HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  SMエンターテインメントLA公演の真実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMエンターテインメントLA公演の真実

[イ・ドンヨン韓国芸術総合学校教授]

2010年9月4日、SMエンターテイメントはKポップ超国籍化の重要な契機になったロサンゼルス(LA)公演を開催した。 'SM Town Live 10 World Tour'の二番目の場所であったこの公演はソウルから始まって上海、東京、パリ、ニューヨークなど世界主要都市で行うKPOP グローバル巡礼で最も重要な意味を持っていた。 米国だけでなく世界のポップ音楽の本拠地の中の一つと言うことができる芸能都市LAで行った'SM Town Live'はKポップの脱アジア化を知らせる信号弾だった。 'SM Town Live'はSM所属歌手とグループが総出動する大規模連合公演だ。 以前には主にアジアの国家で開催されたが、LA公演を始めとして、その領域を米国とヨーロッパに拡大していったのだ。

公演前からすでに国内言論は先を争ってこの公演を広報した。 10億ウォンのチャーター機に乗ってLA公演を派手に準備するとか、ハリウッド スター、ジャック・ニコルソンが公演を見るために前売りチケットを購入したという広報記事が壁貼りされた。 公演が終わった次の日から国内言論は'SM Town Live in LA'に対する賛辞を連日吐き出すのに忙しかった。 "LAステイプルス公演大盛況'派手な米進出"(ソウル新聞),"東方・スジュ・ソシ.. SMの主役ら米国LA惹かれた"(ニュースエン),"米国に吹いたK-POPの風… 15,000人多国籍ファンたちSMに熱狂した"(ノーカットニュース)は題名の記事が一日中インターネット ポータルサイトのメインを飾った。

ところで、一つ疑問を感じたことは、言論がどのようにこのような賛辞を、あたかも約束でもしたように、この一時に吐き出したかという点だ。 その公演は、本当にマスコミの報道のとおり成功的であったか? 'SM Town Live in LA'公演には、二種類、具合の悪い真実が隠れている。 一つ目は、この公演を取材するために主要日刊紙、インターネット メディア、放送会社など、国内20個余りの報道機関が、SMが提供したチャーター機に乗って、同行取材をしたという事実だ。 もちろん、すべての航空料、宿泊費など、取材に必要な経費はSM側で負担した。 公演翌日SMのLA公演が、インターネット ポータルサイトに貼られて報道されたことは、他の見方をすれば当然だ。 とにかく、便宜を提供されて同行した記者たちは、報酬に報いなければならなかったためだ。

二番目の具合の悪い真実は、実際に、この日公演に集まった観客が、皆チケットを買って入ってきたかという点だ。 言論では、1万5000人の観客がこの公演チケットを買ったし、70%が非東洋人らだったと報道した。 しかし、この日、公演を直接見に行ってきた観客らの証言を聞いてみれば、実際公演会場の状況は、マスコミの報道と大いに違ったという。 私が調べてみた参席者によれば、観客らの相当数が、チケットを無料で受けて公演会場に入ってきたという。 それにもまして、この日出演する歌手が誰なのかも知らずに入ってきたヒスパニック系観客らもいた。 公演会場の外でチケットを無料にばら撒くのを目撃したという観客らもあった。 70%以上が非アジア系というものも事実でなく、大部分の観客は東洋人らとヒスパニック系で満たされたという。 もちろん、チケットを購入して入ってきた観客も多かったが、誰かがチケットを大量購入して客席を満たすためにチケットをばらまいたり、でなければ、初めから有料チケットの観客が、言論に報道された内容とは違うように低調だったと疑われる部分だ。 筆者も直接行ってみたLAステイプルス センターは、座席が総2万5000席規模で、コートにスタンディング席まで勘案すれば3万5000席がはるかに越える。 舞台セッティングのための座席を考慮してもステイプルス センターで売り切れをするためには、少なくとも2万5000席以上のチケットが売れなければならない。 "ステイプルス センターの屋根の端まで連結された1万5000席の席をいっぱい埋めたファンたち"(韓国経済)と同じ記事は、厳密に言ってみれば事実と距離が遠い。 興味深く2011年9月にあった'SM Town Live in New York'の記事を読んでみれば、LA公演と同じ数字が出てくる。 偶然の一致なのかは分からないが、1万5000人の観客らに70%が非アジア系という統計までも同じだ。 誰かがすでに作成した報道資料を言論が書き取っていないかという疑問を感じる。



20120125-1.jpg
▲Kポップはすなわちアイドル音楽だ。 ファンたちの目に見えない裏面には、この欲望が時々刻々お金で換算されていて、これを通じた富の実は少数が享受する。 トゥエニワンの公演の姿. (c)ニューシス


