HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジュンス  »  ジュンス  ロングインタビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュンス  ロングインタビュー

キム・ジュンス|“ミュージカル<モーツァルト!>をしながら治癒を受けた” -1

キム・ジュンスとのインタビューが終わってアルフォンス・ドデの小説の一節が浮かんだ。 星の中で最も美しく光る一つの星が道に迷って私の肩で寝入っていることだと考えていました。 2010年、いつでもどこででも輝いていたし、高いほどにも限りなく遠いのみであったキム・ジュンスはミュージカル<モーツァルト!>で流星になって突然に目の前に現れた。 言葉の代わり歌った歌は涙となり、涙は肥料になって空でない大地に丈夫な根をおろし始めた。 そして‘私の運命を避けたい’で泣き叫ぶモーツァルトに自身を120%投げたキム・ジュンスを見て、観客は結局彼をありのままの姿で眺め始めた。 自身の名前を探して、心を取り出すことまでかかった7年の時間。 このインタビューが意味あるならばその歳月を本人の声を通じて聞かせたためであろう。 星は大地でより一層輝いた。

10.いつのまにか三回目のミュージカル<エリザベート>の初めての公演を控えている。 何も知らずに始めた時と比較するとちょっと楽になったか。
キム・ジュンス: 練習はすべてしてある状態だがまだ舞台に直接立ってみないので実際よく分からない。 <モーツァルト!>初演の時も感じたが、ミュージカルは練習と実際の舞台が全く違う話だよ。 観客との疎通もそうで、照明や舞台装置が与える力も違うし。 幸い以前よりは‘こういう雰囲気ではこういう感じが出ないだろうか’とする下絵はちょっと描くことができるようになった。

“最近はミュージカル音楽だけ聞いて大変なことになるほど”

ta_1328745662_-1255120226_0.jpg

10.<モーツァルト!>でミュージカルを最初に始めた時は全く新しい領域であっただけに当惑することも珍しかったりもしただろう。
キム・ジュンス: 生涯初めて見たミュージカルが私が演じた<モーツァルト!>だっただけにこのジャンル自体がとてもなじみがうすかった。 芸能人がミュージカルをする時観客や関係者たちが持つ良くない視線に対する話も多く聞いて、どのように受け入れてもらえるか気になったし。 ところで音楽が新世界であった。 歌謡やポップスで感じることはできない雰囲気と雄壮さ、そこにすべての音楽が全部生ライブという事が最も良かった。 その後で暇が出来るたびにミュージカルを見て歩き始めたし、それにもまして、これが若干変わっている。 音楽もあまりにミュージカル音楽だけ聞いて大変なことになるほど影響をたくさん受けていて。 (笑い)

10.その時客席で初めてで見たミュージカルの感じはどうだったか。
キム・ジュンス: (イム)テギョン兄が演ずる初めての公演を見たがテギョン兄はベテランなのにモーツァルトが出てくるたびに私はすっかり震えた。 一緒に練習する時兄はここで間違ったのに(笑い)その感じがあって見るからはらはらして、兄が無事によく演じきると、ちょうど安堵のため息をついて。 舞台で私はどのようにするか、そのような考えもして。 私も心配すれば良いけれど。 アハハ。 その時はきて、本当に神経が過敏になっていたようだ。

10.100%観客の立場で見られなかったようだ。
キム・ジュンス: どうしても時期自体がとても大変な時であったから。 6~8ヶ月間の空白を経た後に初めてする歩みであり。 事実誰でもどんな集団を出て初めて何かするということはそれ自体だけでも大変で緊張するのではないか。 その上に今までやって来た自信がある分野でなくなじみがうすいジャンルというもので負担にたくさんなった。

