HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  [ストーリーテリングプレビュー]トートと共に最後の踊りを! ミュージカル‘エリザベート’

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ストーリーテリングプレビュー]トートと共に最後の踊りを! ミュージカル‘エリザベート’

2012.02.03 23:47

2月9日から5月13日までブルースクエアで公演

13282759516386.jpg


無政府主義者ルキーニは皇后エリザベートを暗殺した疑惑で100年間、命をかけて裁判を受けるところだ。 彼は判事に自身が彼女を殺したのでなくエリザベート自らが死を望んだし、一生の間死を愛したと主張する。 作品は100年間続く裁判に抗弁するルキーニを始まりに観客を劇の中に呼び入れる。

エリザベートは幼い時期から活気あふれて自由奔放な性格の少女であった。 ある日木に登ったが落ちながら超越的な存在の‘トート’と対面する。 エリザベートの美しさのとりこになった‘トート’は彼女を生かして彼女に付いてまわり、そばをぐるぐる回ることになる。

皇帝フランツ、ヨーゼフはエリザベートに一目惚れして、お母さんゾフィーの反対を押し切ってエリザベートと結婚する。 だが、厳格な皇室の生活と合わないエリザベートの自由な考え方が姑との葛藤を起こして、姑ゾフィーは彼女をより一層縛ろうとする。 おりしもその姿を闇の中に見守った‘トート’が真の自由を与えようとして絶えずエリザベートを誘惑する。

一方政治的影響力がますます大きくなるエリザベートに姑ゾフィーが危機感を感じて計略を企む。 ヨーゼフが浮気をしたように見せて夫婦の間を遠ざかるようにさせる。 その渦中に‘トート’はエリザベートの息子ルドルフに現れてお父さんヨーゼフと対抗するようにする。 政治と思想問題でお父さんと対立したルドルフはついに自殺を選択する。

皇后エリザベートは不幸な結婚生活の中で自由を失って、息子の死までも経験し、より一層荒廃した人生を生きていくことになる。 そしてついに‘トート’がエリザベートのために無政府主義者ルキーニに刃物を渡す。

練習現場写真で前もって会うミュージカル‘エリザベート’主要場面ら

13282759896095.jpg

ヨーゼフ皇帝とエリザベートの結婚を祝う舞踏会場. 皇后として教育を受けることが出来ないエリザベートを置いて祝いの客らの噂話が始まる。 ワルツを踊るエリザベートと皇帝の前に嫉妬を感じる‘トート’が現れて最後の踊りは自分と共にするべきだと誘惑する。 (1幕、‘彼女はここに似合わなくて’、‘最後の踊り’)

13282760088307.jpg

大公妃ゾフィーは自由に生きてきたエリザベートの全てのものが皇后と似合わないと叱りつける。 皇帝ヨーゼフを信じて王室に入ってきたエリザベートは夫に助けを乞うが彼はお母さんの忠告を受け入れろと話す。 鳥篭の中の鳥のように生きられないと考えたエリザベートは私は私だけのこと、人生の主人はすなわち私として切なく大声をあげる。 (1幕、‘皇后は光らなければならなくて’、‘私は私だけのこと’)

13282760278918.jpg

無政府主義者ルキーニは皇室に批判的だ。 彼は牛乳店の前で牛乳を待つ人々に牛乳で入浴しなければならない皇后のために牛乳を与える事が出来ないという事実を知らせる。 飢えた市民が怒って、ルキーニは彼らの怒りを力で舞台を吹き荒れるように占領して行く。 (1幕、‘ミルク’)

13282760490255.jpg

エリザベートの助けでヨーゼフはハンガリーの王と推戴されて戴冠式を執り行う。 エリザベートは自身を称賛するハンガリーの人々を見て新たに成就感と勝利感に浸る。 ‘トート’とまた思いがけなく会ったエリザベートは操縦された人生から抜け出して自身が勝利したと話してこれからすべてのことを私が決めることになると話す。 (1幕、‘私が踊りたい時’)

13282760630661.jpg

エリザベートの息子ルドルフはお父さんに反して新しい変革を夢見る。 共謀者らとの出会いのためにハンガリーを訪れたルドルフの前に‘トート’が現れる。 ‘トート’の存在はルドルフに幼い時期から孤独になる度ごとにそばにいた友人であった。 ‘トート’はルドルフの反抗心をより一層そそのかして皇太子の彼が世の中を救うことができると話す。 (2幕、‘影は長くなって’)

13282760842769.jpg

エリザベートはルドルフが死んで、より一層悲しみに陥って宮を遠ざけることになる。 ヨーゼフはエリザベートに初めて愛を告白した湖でまた彼女に会う。 皇帝は彼女に今一度愛を告白して帰ってくることを求めるがエリザベートはすでに幸福がとても遠いところに来てしまって元に戻せないと話す。 (2幕、‘幸福はあまりにも遠いだろうに’)

韓国で初演されるミュージカル‘エリザベート’はキャスティングでも多くの話題を産んだ。 皇后エリザベート役にキム・ソニョンとオク・ジュヒョンが、魅力的なトート役にリュ・ジョンファンとソン・チャンウィ、キム・ジュンスがキャスティングされた。 この他にもルキーニ役をキム・スヨン、チェ・ミンチョル、パク・ウンテがヨーゼフ役をユン・ヨンソク、ミン・ヨンギが引き受けて多様な実力派俳優らの派手な舞台を見ることができる予定だ。


パク・セウン記者newstage@hanmail.net
訳 Japan FanCafe JYJ TheirRooms  yuri
http://v.daum.net/link/25266451
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。