HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  チョ・スンウ兄と比較、本当にとんでもないです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョ・スンウ兄と比較、本当にとんでもないです

朝鮮日報 2012-01-30 14:19

ch_1327900742_-65799548_0.jpg

ミュージカル'エリーザベート'主演キム・ジュンス

2009年後半ミュージカル'モーツァルト!'製作会社のEMKミュージカルカンパニーは'東方神起'の前メンバーシア・ジュンス側と詰めの交渉を行っていた。 シア・ジュンスはアイドル歌手では最高だったがミュージカル経歴は一度もなかった。 製作会社の提示額とシア・ジュンス側要求額は相違が生じた。 公演会場は3000席規模の世宗文化会館大劇場だった。 "どうせ3階まではいっぱいにすることはできない"ということが製作会社側の意見だった。 状況はシア・ジュンス側の一言で整理された。 "私たちのジュンスはいっぱいにすることができる。"

'私たちのジュンス'は実行した。 2010年1月'モーツァルト!'が幕が上がるとすぐに世宗文化会館3階まで人波がぎっしり詰まって裂けんばかりだった。 日本の中年女性数百人が片手には飛行機チケットを、もう片方の手には鳥類観察用望遠鏡を握りしめて彼を見に海を渡ってきた。 ランニング ギャランティーがかかったシア・ジュンス側は一回当たり3000万ウォンという驚くべき身代金を持っていった。 昨年彼の二番目の作品'天国の涙'はチケット オープンするごとにサーバーがダウンする騒動を展開して短く5分内にチケットが売り切れた。


'私たちのジュンス'シア・ジュンス(実名キム・ジュンス)が来月9日開幕する'エリザベート'で男主人公トート役を担う。 去る27日ソウル、中区 貞洞(チョンドン)のあるカフェで会った彼はヌナファンたちを失神させる力がどこから出てくるかと思うほどきゃしゃに見える25才青年だった。 約束時間で8分が遅れたが"申し訳ない"として頭を下げた。 彼は練習時間に絶対遅れない誠実なことで関係者たちの間でも称賛が広がっている。

―'ミュージカル王様'のチョ・スンウとチケット パワーが比較されたりする。 本人の考えはどうなのか?

"本当にとんでもないです。 どうか比べないでください。 スンウ兄はミュージカル界で最高ではないのですか。 ありがたいお言葉ではあるがせいぜい三作品に出演する私と比較しないでいただきたいです。 私が10作品以上出演した後に比較して下さるならばその時は隠れたい程ではないと思います。"

―ミュージカル デビューの時には誰もシア・ジュンスがこのように成功するとは思わなかった。 自ら考える成功要因は?

"ミュージカルの提案を受けて一週間眠れませんでした。 (前所属会社のSMエンターテインメントから)独立した後初めての歩みだったために途方もなく悩みましたよ。 ミュージカル界にアイドルに対する先入観があるとのことも十分聞きましたし。 しかし、私しか私を守る人がないということ、これ以上止める垣根がないという点のために切実でした。"

―アイドルなので大変な点もありそうだけど?

"アイドルはもろ刃の刃です。 簡単に主役を演じてスポットライトを受けるが強いくびきですから。 ミュージカルをしながらそのくびきを克服したし、人生を習いました。 '外の世界を夢見ようとするなら痛みを耐えなければならない'とは'モーツァルト!'劇中歌を聞くたびに内心たくさん泣きました。 芸能人だから受ける大衆の視線にストレスが大きかったが、それを代弁してくれましたよ。"

―ミュージカルは歌の他に色々な要素が入るが、どの点が最も良いのか?

"初めてミュージカル舞台に立った時はとんでもなく恥ずかしかったです。 やってみるとコンサートとは全く違う快感を与えたのです。 舞台で二時間の間アイドル シア・ジュンスでなく他の人間として過ごせて良いです。"

彼は2009年7月東方神起前メンバー二人と共にSMエンターテインメントを相手に契約期間と収益配分などが不公正だとし専属契約無効訴訟を起こした後JYJとして独立した。 以後歌手としてJYJの地上波放送出演はなされないでいる。 こういう状況に対して尋ねると彼はしばらく答えることができなかった。 1時間超えてどんな質問でも気兼ねなく答えた彼であった。
"(過去に)安住してはいけないということでしょう。 さらに歯をくいしばることになります。 さらに熱心にするべきだとの思いがあります。 選択した仕事ができるということ、それが今私どもの(JYJ)に一番幸せな点だと考えます。"

―多くの10代が第2のシア・ジュンスになるのを夢見ているが?

"私はまた生まれ変わるならば絶対に芸能人にならないでしょう(彼はこの話を3度繰り返した). もちろん今まで私の人生に後悔はないです。 愛されるのは幸せですね。 しかし、アイドル オーディションに合格した15才以後にドアを開けて外に出て緊張しなかった瞬間がただ一度もないです。 ロッテワールドも一度行ってみることができませんでした。 わけもなくしたかと思う考えも時々聞きました。 他人の刺激的な話まで耐えなければならないのが大変だったんですよ。 しかし人生には失うのがあるということが当然という事も認めながら周囲を見回すことができて感謝することになりました。"

新しい作品'エリザベート'に対しては"一緒にトート役を代わる代わるする(リュ)ジョンハニ兄、(ソン)チャンニ兄、エリザベートを引き受けたキム・ソニョン姉、オク・ジュヒョン姉と演技することが大きい勉強となる"と話した。 "この頃はミュージカル音楽ばかり聞きます。 いつか作品性だけで選択する小劇場のミュージカルをしてみたいです。"

訳 Japan FanCafe JYJ TheirRooms  yuri
http://news.nate.com/view/20120130n01317
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。