10.本人に何の情報も、感情もないジャンルだったがどのように始めることになったのか気になる。
キム・ジュンス: 2回ぐらい拒絶をした。 初めにオム・ホンヒョン代表様と話す時、話がみな終わり出て行きながら“あのう、できません”と言いました。 (一座爆笑)以後また連絡がきて音楽だけ聞いてみろとおっしゃいましたよ。 DVDを見たが‘私の運命避けたくて’を聞いては大騷ぎが起こった。 何だ、こういう音楽があるのか! としながら。 (笑い) それでもできないと申し上げたのに、台本をみな読んだ後に、突然やりたくなった。

10.どこに深く引かれたことなのか。
キム・ジュンス: 多くの人々がモーツァルトはお金もよく儲けてあらゆるものを持った天才作曲家と知っている。 ところで私も音楽をする立場なのでそうなのか、天才だったために不幸だったと考える彼から私を見た。 モーツァルトが歌う歌の他にもすべての歌詞が私がしたい本当の話、私の心だった。 当時そのような話を私が直接伝達してはいけない状況だったが歌を歌うならばわかってもらえるという感じだった。 歌いたくなったし、負けん気が生まれた。


“まだ<モーツァルト!>の話をすれば涙が出るようだ”

ta_1328745662_-1254885534_1.jpg


10.歌手でデビューして長い時間とても多くの歌を歌ってきたが<モーツァルト!>の中での歌詞がとりわけ切実に迫ったようだ。
キム・ジュンス: その間愛を苦しく感じる歌を歌ってきてたけど、十八、十九歳が何の愛を分かったものか。 (笑い) それでも‘フォーエバーラブ’のような東方神起の日本の歌は歌詞が本当に良かった。 歌詞に、歌を歌った当時私が感じた感情が表現されればとても良かったようだが、<モーツァルト!>の曲らがそうだった。 ‘黄金の星’の歌詞を見るのに本当に込み上げてきた。

10.どんな歌詞だったか。
キム・ジュンス: 王は王子が心配で城壁を高めて門も堅く閉じる。 だが、王子は城壁の外の世の中を夢見るが、本当に自身が願う黄金の星があるならば城壁を越えて世の中の外に出て行かなければならないという内容だ。 愛は拘束しないこと、愛は自由に置くこと、こういう歌詞.


10.それがモーツァルトを、そしてあなたの背中をおした力だったようだ。
キム・ジュンス: 公演をしながら治癒を受けた。 ‘黄金の星’はモーツァルトの才能を認めた男爵夫人が歌う曲なのに、事実その場面でモーツァルトはそのまま気持ちだけ良ければ良い。 あどけなく‘パパこの話ちょっと聞いてみます’とすれば良いのに私は毎日泣いた。 泣かないべき、泣かないべきだとしても歌詞を聞いているとそうすることはできなかった。 私の姿をそのまま愛してくれという‘なぜ私を愛さないのですか’を歌う時もとてもたくさん泣いて歌に邪魔になるほどだったが、その話をすればまだ涙が出てくるようだ。

10.当時の状況とミュージカルの内容がかみ合わさったし、そこに真正性という面が目立っていながらアイドルのミュージカル進出に対して反感を持った観客らまで関心を持ち始めた。
キム・ジュンス: 私は一連の段階を経て主演になったのでなくアイドルスターとしてモーツァルトになったことだ。 やろうとしないかった理由がそれであった。 私がもしミュージカル俳優だったら私もやはりそんなに気分が良くなかっただろう。 そうしてとても迷ったが、上手に出来る、出来ないを離れて、真剣に真正性を持って接近するならば嫌われはしないだろうという考えで本当に熱心にした。 そして俳優達が一つでも多く教えようとしたし、そのおかげで集中力があるように公演ができた。

10.同じ状況にあったJYJメンバーはどのように受け入れたか。
キム・ジュンス: (パク)ユチョンと(キム)ジェジュン兄も公演を見て泣いた。 作品も作品だったが、私が上手に出来る出来ないのかを離れて何かをやり遂げたこと事態に感激を受けてであったようだ。 三人の中で私が一番初めにて出てきたから。

