HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジュンス  »  JYJキム・ジュンス"放送活動不可、むしろ表現の自律

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJキム・ジュンス"放送活動不可、むしろ表現の自律

2012-05-16 13:05

[オーマイニュース イ・オンヒョク記者]

IE001439090_STD.jpg
▲ JYJキム·ジュンス
ⓒシージェスエンターテインメント

JYJキム·ジュンスがソロアルバムを出しても、放送活動をすることができない現実について語った。

キム·ジュンスは16日、ソウル小公洞ロッテホテルで開かれたソロアルバム <XIA-TARANTALLEGRA>(シア - タランタルレグラ)発売記念記者懇談会で"最初にソロアルバムを出そうとした時 "放送活動もできないのに"と思って、むしろ反対したが、JYJのワールドツアーを回りながら自信ができた "としながら"放送活動ができないということで、アルバムに魂を込めることができていなかったようだ "と話した。

キム·ジュンスとジェジュン、ユチョンは、前所属事務所SMエンターテイメントから出た後JYJという名前で活動してきた。ただし、各放送局の "芸能局"の制作プログラムには、相変わらず出て来れずにいる。放送局では、まだ終わっていない訴訟を理由に挙げている。これは、ソロアルバムを出したキム·ジュンスにも適用されている。

キム·ジュンスは "放送活動をしないことがプラスになることはない"と言いながらも "マイナスだが、インターネットが発達してYouTubeのなどでその気になれば検索して見ることができるので、ミュージックビデオにもお金をたくさん使った"と説明した。

続いてキム·ジュンスは、 "韓国だけを眺めていた場合、放送活動をしていない状況で、ミュージックビデオに大金を入れるということ自体が無理なことだ"としながら "このミュージックビデオを国外のファンが見ることができることを知っていたので勇気を出し、会社でも積極的に支持してくれた "と伝えた。

放送活動ができないことに力が抜けることもあるはず。キム·ジュンスは "だからこそ質で勝負しようとした"としながら "一枚のアルバムとミュージックビデオであるのでよりよく見せなければならないという考えだ"と述べた。

キム·ジュンスは、タイトル曲 "タランタルレグラ"のミュージックビデオで女装に挑戦した。男性も、女性でもない中性的な感じを出そうと努力したというキム·ジュンスは "放送活動をできないため、むしろ表現の自律がいる"としながら "これからもやりたいことをすべて描き出すつもりだ"と付け加えた。

一方、キム·ジュンスは来たる19日、20日両日間、ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館でソロアルバム発売記念ソウルコンサートを開いて6カ国でアジアツアーに出る。

翻訳機使用
http://news.nate.com/view/20120516n14805
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。