HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  '皇太子'作家"パク・ユチョンにカリスマ期待"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'皇太子'作家"パク・ユチョンにカリスマ期待"

2012-02-15 08:13

201202150753770693_1.jpg

[OSEN=チャン・チャンファン記者]

SBSの新しい水・木ドラマ'屋根裏部屋の皇太子'の執筆を引き受けたイ・ヒミョン作家が主人公パク・ユチョンの演技力に期待感を表わした。

この作家は最近'屋根裏部屋の皇太子'製作スタッフと行なったインタビューで"パク・ユチョンという俳優は、この間までやわらかい面が強調される役をたくさんしてきた。 今回の皇太子'イガク'役はカリスマがあふれる役割であるので、パク・ユチョンにそのような可能性を予想して期待している"として"そのような面がよく表現されるならばドラマも成功してパク・ユチョンも他のキャラクターを経験する機会になることと考えた"としてパク・ユチョンをキャスティングした理由を明らかにした。

この作家は'ミスターキュー','明朗少女成功期'等私たちの周辺の平凡な人々が主人公の作品を主に執筆した。 しかし今度は前作らと違い主人公が皇太子だ。

これにこの作家は"ドラマには会長をお父さんで置いた若い本部長、室長があふれ出る。 'それでは本部長よりさらに強い人はないか?','お父さんが会長よりさらに地位が偉い人はないか?'と考えた"として"王と皇太子ならばそのような落差効果を最も極大化できる素材ではないだろうか考えた"と答えた。

"'ミスターキュー'のキム・ヒソン、ソン・ユナ、'明朗少女成功期'のチャン・ナラなどが皆韓流スターに成長した"という質問にこの作家は"私のためにその俳優が成功したと考えない。 スター性と演技力を備えた俳優らと立派な演出者らのおかげで私が書いたドラマが成功したと考える"として"製作環境が良くないのに素敵な演技を見せてくれた俳優らに感謝する。 俳優らにもう少し余裕があったとすれば演技もさらにうまくいったので、さらに美しく表現出来たはずなのに、申し訳ない気持ちがある"として謙虚な姿を見せた。

一方300年の時空を超える奇抜な設定で視聴者たちの期待感を高めている'屋根裏部屋の皇太子'は来る3月初放送される。

Japan FanCafe JYJ TheirRooms   yuri
http://news.nate.com/view/20120215n04267
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。