HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJファンたち、日本公正取引委員会に資料を提出.."不当な待遇"(和訳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJファンたち、日本公正取引委員会に資料を提出.."不当な待遇"(和訳)

先日ご報告した
【活動報告】NO.2 公正取引委員会へ
http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
が韓国のスターニュースで記事になりました!

***********************************************************************************************

[マネーToday スターニュース パク・ヨンウン記者] 2011.05.27 09:54

2011052708332770768_1.jpg


SMエンターテイメントと専属権をめぐり訴訟を進行しているグループJYJのためにファンたちが出た。

JYJの広報代行プレーン側
27日、スターニュースに
"JYJ日本のファンたちが日本の公正取引委員会にJYJの前の日本の所属事務所のエイベックスの不公正な行為申告書を受理した(提出した)"と明らかにした。

ここでは
『チャリティコンサートに対する不当な妨害』
『JYJに対する一方的な活動休止』
『JYJ関連商品のオリコンランキング除外およびその事前通知の不在』

など、3つの事案に対してJYJの放送活動の権利保障と人権の保護を要求し、公正取引委員会に措置を要請した。

まず、ここでは、エイベックス側が最近のチャリティコンサートに干渉して、コンサート自体が不発になったと抗議した。
JYJ日本のファンの連合は、
"当初JYJは、東日本大地震に対する支援のために、地震発生直後に6億ウォン(約4300万円)を国際救援開発機構ワールドビジョンを通じて寄付するとともに、6月7日に、日本でのチャリティコンサートを開催することを計画した"
とし、
"エイベックスの圧力で公演が中止になった"
とした。

続いて"エイベックス側が当初、公演場所に予定されていた、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、いずれもエイベックス社が干渉して次々に使用不許可を出すに至りました"

としながら"この不可解な経緯に関して、エイベックス社が横浜アリーナに対し
『JYJを使わせたら、今後、一切うちのアーティストは使わない』
と圧力をかけた、との報道も出ています"
と強調した。

また、
"エイベックス社によるJYJチャリティコンサートの会場使用に関する妨害行為は、同社の音楽業界における圧倒的な影響力を背景にしてなされた、不公正な取引方法にあたる疑いがあると考えます"
と主張した。

2番目に
『JYJに対する一方的な活動休止』の懸案と関連して苦情を申し立てていた。
申告書によると、
JYJは、エイベックスマネジメント株式会社と専属マネジメント契約を締結し、2010年4月14日、日本での活動を開始した。しかし、エイベックス社は9月16日に突然、一方的にJYJの日本での活動休止を発表した。

これに対し、JYJ側は、エイベックス側は既存の契約内容とは異なり一方的に不利な条件を提示し、それを断ると契約締結当時からすでに知っていたC - JeSエンターテイメント(JYJの韓国マネジメント事務所)代表の過去の経歴を持ち出して活動休止を通告してきたと主張していると不満を示した。

続いてファンは
"活動休止以後、エイベックス社は現在に至るまで、JYJ関連商品を販売して利益を得ながらもJYJの日本活動を妨害し続けています"
と述べ、
"このような同社の行為は、、健全な商品道徳に反するとともに、日本の音楽業界において立場上弱者である外国人アーティストJYJに対する不公正な取引方法に該当する疑いがあると考えます"
と話した。

三番目にファンたちは
『JYJ関連商品のオリコンランキング除外およびその事前通知不存在』
と関連して立場を伝えた。
DVDやCDの販売店の売上ランキングの結果、今年3月に発売したJYJ DVD『Memories in 2010』と『THANKSGIVING LIVE IN DOME LIVE CD』は、一位にあるのに、オリコンランキングに反映されていないことに対する不満をあげた。

これに対して、オリコン側は、ランキング除外の理由として、
"エイベックス社側で、アーティスト活動を休止させたことから、ランキングの公開を含む一切の宣伝、販促活動を行わないという条件の元、発売が検討された商品"
であるため、と告知しました。

これと関連し、ファンたちは
"日本の音楽業界での評価指標として活用されている日本のオリコンチャートでJYJ関連商品を、このランキングから除外させたのは不公正な取引方法に該当すると考えている"
とし、
"ランキング除外の事実は、上記商品発売後オリコンサイト上において初めて明らかにされ、消費者への事前の通知もありませんでした。非常に不当な販売方法であると考えます"
と主張した。

最後に、JYJファンたちは、
"多くの消費者の切実な声をどうか汲み取っていただき、厳正な調査および措置を行ってくださいますよにお願いいたします
"とし、申告書にファンの署名も添付した。

先だって、JYJの海外ファン約8万人は去る2月28日、ソウル中央地方裁判所の公正取引委員会にJYJの放送活動の権利保障と人権の保護を求めて嘆願書を提出することもした。


記事転載 一部自動翻訳機使用

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2011052708332770768&type=

************************************************************************************************

★署名の件も、韓国ではジャーナリストや弁護士の方が関心を寄せてくださり、何件も記事としても取り上げていただきました。
とても感謝しています。
でも、相も変わらず、ココ日本では小さな記事やニュースサイトでさえ報道されません。
確かに、JYJは韓国のアーティストではありますが、
署名の件も、公正取引委員会への件も【日本で起きていること】です。
日本の大企業が海外アーティストにしている行為を正しく報道して頂きたいです。

また、間に合いませんでしたが、
http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-88.htmlでも書かせていただきました通り、
今度はカラオケです。

オリコン除外については消費者庁からも『表示に問題があると思われる』と言う言葉をいただきましたが、消費者庁の担当者も矛盾していると言った『活動休止中の金儲け』がまた始まります。

http://www.clubdam.com/app/dam/page.do?type=dam&source=lk_jyj&subType=bbcontents

『最新情報はこちらJUNSU/JEJUNG/YUCHUN オフィシャルサイト』
URLまで載せてクリックすれば活動休止の告知。どこに最新情報が?
消費者庁が矛盾していると言った
『活動休止の金儲け』の証拠がこのサイトだけではっきりしたわけです
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。