HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「KBS」と「C-JESエンターテイメント」の公式立場(記事和訳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「KBS」と「C-JESエンターテイメント」の公式立場(記事和訳)

【KBS側 公式立場】

KBS "JYJ,新曲出れば'ミューバング'出演も可能"公式立場

2011-05-19 20:56

[イーデイリーSPNヤン・スンジュン記者]

KBSがグループJYJの2TV『ミュージックバンク』に出演規制の論争について、"JYJが、新しいアルバムが出れば、出演も可能"と19日の公式立場を明らかにした。そして、"JYJの出演決定するかどうかは、製作陣が自主的に判断する"とした。

KBS広報チームはこれまでJYJの『ミュージックバンク』で見ることができなかった理由として、"新曲が出ていないからだ"と答えた。

ドラマOST以外の新曲が出てきてこそ、製作陣側から交渉をすることがあるのに、JYJが今年2月中旬以降に新しいアルバムが出てこなくて『ミュージックバンク』に出てくることができなかったのがKBS広報チームの説明だ。

KBS広報チームはJYJの『ミュージックバンク』などの芸能番組出演可能な時期を2月中旬にとられたものについては、JYJがSMエンターテイメント(以下SM)との訴訟が進行中だったという点を挙げた。
裁判所は、去る2月17日SMがJYJを相手に提起した専属契約の効力停止仮処分の一部の認定に関する異議申立と、C-JESエンターテーメントとJYJの専属契約の効力停止仮処分申請を全部棄却した。それ以前には、裁判所の判決に影響を与えることが出る恐れがあるので、通常の慣例でJYJの芸能出演を自制してきたというのが、KBS広報チームの話だ。

KBS広報チームは、視聴者相談室に去る17日上って来た『JYJ『ミュージックバンク』に出演自粛の芸能局の立場』を18日午後、削除されたことについては、"業務上の手違いで誤って削除した"と釈明した。

KBS広報チームは、"該当の投稿は、視聴者相談室で受けたお問い合わせについて、2月の製作陣が回答したはずなのに(視聴者相談室の)仕事の手違いにより、一歩遅れて掲示されて投稿をおろした"と説明した。

一方JYJは、去る2009年8月から、前所属事務所SMと専属契約の問題をめぐり法廷紛争が続いてきた。

芸能局は、これに視聴者相談室に去る2月25日提出されたA氏の『JYJがなぜ『ミュージックバンク』に出演することができず、チャートの集計から除外されたか』という問い合わせにJYJがSMエンターテイメント(以下SM)と訴訟中のポイントと二重契約問題などを挙げ、『法律的な問題はもちろん、文化産業の発展と秩序を阻害する危険性があると判断して出演を抑制したこと』という立場を出したが暴風が激しく起こった。

JYJマネジメントを担当しているC-JESエンターテーメントは、すぐに公式の立場を出して、"去る2月には、裁判所が契約無効に力を加えて、SMのJYJ活動の妨害を認め、それに伴う間接強制命令を宣告した"とし、"KBSが主張しているの部分は、つじつまが合わない"と反論して議論が広がった。

PP10122000012.jpg

http://news.nate.com/view/20110519n23279

***************************************************************************************************

【C-JESエンターテーメント側公式立場】

JYJ側、"アーティストは弱者、外圧勝ち抜いてKBS出演希望する"[公式立場]

2011/05/ 19 20: 26

[ティブイデイルリ=キム・ジンギョン記者]

C-JESエンターテーメントが19日KBSで発表したJYJの出演論議に対する公式立場を伝えた。

JYJの所属会のC-JESエンターテーメントのペク・チャンジュ代表は、19日報道資料を通じて"KBSがJYJの正式アルバム発売時に出演させるという公式立場に感謝申し上げる"と立場を明らかにした。

ペク代表は"最近の事例を見ても放送会社で様々な理由を問わず、出演を拒否することに対してアーティストは事実弱者でなければならない"として
"また、去る2月裁判所ではSMエンターテインメントが、JYJのアルバム製作会社のワーナーミュージックに公文書を送った点を認めて活動妨害に対する賠償判決を下したことがあるようにJYJの正式アルバムはまだ越えなければならない山が多い"と伝えた。

彼は"だが、私たちは待って下さるファンたちのために見えない外圧を勝ち抜いて、正式アルバムをリリースすることで、その時ミュージックバンクを通じて視聴者を訪ねることを希望する"と明らかにした。

引き続き"ただし、現在の状況は出演可否が論点でなく、公共掲示板にJYJに被害になる誤った内容の文が載ってきたところに対して視聴者たちが誤解しないように訂正してくれるのをお願いして、現在広がる一連の状況らをファンたちと視聴者たちの立場でもう一度考えてほしい"と了承の言葉を付け加えた。

一方、KBSはJYJ出演禁止論議に対して、"JYJが'ミュージックバンク'に出演できないのは、出演基準のアルバムが発売がなされなかったため"としながら"ドラマOSTの場合、出演対象ではなくて正式に新しい曲を発売してこそ出演対象になる"と立場を伝えたことがある。

http://media.paran.com/enter/view.kth?dirnews=1700783&year=2011&pg=1&date=20110519&dir=5&company=td

★KBSとの関係が悪化するのでは、という記事もあり心配でしたが、
ペク氏の思慮深い大人の対応に感動します。
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。