HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ユチョン  »  パク・ユチョン世子邸下(チョハ)。笑わせるのに なぜ涙が出るのでしょう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク・ユチョン世子邸下(チョハ)。笑わせるのに なぜ涙が出るのでしょう?

オーマイニュース | 入力12.03.2909:59
[オーマイニュース グォン・ジンギョン記者]


20120330-1.jpg
▲皇太子イ・ガクを護らなければならない朝鮮時代の護衛武士3人衆も一緒にトレーニングウェアを着た。 (左から)イ・ミンホ、パク・ユチョン、チョン・ソグォン、チェ・ウシク

ⓒSBS

それほどまで大切に愛していた嬪宮の疑問死で生死の境をさまよい300年の時をさかのぼって韓国ソウルに飛んできた皇太子と、彼を補助する3人衆のドタバタ文明適応記。マンガや子供向けのSF映画にでも出てきそうな話が大の大人にも受け入れられるのか疑問だった。特に300年の歳月をふわりと跳び越えた朝鮮時代の人物と、21世紀のそんな調和をどのように実現させるかも鍵だった。

300年という厄介でなおかつ激しいギャップを埋めるためにSBS <屋根裏部屋皇太子> が取ったのは他でもない "笑い" だった。それも最近売れている<ギャグコンサート>に真っ向勝負をかけているように "テバク(最高に)" 笑わせる。予想可能だったように<屋根裏部屋皇太子>の多くの笑いの素材は300年前の人物が2012年の大韓民国の文物を体験しながら起こるハプニングだ。

余暇とは筆文字と市場通りの居酒屋でのおしゃべり、愛する女性との談笑しか知らなかった彼らが、TVやスマートフォンが与える楽しさを知るわけがない。便器の水を井戸と誤認して消火活動に使ったことは十分に予測可能な状況だ。

<ギャグコンサート>より面白いドラマ、300年前の邸下の "2012年適応記"

20120330-2.jpg
▲SBS <屋根裏部屋皇太子>中の一場面
ⓒSBS

だが<屋根裏部屋皇太子>の笑いコードが奇抜なのは、今まさに現代文明に接した原始人(?)が体験するジレンマのわずかなディテールを放さなかったとゆう点だ。仮にも一国の皇太子(パク・ユチョンの方)が、たったの千ウォンが無くてコンビニでラーメンを食べる女子高生を負担になるほど見つめ、結局中に入り、 "明日の朝、敦化門が開いたら食事代を手厚く出してやる" とに慎み深く真面目に要請したところ、 "マジで" と答えるアルバイト。しかし "マジで" という言葉を本当に分からず "安値ではなく、惜しみなく出す" と言いながら真剣に応酬する邸下が振り撒いた笑いは始まりに過ぎない。

1万ウォン紙幣の中の世宗大王を見てコンビニで突然 "殿下" を叫んでお辞儀をすると、ついに去る28日に放映された3話ではみんな破けて羽が飛んで行くほど古い"N"社の登山服をまとったト・チサン(チェ・オシク)の優雅なファッションショーと、服を着替えられる厠(トイレ)をエレベーターと誤認した4人衆のとんでもない変態ショーが不憫の傍点をつけることになる。

4人衆は、一人暮らしの女性の屋根裏部屋に無遠慮にも取り入り、住むにも乏しく、TVの中で弓を引くパク・ヘイルを見て驚いて刃を取り出し、殺すようにTVを壊して火まで出すなど莫大な財産被害を与える。しかし、これらとてそうしたくていつも事故を起こすのではない。おそらく私達も300年後に移動することになればぴったり彼らがパートナーであるわけだ。

嬪宮を探し彷徨って2012年の大韓民国へ超えて来ることになった朝鮮時代の4人衆。これらが生まれて初めて経験する文明との衝突で見せてくれる設定は、間違いなくコメディだ。滑稽な場面に部屋の床を転げ回るほど笑いを爆発させながらも、一方では跡継ぎとして丁重な扱いだけを受け、一気に他人の家に世話になる乞食に転落した皇太子・邸下の真剣で謹厳な表情は見る人々をムッとさせる。

世子イ・ガクに没頭したパク・ユチョン、人間の悲哀までそっくり伝達
20120330-3.jpg
▲SBSドラマ "屋根裏部屋皇太子" 一場面
ⓒSBS


<屋根裏部屋皇太子>は単に当惑して誘致したドラマにとどまるだろうと思ったが、知って見ると面白さはもちろん、見慣れない文物の衝撃で混乱している人間の悲哀を自然に表わしながら、現代人の共感をかもし出している。

何よりも300年の時空を超えた落ちつかない展開の中で21世紀の人々は見て聞くだけで笑ってしまうセリフや行動を、実際の朝鮮時代の王世子のように自由自在に消化しながら劇の中心を導いていく男主人公パク・ユチョンの存在は非常に頼もしい。いつのまにかパク・ユチョンが演じる世子イ・ガクに没頭して、まるで私が300年後、未知の世界で大変な苦労を受けるような痛みをそのまま感じることができるのだ。

荒唐無稽な想像力の中の話を自然に受け入れるようにする魔力、これがファンタジーロマンスドラマ<屋根裏部屋皇太子>が持つ最大の武器ではないかと思う。

一方、28日に放送された<屋根裏部屋皇太子>は11.2%(AGBニールセンメディアリサーチ全国基準)の視聴率で、22日に放送された2話に比べ0.7%P上昇の数値を記録した。同時間帯放送されたMBC<ザ·キング、トゥーハート>は14.5%、KBS 2TV<赤道の男>は8.1%の視聴率を記録した。

http://m.media.daum.net/media/entertain/newsview/20120329095908867

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff sora
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。