユチョン、ジュンス、キムジェジュン)が日本国内の所属会社のエイベックスのブレーキで日本での活動さえ困難になると、日本のファンたちが立ち上がった。

直接の発端は、JYJの3.11大地震の被災者を支援するための大規模な日本のチャリティー公演を計画(6月7日)は、エイベックスの妨害工作に失敗に終わる危機に立たされたというニュースが伝わったからである。 昨年10月、突然JYJの活動休止を宣言したエイベックスの仕打ちに沸き立っていた日本のファンの不満が公演中止の可能性に爆発したのだ。

複数の日本のファンたちが先月19日、JYJの日本での活動再開を要求するエイベックス『要望書』を作成すると一ヶ月もならなくて1万人を超えるファンたちが署名に参加した。

<ハンギョレ>が今回の事態と関連してTwitterを使って日本のファンたちの意見を聞いた結果、数時間に200件以上の書き込みが殺到した。 前に出てきた日本のファンの指摘のようにエイベックスの行動を納得できないという内容がほとんどだ。

日本のファンたちが韓流スターのために集団行動に出て、公に意見表明をすることは非常に異例的なことだ。

特に、JYJの日本の慈善公演 開催日 は、東方神起が大阪で'ソウル-大阪のミュージックオブ2011、アクションジャパン!』と同じ日にかみ合っており、 公演中止 の背景を巡って疑惑の視線が集まっている。



シジェスの最近のプレスリリースを見ると、JYJは、来月7日に2万席規模のさいたまスーパーアリーナでチャリティーコンサートを開催することとし、会場レンタル契約までしたが、突然の契約解除通知を受けた。
JYJは、大地震の直後、"日本のファンから受けた支援を返したい"とし、6億ウォンを 寄付 するなど、3.11の惨事の痛みに積極的に同調する姿を見せた。

このためか、一部のファンの間では"慈善公演まで干渉するのはあまりにもだ""日本人であることが恥ずかしい"という反応も出ている。

Twitterのユーザー名@ ○○は"原発の問題として、多くの外国人が帰国する中で(JYJが)人間として善意を持って日本の復興のための助けになるために来ると言うのになぜいけないのか"と疑問を提起した。

シジェス側は"エイベックスの継続的かつ執拗な妨害工作が今回の事件(契約の解除)の導火線となった"とし、会場レンタルの解除の背後にエイベックスを指名した。 これにより、シジェス側はあわてて、他の会場との仮契約を結んだが、公演を開催するかどうかが不透明な状態であることが分かった。

ベクチャンジュシジェス代表は<ハンギョレ>との電話通話で、"なんとか公演を成功させるために、会場関係者などを相手に説得している"と話した。 JYJのチャリティーコンサートは、去る4月5日からチケット販売が始まり、現在完売状態にあることが分かった。

先立って、ぺク代表は、ホームページで日本のファンの前に文を載せ、"JYJの舞台を長い間待っていた日本のファンだから、きちんと装備されていない公演を披露させていただくことはできません公演中止まで考えていたがJYJを信頼し黙々と待ってくださった多くのファンとの約束を守るために公演を強行することに決めた"と了解を求めた。





エイベックスは、東方神起の分裂以降の昨年3月、JYJの日本国内の活動と関連してシジェスと正式契約を結び、JYJの日本国内の活動を認めていたが、昨年10月、突然JYJの日本国内の『活動休止』を通報したぺク代表は言った。

ぺク代表は、"表面的には私の個人的な問題と東方神起の紛争中という理由を挙げているが、実際にはJYJの世界的活動に関連したマネジメントの権利を持って行こうとする事と見える"と明らかにした。

これに対し、エイベックスは、JYJの大観衆の問題について、"JYJの3人は、エイベックスの専属歌手なので、今回のコンサートの契約は、明らかに 契約違反 である。 また、私たちが見るには、今回のイベントは、(慈善行事だが)、営利目的がある"とし"現在の営業権侵害で仮処分申請中"と明らかにしたと日本の週刊誌<週刊文春>が最近報道した。

しかし、日本のファンは、要望書では、"契約締結前にシジェス代表の過去を知らなかったと主張し、それを契約の休止の原因だとすれば契約対象会社の事前調査と 検討 という当たり前の業務を怠ったことではないか"と反問した。 また、紛争中という理由についても、"JYJが日本で活動を開始した昨年4月、2009年10月、韓国の裁判所に(仮処分決定)により、既に3人とSMと専属契約を確認、問題は解決された"と指摘し、"したがって、エイベックスが活動休止の理由で言う『裁判の結果に応じて、専属契約自体が無効化される可能性がある』は、論点は、すでに意味がない"と主張した。 日本の市場は、JYJに最も大きい市場であるので、ここでの活動がままならない場合、大きな打撃が予想される。

現在、大型芸能企画社SMエンターテイメント(以下SM)と紛争中のJYJは去る1月のSMが申し立てた仮処分異議申立てと専属契約(JYJとシジェスガンの契約)の効力停止仮処分で勝訴して本案訴訟が出てくるまで、独自の芸能活動を保障された。 しかし、地上波放送局やケーブル衛星放送などは、SMをはじめとする大型企画会社の顔色を見て、彼らの音楽番組出演を渋っている状態である。 ぺク代表は"訴訟の結果は、現在も番組出演に影響を及ぼすことができずにいる状況"と話した。

これを受け、JYJは、日本を含む海外旅行に集中している。

去る4月2〜3日のタイをはじめとしたJYJの四回アジアツアーには4万3千人のファンが殺到した。

キムドヒョンシニア記者/ Twitter @ aip209

http://www.hani.co.kr/arti/culture/entertainment/477585.html

翻訳機使用
スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
記事転載とリンク
JYJ最新RT情報の記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。
記事元URL、翻訳者の名前がある場合はそこまですべて転載でお願いします。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。