10.自らも“<モーツァルト!>はミュージカル作品それ以上の意味を持っている”と話すほどであったからモーツァルトと別れるのは簡単でなかっただろう。
キム・ジュンス:‘私は私は音楽’は自身が感じるのを音楽で表現する、ある意味幸福を話す曲なのに、モーツァルトは死ぬその瞬間までもその歌を歌う。 それが本当に悲しかった。 ミュージカルは<モーツァルト!>だったためにしたようだ。 死ぬ時までどんな配役をしても<モーツァルト!>だけはNo.1だと話すことができる。 その作品が良くても当時全てのものに自信がなかった私に勇気と希望を与えた作品であるから。 昔には尊敬する偉人といえばカン・ガムチャン将軍、世宗大王と言っていたのに、申し訳ないが今はモーツァルトという。 (笑い)

訳 Japan FanCafe JYJ TheirRooms  yuri
http://news.nate.com/view/20120209n05222


****************************************************************************************************

キム・ジュンス|“自信があるのは<ガイズ&ドールズ>のように面白いもの” -2

10アジア 
2012-02-09 09:01

2012年、キム・ジュンスの新しいミュージカルは20年間オーストリアで最も愛されている<エリザベート>である。モーツァルトのように自由を夢見た皇后エリザベートの一代記を描いたこの作品で彼は、リュ・ジョンハン、ソン・チャンウィとともにファンタジー的なキャラクター‘死神’(以下:トート)を演じる。経験が入り込むことができた天才作曲家と純粋な青年(“天国の涙”)に比べて“実存しない存在”というキャラクターは、彼に更に多くの想像力を必要とさせる。真正性と同様にミュージカル俳優としてこれから解決すべきテクニック的な宿題も多い。だがキム・ジュンスは言う。“どんな作品をしても本当にミュージカルを愛してしていることを観客が認識できるように演技をしたい”と。


10.どんなに優れた技術も真正性を取ることはできない。今後ミュージカルをするたびに結局<モーツァルト!>との比較になるだろうが、それにより起こる負担はないか。
キム・ジュンス:むしろそれが良いです。<モーツァルト!>をやったから<エリザベート>もできるんです。難しい状況でも結局やり遂げたし、他の活動をしながらもミュージカルに対する綱を放さなくなったから。だから与えられた配役に合わせて消化しなければならない、ということ自体に対する心配はありますが、比較される点についての負担はないです。

“リュ・ジョンハン、ソン・チャンウィらの兄さんたちに比べて躍動的なトートになるだろう”

ta_1328745662_-1254664474_0.jpg


10.トートの登場が派手だと聞いた。
キム・ジュンス:死の天使たちと呼ばれる6人の俳優が事前に死のオーラを作ると、私が登場するような形です。超越的なキャラクターなので、照明、ワイヤー、ブリッジ…こんなものも多くて。1階のステージをほとんど踏まないと思えば良いです。

10.大規模なコンサートを頻繁にしたのでワイヤーは相対的に他の俳優に比べて慣れてるだろう。
キム・ジュンス:何日か前にワイヤーに乗ってみたけど本当に高いことは高いです。(3秒間の静寂) 信じてしなくちゃ。(一同爆笑) 幸い高所恐怖症もないので少し乗ってみて適応したけど恐くはあります。(パク)ウンテ兄さんも、ちょっとそうみたいです。(笑)

10.短い登場にもかかわらず、多くの意味を含むキャラクターを引き受けた。一緒にキャスティングされたリュ・ジョンハン、ソン・チャンウィのトートは経歴や演技面で多くの違いが生じるはずだが‘シャトート’をどのように作ったのか。
キム・ジュンス:あえて言うならハイドのイメージにもう少し甘さが加わった感じ?私がミュージカルでそんな役をやったことがないので皆の感覚をつかみにくいです。超越的な存在だからこそ答えがないので自主性という面でさらに多様でないかと思います。多分兄さんたちに比べて踊りをたくさん踊って、躍動的なトートになるでしょう。死神なので3人の感じが違うこともあって、それで衣装やヘアスタイルもあえて統一性を持たなくても良いと言っていました。