Kポップの株式コネクション

さらに興味深いのは、Kポップに対する好意的な記事が、記事それ自体で終わらなかったという点だ。 SM Town Live LA、パリ、ニューヨーク公演がある時ごとに、言論で吐き出したことでの同様な称賛性記事が狙う、最終終着点は、すなわち株式コネクションだ。 一例で、この公演が終わった後のメディアの集中照明は、SMの株式価値を高めるのに決定的な役割を担当した。

アイドル ポップの芸能製作は、単純にマネジメントの売り上げ資本にだけ産出されない。 アイドル ポップは実際的な経済的利益だけでなく、象徴的な資本の効果が大きいから、無形の資産を取得する可能性が多い。 代表的なものが、すぐにアイドル ポップと関連した株式資本だ。 芸能製作社の収益構造の最終地点は、芸能製作を通した純売り上げを土台に、安定した企業と認められてコスダックに上場することだ。 アイドル スターらの認知度は、コスダック上場のために適切な機会要因になって、これらの認知度を土台に投資家を求めて株式の価値を高める戦略は、アイドル ポップの芸能製作と株式資本が結合する典型的な形態だ。 2008年韓国アイドル ポップ マネジメントの先頭走者'SMエンターテイメント'の最大株主イ・スマン会長は汎アジア韓流スター、ペ・ヨンジュンを抜いてエンターテインメント市場で最高の株式保有者になった。 2008年を基準としてイ・スマン会長が保有した'SMエンターテインメント'の総株式街は191余億ウォンに達した。 イ・スマン会長が保有した株式価値は少女時代の'ジー(Gee)'熱風以後急上昇した。 2010年には少女時代を始めとした所属アイドル グループの人気で彼の株式価値は何と1000億ウォンまで上がった。 これに増して、LAとパリであった二回の'SM Town Live'公演を基点にイ・スマン会長の株式保有市価総額は1600億ウォンまで突き上がった。 そして2011年'SM Town Live'ニューヨーク公演以後には2000億ウォンを越えるに至った。 2008年191億ウォンに過ぎなかった株式価値が3年だけで十倍を超えて突き上がったのだ。


20120125-2.jpg



コスダック上場と株式価値増加に血眼になっているKポップ製作会社はただSMだけでない。 JYPはコスダック上場のためにピの所属会社のJ.Tuneエンターテインメントの株式を大量確保して最大株主になるような迂回上場を通じてコスダックに上場をしたし、以後パク・チニョンとMiss AがJ.Tuneに所属を移して会社名をJYPエンターテインメントに変えた。 以前製作会社のJYPと上場企業のJYPエンターテイメントは形式的に二つの独立した会社だが、事実上同じ会社なのでまもなく合併をする予定だ。 ビッグバンと2NE1の爆発的な活躍を土台にYGエンターテインメント社も2011年末コスダック上場に成功した。 YGの代表ヤン・ヒョンソクはコスダックに上場するやいなや1400億ウォン台の株式を保有した芸能界の二番目に大きい人になった。

Kポップの熱風が吹く間、実際に大きい変化があった所は株式市場だ。 Kポップ関連株は実際これら企業の資産規模と売り上げ規模に比べて過度に過大評価されていて、一種の人為的に調整されたバブルが存在する。 Kポップの排他的な芸能製作システム、そのシステムを堅固に後押しする放送芸能番組、そしてKポップの能力を誇大報奨するメディアの報道が互いに関連してKポップの株式価値を高める。 過去のようにアルバム準備のために暫定活動を中断をしたことと違い、最近はアイドルはシングル曲を引き続き発表しなければならないからまともに休む機会さえ与えられない。 これは一方で株式をずっと維持して上昇させるための戦略でもある。 アイドル グループの苦難の活動、そしてこれに対するメディアの報道が最終的に帰結される所はまっすぐに株式資本だ。


放送は誰のために鐘を鳴らせるか

去る、正月連休期間に際して放映された3大地上波放送会社の代表歌謡プログラムは、アイドルが占領した。 '放送会社を占領しなさい!'という製作会社の命令があったのであろうか、3つの放送会社の歌謡プログラムはアイドルに因って全部占領された。 まず、この3つのプログラムの進行者と出演陣を調べよう。


出演者表
20120125-3.jpg


上の3代プログラム進行者と出演陣を見れば、90%以上がアイドル グループらで満たされているということが分かる。 Kポップの熱風が本格化する以前と比較するとはるかに高い数値だ。 出演陣らも大部分重なって、進行する方式は、やはりほとんど似ている。 出演陣らを調べれば、事実上プログラム間の区別にならないほどだ。 三プログラムは事実上音楽的に何の差がなくて、数えきれない程あふれ出るKポップ アイドル グループらを広報するために存在するといっても過言ではないほどだ。 なぜこうしたことが広がったのだろうか?

