HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJ、地球の反対側のスペインメディアも驚いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ、地球の反対側のスペインメディアも驚いた

SPN原文 
2011-10-3108:02
[イーデイリースターin チョ・ウヨン記者]

PP11100400002.jpg


バルセロナで開催された大韓民国のグループ JYJの公演に、地球の反対側のスペイン現地メディアも驚いた。

JYJは去る29日(現地時刻)午後、バルセロナ プエブロエスパニョール(スペイン民俗村)で 国内歌手としては初めての単独公演を開き、3000人余りのファンたちを熱狂させた。

午後9時30分頃から始まった公演は約2時間 進行され 深夜12時に近くに終わったが、観客は席を離れなかった。スペインだけでなくフランス、ノルウェー、フィンランド、イタリア、ドイツなどヨーロッパ各地から集まった青い目のファンたちは 一様に韓国語で "JYJ" を連呼した。

韓流の不毛地と見なされてた西ヨーロッパ、特に韓国海外同胞数 2000人余りが全部の スペインでのJYJ公演は、数値よりもっと大きな意味が多かった。 その理由はスペイン現地記者団の目を通してそのまま確認できる。

"タイムアウトBCN" のチュセプマリアサリア記者は "最近 K-popの人気が高まり彼らの情報を知りたがる人々が多くなったが、実際にバルセロナで韓国の歌手が歌を歌うといって とても驚いた" と伝えた。

だが彼は、"今回のJYJの公演を取材しながら、多くのK-POPファンたちに会えて、彼らがすごいチームだということを知った。今後のヨーロッパ活動が期待される" と話した。

彼はまたJYJに対して、"まずパフォーマンスが優れててヨーロッパの人々が好感を感じられるイメージを持った。ダンス歌手を見つけるのが難しいスペインで、JYJの強烈なパフォーマンスは若者たちの興味を起こさせるのに充分だ" と評価した。

"マリ カルメン" のドンアイレルイス記者は、"K-POPを聴きながら、若者たちが韓国を訪問したくて韓国文化について知りたくて韓国語を学びたがっている" と伝えた。

彼は "K-POPが流行する前に、ヨーロッパで簡単に触れることができた韓国に対する記事は 北朝鮮核と同じ否定的な記事だったが、今はK-POP記事が目にたくさん浮かびながら若者たちの間では韓国のイメージが肯定的に認識されている" と説明した。

"コラジョン" のマリアホセ記者は "最近になってスペインの若者たちが熱狂する音楽の好みが変わったと感じた。スペインでは良く知られてない国の歌手が来て公演するということが とても異例なこと" と切りだした。

続いて "普段 接しやすかったヨーロッパ文化とは違って、スペインの若者たちが接しずらかったアジア文化に関心を持ち始めた" として "その中一つがK-POPだ。馴染みの薄いアジア文化を知りながらK-POPの認知度とその影響力はますます大きくなるだろう" と見通した。

だが彼は このようなK-POPブームについて冷静な評価も付け足した。彼は "今のK-POPブームが実際はとても熱い状況なのではない" として "私もJYJをよく知らない。だが重要なのは彼らが非常に興味深くて魅力的ということ" と話した。

一方JYJは "スペインで成功できるだろうか" というスペイン取材団の質問に "ファンたちがアジアほど多いとは思わない。それが当然だ" と答えた。

だがJYJは "地球の反対側の 本当に遠い所なのに熱心に応援して下さること自体、とても感謝して驚くこと"としながら
"成功はしたい。もし今回の公演で私たちの音楽を聴いてくれるファンがたくさん出来るなら、それが成功の基準のようだ" と力説した。

JYJは来月6日、ドイツのベルリンに渡り ヨーロッパで2度目のステージであり、今年行なわれたワールドツアーの華麗なフィナーレを飾る。
JYJは去る10月、日本だけでも2回公演で8万人を動員した。
今年JYJは タイ、台湾、中国、カナダ、米国LAとニュージャージー、国内で総10万人以上の観客数を記録した。


Japan FanCafe JYJ TheirRooms 翻訳スタッフ sora

http://news.nate.com/view/20111031n02866?return_sq=1
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。