HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJ"二重契約だなんて"(和訳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ"二重契約だなんて"(和訳)

KBS『ミュージックバンクへの出演ができない理由』の文にびっくり

KBSは、グループJYJの出演と係わって物語に巻き込まれた。

KBSは17日午後、オンラインオフィスの視聴者相談室の『制作陣の回答』の掲示板に『<ミュージックバンク> JYJ放送に出演することができない理由回答リクエスト』というタイトルの記事を掲載した。

これらは17日、"JYJは、前所属事務所(SMエンターテイメント、以下SM)との訴訟が終了されていない関係では、できるだけ客観的な立場から、この訴訟の結果を注目している。通常訴訟等の法的紛争である該当芸能人が番組に出演する場合、進行中の事件に影響を及ぼす恐れがあって出演を自制し、その結果を見守っている"と明らかにした。

JYJ側は直ちに反論して出た。 "KBS側が出した訴訟の場合、昨年裁判所が、SMの従属契約について、一方的に不利な契約であることが認められて無効であると宣告した"というのがJYJ側の反論である。 JYJ側は、ここでは2月にSM側がJYJが活動するのを邪魔した点を認めて、間接強制命令を宣告した状態という点も強調した。

KBSの主張は、誤解の素地が多いというのが法曹界の指摘だ。
SM側が提起した『二重契約』という主張に対し、裁判所は"仮処分決定に基づいて契約の存否に関係なく、現時点では、申請人の会社(SM)が、被申請人であるキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キムジ・ュンスの芸能活動に対して、この件の契約の期限管理ㆍ監督官を行使することができない"と指摘した。

JYJは、『韓国の顔』として様々な政府主管事業の広報大使に出て活動している。先月21日、李明博大統領が出席したなか、世界海外韓人貿易協会の広報大使に委嘱され、3日にも、済州の世界7大自然の景観を選ぶための広報大使に上がった。
これらを国の主管放送局であると同時に、公営放送KBSが『文化産業の発展と秩序を阻害する危険性がある』人物たちだと目星をつけたのは、度が過ぎるという評価だ。

キム・ジェジュン、キム・ジュンス、パク・ユチョンなどSMに専属契約無効仮処分申請を提出してC-JESエンターテーメントと一過性の業務委託を締結、JYJとして活動を開始した。
JYJは、以後、地上波3社の音楽番組はもちろん、<常勝疾走> <遊びに来て>など芸能番組の出演が不発になり外圧説が提起された。

このような状況で、KBSは、裁判所の決定と基本的な事実関係に外れた立場を出してファンたちの怨念の声だけを育てることになった。

スポーツ韓国 2011.05.18 22:53

記事転載 自動翻訳機使用

http://bit.ly/kAaYFu
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。