HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJヨーロッパ ツアー公演後に論議、どのように見るべきか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJヨーロッパ ツアー公演後に論議、どのように見るべきか?

2011.11.05 21:48:22

[パク・インスク記者のピルライト] JYJヨーロッパ ツアー、無念と不満の間

グループJYJの初めてのヨーロッパ ツアーであるスペイン、バルセロナ公演が誇らしく思う人と不満のあまり疑惑の眼差しを送る人がインターネット コミュニティ上で今だに対立点をたてている。

一方はけなされるのが悔しく、もう一方は膨らませるのが不満だという立場だ。

両方全部、理解はいくが現場を見てきた人間の立場ではただ止めさせたい。
そのような消耗的論争は明らかにする必要がないと。

JYJはヨーロッパに今まさに一歩足を踏み出したばかりだ。
韓国でスターで脚光を浴びて、日本でまた新人になって舞台と呼ぶこともきまり悪い場所、いわゆる‘底’から再び始めたその時のように。
ただし彼らは恐ろしくても一歩前に、また一歩出なければならないということを分かっている。

そして大多数の人間は結局そのように勇気を出した人が歩いて磨いた道をただ付いて行くだけだということも。

論議の公演観客規模に対してはすでに記事に書いたのでさらに言及しない。
百人が来たとしても、あるいは百万人が来たといっても人々は本来信じたいことだけ信じるものだとか。

ただし公演前の写真で空いた空間を示して観客数を膨らませたことではないかとの‘疑惑’を提起するのはそのようなことが出来ると見える。 事故を憂慮した主催側が少数で分けて時間差を置いて非常にゆっくり(待つ人が退屈なほど)入場をさせたためだ。それもそのはず、先立ってマンガフェスティバル公演会場では少しでも近く立ってみるために舞台に向かって走ったファンが倒れて床に転がることさえした(そのように倒れても彼女は躊躇なくむくっと起きてまた舞台に向かって走った).

緑眼の西洋人から韓国ファンたち特有の情熱をそっくり見ていようとすれば驚きを越えて感動的であることさえした。
スターのそばにあえて近寄って行くこともできなかった日本ファンが韓流スターらだけには果敢にしがみつくこととはまた違う思いというか。

公演会場の反応は想像以上で熱狂的(これはとてもよく使ってもう少し合う表現を付けなければならないようだが)だった。

公演を終えた直後JYJメンバーは“粛然とした”と話した。 そこには多くの意味が含まれている。

楽観でも悲観でも、あるいは苦くても甘くても、色々な自分が立っている場所を正しく見る時間は意外に多くない。

ただし明らかなのはそういう時間を持った人だけがそれだけさらに成長するという事実だ。

JYJは今週末、今回はドイツでまた、一度の公演を控えている。 どうなろうとまた、一度の少なくない論争が予想される。

しかしこのことは別で、一生直接一度でも見ることがあろうかと思ったスターに会うファンたちは大変うれしいことで、その喜びを思う存分表現するだろう。 スペインがそうしたように。 メンバーは今一度粛然とするかも知れない。

しかしすでに過ぎた経験の時間が、もう少し肯定的で楽観的な方向に導いてくれるだろう。
彼らがある時期日本で一日一日をそのように送ったように。
<シティ新聞>


130920_33057_4740.jpg

Japan FanCafe JYJ TheirRooms 翻訳スタッフ yuri
http://www.headlinejeju.co.kr/news/articleView.html?idxno=130920
スポンサーサイト
Comment
人は人
人とは 好きな人の成功は 嬉しくいくらでもよい評価をする、しかし 反対に悪い印象の場合は 辛い いや最悪な評価をしたがる。直接その目で観たもの、感じた物を評価しインターネットに載せてほしいものだとみる側としては期待したい。また、載せる以上は 公正な目でジャーナリスト精神を持ち載せてらほしい
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。