10.基本的にトートがずっとシシィ★を誘惑するのでオムファタール★的な感じは必須だ。(笑)
キム・ジュンス:それなりに研究しています。体重もかなり落としました。(笑) ケガするかと思ってマネジャーの兄さんが気が気じゃないのにサッカーをよくしてます。着実にやってみたら肉も落ち、皮膚も良くなり、体力にも役に立ちます。そしてどうやら振付け師のポイントにならないでしょうか。

10.大衆にはキム・ジュンスは歌が上手な歌手として知られているので、踊りがポイントということが簡単に届かない。
キム・ジュンス:幼い頃から歌と踊りを一緒に好みました。練習生の時もむしろ歌は私よりもっと上手な友人が何人かいましたが、踊りは一番上手だったようです。(笑) SMに居る時に日本からお客さんがくれば歌が上手な数人、踊りが上手な数人を呼んでさせましたが、私は両方ともしました。放送を2~3回見れば方向は少し違っても流れはある程度マネたようです。踊りはまだ好きです。踊ることができる舞台が懐かしかったり。

10.それでは歌はどのように始めたのか。
キム・ジュンス:母が歌がとても上手で、影響をたくさん受けました。初めは私が歌が上手だというより、むしろ他の子たちがなぜできないんだろう、と考えたようです。(笑) 小学校の時から愛国歌一つ歌っても友人が童謡のように歌えば私はバイブレーションが多い歌い方で歌いました。それで子供たちが、なぜおじいさんみたいに歌うのかという話をたくさんしましたよ。(笑) 私はそれが素晴らしく感じられましたが、いつからバイブレーションをしたのかは分かりません。

“配役の幅のためにミュージカルボーカルレッスンを受けてみようとする”

ta_1328745662_-1254454692_1.jpg


10.だが、ミュージカルではかえってそのバイブレーションが害になる場合が多い。歌謡とミュージカルの間でバランスを合わせるのが容易ではないだろう。
キム・ジュンス:ミュージカルでは歌詞がそのままセリフなので、ディクション★(歌唱法・発音等)がとても重要です。ですが歌謡やポップでそのように歌詞を正確に歌えばむしろやぼったく感じられるので発音を綺麗に飾ることが重要になります。その始まりからして違うようです。そして歌謡では音を押し上げるバンディングを多く使いますが、ミュージカルはまた違って。歌う技法も大きく違います。

10,ミュージカルを始めると同時に、別の声楽レッスンを受けたことがあるのか。
キム・ジュンス:作品に入れば音楽監督と一緒に練習をしますが、別にレッスンを受けたりしたことはありません。ところがどうしても歌手として歌った特色があってそれを捨てることはできないから配役に限界ができるようです。この頃は‘レッスンを受けてみようかな’という考えもあります。しないのとできないのは他の話ですから。

10.声楽レッスンについて聞いたのは、これまで<モーツァルト!>と<天国の涙>を見て、弱点だと感じた低音がとても良くなったからだ。
キム・ジュンス:事実を言えば前作のナンバーより<エリサベート>の低音がさらに低いんです。どうしても以前から高音が強かったから音域のとおり言うと大変な部分が明らかにあります。ところが最近は色々考えます。歌手としての感じとミュージカル俳優としての感じが同じ歌の中でも明らかに異なる点があるから。そういうのを知っていく段階のようです。

10.もうミュージカルが、難しく捉えただけ逃したくない何かになったようだ。歌を通した感情表現が大きい強みなのにこれからは強みをさらに生かす側へ行くのか、新しい挑戦をするだろうか。
キム・ジュンス:作品を見るたびにそれぞれの魅力があって、どれも触れてみたいという気がします。(笑) 今のところは最後の余韻があるサッドエンディングがもっと良いです。今までした作品も若干そのような感じで。事実自信があるのは<ガイズ&ドールズ>のように面白いものです。(笑) それでサッドエンディングに挑戦意識が出るようです。ところが、したくても似合わないものがあり、できてもしたくないものがあります。今は強みを生かすか挑戦をするかより、どんな作品をしようが本当にミュージカルを愛してやっていることを観客が認識できるように演技をしたいです。

