HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジェジュン  »  "ドクタージン"イ·ボムス、ソン·スンホン、キム·ジェジュン、彼らの演技成績表は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"ドクタージン"イ·ボムス、ソン·スンホン、キム·ジェジュン、彼らの演技成績表は?

ヘラルド生き生き
2012-05-27 23:20

"タイムスリップ"という独特の素材を全面に打ち出した"ファンタジーメディカル" "ドクタージン"を輝かせる3人の男の話がインターネット上で話題だ。
去る26日初放送された後、27日放送された二番目の話には、 "ドクタージン"を導いていく3人の男が正面衝突し、素敵な演技力を誇示した。

"韓流の中心の2人の男性"ソン·スンホンとキム・ジェジュンは多少硬直した様子だったが自分たちのキャラクターを消化するには無理がなかった。
これに比べてイ·ボムスは、緩急を調節する上手さを誇示し、 "やはりイ·ボムス"という言葉が自然に出るようだった。
ソン·スンホンは、朝鮮時代に行った21世紀最高の天才医師ジンヒョク役だ、これまで"硬い演技"、 "型にはまった演技"という従来の評価を完全に取り払い、すでに演技者としてさらに進むのに大きな無理がないように見える。
もちろん今のところは、以前の残滓が残っているが、それでも、現代と過去を行き来しながら繰り広げる"タイムスリップ演技"は、一歩進んだことを示した。
この日ヨンレ(パク·ミニョン)の兄(ジン・イハン)を、現代医学的に治すために絶叫に近い訴えをする彼の姿は、ただ声と表情だけ広げた以前の演技とは根本的に違って見えた。

これに対し、 "演技初心者'キム·ジェジュンは強いながらも柔らかい" ​​外剛内柔型のキャラクター"キム・ギョンタクを演じた。
まだ2つ目のドラマ出演で初級に近い彼だが、最善を尽くす演技は印象的だ。

特に消費量と古語体が多い史劇演技の発音を一度の狂いもなく繰り出す彼の姿は、 "マルチ"を志向する最近の歌手たちの断面を見せてくれた。
特に、同じ所属会社のパク·ユチョンが演技した"屋根裏部の屋皇太子"の発音ト-ンと似ていてチームのメンバー間お互いに助けて応援する友情も引き立つという評価だ。


最後に歴史の中実存した人物イハウン(興宣大院君)を演じたイ·ボムスは、まさにワンマンショーに近い演技力を披露するとみられる、 "仕掛けたり引いたり"して、状況を組み合わせて解く彼の演技力は、このドラマの中心軸として劣らない。

彼らはすべて時代劇ドラマ初挑戦という共通点がある。しかし、彼ら3人の男演技者たちはそれぞれ違った魅力でドラマを縫っている。
彼らの素敵な演技が印象的だ。


ファン·ヨンヒ イシューチーム記者/ hee

翻訳機使用
http://news.nate.com/view/20120527n12099

*記事にもあるように興宣大院君は実在した人物です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E5%AE%A3%E5%A4%A7%E9%99%A2%E5%90%9B
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。