放送会社歌謡プログラムの芸能ディレクターは、大部分こういう質問を投げれば視聴率のためというが、実際3つの放送会社の視聴率は平均5%台を少し上回る。 歌謡プログラムのアイドル占領は視聴率とは違った、複合的な問題が入っている。 最も大きい問題は、放送会社芸能局で歌謡プログラムの枠組みを最初から青少年が視聴するアイドル中心に固定させたという点だ。 歌謡プログラムの差別化戦略であると見ることもできるが、これはKポップのジャンル化を殺す結果になった。 歌謡プログラムの効果はそれ自体だけで終わらないで、派生効果を産む。 アイドルは歌謡プログラムの出演を基点に他の芸能番組進出を狙う。 アイドル企画会社が望むからだろうが、芸能局が願う場合もある。 過去放送関係者から流れるうわさによれば'歌謡プログラム一回出演に芸能番組3回出演'という無言の約束があったというように'1テ100ラ(1テレビ100ラジオ)',すなわちTVに一回出てくることがラジオに百回出てくることより広報効果がより良いというジョークがあった。 商品価値が高いアイドルを芸能局で捉えるためにはアイドルを集中出演させなければならない利害関係が存在して、反対に1年に50チームずつデビューするアイドル グループが放送に顔を映すためには歌謡プログラムに首をくくるほかはない。

胸が痛いことだが地上波、ケーブル芸能局ディレクターが過去から定期的に出演の代価でいわゆるPR費を受けて拘束された事例が多かった。 1997年、2002年、2008年芸能局看板級ディレクターら10人余りが放送プログラムを演出しながらPR費を受けて検察に拘束された。(注1) 私が直接情報提供に関与した2002年歌謡界PR費の事態の時にも多くの芸能ディレクターがかかわったし、その中には拘束されたディレクターらもあった。 当時本人達がくやしく汚名を受けたと言ったディレクターらの大部分も2008年にわいろの授受疑惑で拘束された。 これらの中の一部は特定芸能企画会社の株式を保有していたし、現金でない株式がPR費の新しいワイロ贈与方式で浮び上がった。 そのようなことがあってはいけないが、現在の主要アイドル製作会社が株式上場を終えた状態で放送会社芸能局ディレクターがこれら会社の株式をどれくらい保有していて、どんな形態で株式を保有したのか、その金額はいくらなのかを把握するのは、Kポップを主導するアイドル歌手が、どのように放送会社芸能番組に集中出演する慣行が生じたのか理解する重要な端緒になり得る。


Kポップ、放送、株式の三角同盟

20120125-4.jpg
ケーポップはもう放送だけでなく株式市場、と政界まで動く力を保有した。 '鉄の同盟'が強力なペンドムを着て生じたのだ。 このペンドム形成の後にどんな欲望がうごめいていているだろうか。 (c)ニューシス

私が判断するのに、ケーポップ製作会社-メディア-株式市場が三角同盟を結んだことは事実であるようだ。 もちろんこの同盟が、故意的で露骨でおおっぴらなことかはよく分からない。 だが、これらが互いに自分たちの利害関係のために相互扶助しているということだけは明らかだ。 この過程で私が憂慮するのはすぐに誤った情報、意図的シナリオによってKポップの実体がわい曲されるということで、このわい曲が韓国の大衆音楽、大衆文化環境をまたわい曲させるという点だ。 分かってみれば一般大衆がひたすら望むことだけではなかったし、この過程でいわゆる文化資本の利害関係を持っている当事者が人為的なトレンドを作って、見えない巨大なKポップ コネクションを形成しているという疑問を抱くようだ。 なぜならこのように放送、メディア、芸能産業、株式市場がアイドルに気が気でなく、ぶら下がる現象が正常ではなく見えるためだ。 'Kポップ-放送-株式'の三角同盟は私たちの社会独占を正当化する'三星神話'の論理、反則が少しあってもグローバル競争力で国の品格高い先進社会成し遂げようというMBの国政哲学のまた他のバージョンだ。

/イ・ドンヨン韓国芸術総合学校教授


http://m.pressian.com/article.asp?article_num=30120123190932

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri



注1
2002年のPR費事件ですが、この操作の過程で、SMイスマンの横領が発覚します。アメリカに渡っていたイスマンは帰国せずに、国際指名手配とされました。イスマンは、懲役2年執行猶予3年の判決を受けました。
参考記事はこちら→http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-238.html
スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。