10.JYJメンバーが容易ではない状況の中で、自分に最も最善である道を探した感じだ。
キム・ジュンス:大変なことではあります。他の人々に10個の武器があるならば、私たちは2-3個の武器の中で選ぶ立場なので。そのためか一つ一つを捉えた時、さらに切実になるようです。それがむしろ力になる点でもあります。

文、インタビュー. ジャン・ギョンジンthree@
インタビュー. チェ・ジウンfive@
写真. イ・ジンヒョクeleven@

訳 Japan FanCafe JYJ TheirRooms  sora 
http://news.nate.com/view/20120209n05233


※文中の シシィ★ はエリザベートの事です。
※文中の オムファタール★ とは…参考→ http://p.tl/usOp
※文中の ディクション★ は、歌唱法・発音等のことらしいです。

***************************************************************************************************

キム・ジュンス|“世界芸能人ワールドカップを作りたい” -3

10アジア
2012-02-09 09:01

去る3日JYJフェイスブックには一枚の写真が上がってきた。 写真の中でジェジュン、ジュンス、ユチョンが見つめる所はそれぞれ違ったが、彼らはそのどんな時よりも安らかに見えた。 お互いの才能を認めて、歩みを支持して、より良いシナジーのために悩む彼らには大変なことを共に体験した人々特有のねばっこさが深く敷き詰められている。 相変らず容易ではない市場の中でJYJが享受する素朴な自由と幸福そして不安を聞いてみた。 そして最後に‘キム・グンジョン’先生が伝える福音書も一緒に入れた。


10.自身の本業の歌手活動とミュージカルを併行しながら得るシナジーがあるならば何か。
キム・ジュンス: 音楽的に考えがちょっと変わった。 ‘落葉’は<モーツァルト!>終わってすぐに作曲した曲なのに、影響をたくさん受けた。 ミュージカルをする前には垣根を抜け出せば何をしても上手くできない弱気な鳥のような感じを受けたが、観客が呼応して相変らず訪ねてきてくれたおかげでコンサートにも自信をたくさん得た。 特にミュージカルの練習システムに対しては衝撃を受けたが、それをJYJコンサートに繋げることができるようだし。


“一人だったらあきらめたことだ”

ta_1328745663_-1253905496_2.jpg
ta_1328745663_-1254052542_1.jpg


10.システムに対する話は意外だ。
キム・ジュンス: もちろん事前準備期間があるが韓国でコンサートはおよそ5日しっかりと練習するものだ。 駄目にしてみては準備期間およそ一ヵ月を与えてそうするはずなのに皆あまりにも集中力あるようにやり遂げるからそうなるようだ。 (笑い)ところで日本は本当にその程度の期間をとらえて簡易公演会場を設置して動線、照明までみな合わせてみる。 韓国歌謡市場ではそのようにする所がないが、ミュージカルではそのように練習をしたよ。 歌謡界よりはるかに小さい市場でそのように動くというのが本当に驚いた。 ところでミュージカルこそそんな風にしなければ絶対にならないジャンルだから。

10.それでも他の公演に比べてJYJ公演はそのように動くほうなのではないか。
キム・ジュンス: そのような過程を体験してみてそうなったりするのだろうが、私たちは準備をとても重視する。 それで音楽から衣装、舞台コンセプトまでいちいち全部決める。

10.自ら選択するという点では明らかに自由があるが確かにつらい作業なのに不安な地点はないか。
キム・ジュンス: もちろん大変だ。 全部組立てられている時はそのまま行ってすれば良かった。 ところがこのように準備した公演をすると本当に自分たちの公演をしたようなその快感が何倍もより大きかったよ。 一人だったらあきらめたことだ。 メンバーがいて意志がたくさんあって、彼らの能力を信じるからここまでくることができた。 彼らだから可能なようだったり。

