HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJキム・ジュンス、ミュージカル "エリザベート" に合流 "速攻チケット完売、再び?"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJキム・ジュンス、ミュージカル "エリザベート" に合流 "速攻チケット完売、再び?"

2011-10-28 13:50
[enews24チェミンジ記者]


グループJYJのメンバー キム・ジュンスが、ミュージカルの舞台にカムバックする。

キム・ジュンスは来年 2月9日から5月13日までの約3月間、ソウルのブルースクエア サムスン電子ホールで、韓国で初演されるミュージカル "エリザベート" (ELISABETH) に出演する。

h_111028_12.jpg


ハプスブルク王家の実存皇后 エリザベートの物語に 死というファンタジー的要素を加えた "エリザベート" は、時代や地域を超越して全世界的に愛される作品だ。
キム・ジュンスは自由を渇望した皇后エリザベートと恋に落ちる神秘的な魅力を持ったキャラクター 死神(TOD)役にキャスティングされた。

昨年 "モーツァルト!" を通じてミュージカルに入門した彼は、その後 "天国の涙" に出演して話題を集めた。
当時 "モーツァルト!" は、3分で完売を記録し、彼はこの作品を通じて "第4回 ザ・ミュージカルアウォーズ" で男優新人賞と人気賞受賞、"第16回 韓国ミュージカル大賞" で男優新人賞と人気スター賞を受賞して成功的なデビュー式を行った。

キム・ジュンスは今年の初めに "天国の涙" に出演し、5分で全席完売という記録を再び樹立して人気を立証した。
彼は "天国の涙" を通じて主演男優賞候補に上がり "第5回 ザ・ミュージカルアウォーズ" で人気スター賞を受賞する光栄を得た。


彼と共にトート役にキャスティングされた俳優は リュ・ジョンファン、ソン・チャンウィ。
ライセンス ミュージカル初演専門俳優というニックネームを持った彼は、名前だけでも作品の信頼度を高めている俳優。ブラウン管と舞台を行き来して印象深い演技を見せているソン・チャンウィにも関心が集中している。

また、トッドと恋に落ちるエリザベートには キム・ソニョン、オク・ジュヒョンがダブルキャスティングされ、ルキーニ役には キム・スヨン、チェ・ミンチョル、パク・ウンテ、皇太子ルドルフ役には キム・スンデ、チョン・ドンソク、イ・スンヨン、ゾフィー大公妃役には イ・ジョンファ、イ・テウォン、フランツ・ヨーゼフ役には ユン・ヨンソク、ミン・ヨンギがキャスティングされて期待を増している。

<写真提供=EMKカンパニー>

Japan FanCafe JYJTheirRooms 翻訳スタッフ sora

http://news.nate.com/view/20111028n12573

『エリザベート』ジュンスの演じる役名について

各国版の間での違い [編集]このミュージカルの重要人物である Tod は、ドイツ語で「死」「死神」を表す単語である。日本以外の各国の公演では、その国の言語で死を表す言葉が役名に当てられている(英訳では "Death")。これは芸術表現である「死の舞踏」や絵画『民衆を導く自由』での例のように、抽象概念(この場合は死)を擬人化するヨーロッパ諸語の慣行によったものである。

宝塚歌劇団での上演にあたって、トップの演じる役が死神という設定では問題があったため(また日本語には抽象概念を擬人化する慣行がなかったので)、この役を「トート」という名前の「黄泉の帝王」という設定に変更された。そのため、エリザベートと黄泉の帝王との愛憎劇に重点を置いた日本版と、エリザベート/ハプスブルク家と死の絡み合いを描いたウィーンをはじめとする各国版では、同じミュージカルでありながら趣が異なった作品に仕上がっている。
http://p.tl/w2NZ
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。