10.それぞれの能力を信じるといったが、それではその中であなたが最も上手にするのは何か.
キム・ジュンス: ない。 (笑い)ウーン..。 その上でちょっと良くなったことはダンス曲に対する程度? 踊りを最も多く踊ったメンバーとそれはちょっと良くなったようだ。 JYJコンサートの演出をジェジュン兄がするのだが、この人がこんなにまで詳しく関与するほど多くの才能を持っていたかと思って驚いた。 真剣に関わる事で本当に満たされた。 そしてユチョンは曲を使うセンスが良くて。 この間ユチョンにラップ メーキングをお願いしたことがある。 5分ぐらいで完成してきたがとても素晴らしかったよ。 それで私が“私のメンバーは、素敵な奴だ”とした。 私たちのうぬぼれもあるが。 (一座爆笑)

10.ミュージカルをしたりして、他のメンバーらのやっていることを見れば演技に欲が出るようだ。
キム・ジュンス: 小劇場公演もしたいがそれは内面に経験を積まなければならないからまだできないということだ。 演劇もしてみたくて。 考えはあるがみな難しい。 それでミュージカルが最もすばらしいようだ。 歌、演技、踊り全部が可能でなければならないから。 ミュージカルもミュージカルだが色々な挑戦をしながら生きたい。


“どんな職業を持とうが得るものがあれば失うものがある”

ta_1328745662_-1254278653_0.jpg


10.それでは一面的な部分のほかキム・ジュンス個人で挑戦してみたいのがあるか。
キム・ジュンス: とても多い。 世界芸能人ワールドカップを作りたい。 アハハハハハハハ。 良いでしょう。 すべての芸能人らの憩いの場. (笑い)そんなこともあって。 後ほど勉強をもっとして力と見識ができればミュージカル製作も、プロデューサーになって歌手を製作してみたい。

10.今年でデビュー9年目なのに、多くのことを得たり失った時間でもあった。 無気力だと感じる瞬間があったはずだがどのように克服したか。
キム・ジュンス: 考え方次第だ。 芸能人になって見ると気楽に外へ出て行くのも負担になって、恋愛はすることもできなくて、恋愛しても隠れてしなければならなかった。 後悔もたくさんした。 歌が良くて始めたが幼い時は歌を歌いたいということだけであって芸能人の苦労まで考えただろうか。 ところで芸能人だけでなく一般の人たちも同じだということを悟ることになるとちょっと楽になった。

10.どんな面で違わないと感じたか。
キム・ジュンス: 歌手になって得たものが多い。 その間得るものは当然で考えて、失うことに対して悲観した。 ところが皆同じだ。 彼らは私が失ったと考えるのを持っているが、また、私が得るものを彼らは持つことができない。 だからどんな人でもどんな職業を持とうが得るものがあれば失うものがある。 したくない話をする時もあって、記者の方々も自分も話しておいて申し訳ないと思う時もあるだろうが記者だから仕方ないのではないか。 ハハハハそうしたことだ。 結局には皆同じようなくびきだ。 それで甘受しなければならない部分だと考えて得ていることに感謝しようと考えるとかえって豊かになった。 私だけ孤独なことではない。

10.‘キム・グンジョン’先生の福音書のようだ。 (笑い)
キム・ジュンス: あまりにもきらびやかなことをたくさん体験してみると、大したものでないことは神経も使わないことになったよ。 アハハハハハ。 私とユチョンは完全に肯定なので、気を遣うな! ちょうどこうする。 かえってジェジュン兄が一人でちょうどいらいらするだろう。 ハハハ。

訳 Japan FanCafe JYJ TheirRooms   yuri
http://news.nate.com/view/20120209n05239
スポンサーサイト
Comment
素敵なインタビューですね。
いろいろな事を経験して、彼らは人より沢山 各々の
内面と向き合って、そしてそれを負の方向に向けるのでなく
ちゃんと自分自身を高めるエネルギーに変えている。
素晴らしいですね、ホント誇らしいです。
ユチョンとジェジュン兄も公演を見て泣いた”のくだり
胸が熱くなりました。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
JYJ MV
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。