HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジェジュン  »  "ドクタージン"キム·ジェジュン、初めての史劇挑戦なの?メロウにアクションまで "完璧"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"ドクタージン"キム·ジェジュン、初めての史劇挑戦なの?メロウにアクションまで "完璧"

ヘラルド生き生き 2012-06-02 23:10

20120602000171_1.jpg

ドラマ‘ドクタージン’(脚本ハン・ジフン、チョン・ヒョンジン、演出ハン・ヒ)で初めての史劇に挑戦したキム・ジェジュンが草木が水分を吸い上げた演技力に注目を集めた。

6月2日放送された‘ドクタージン’でキム・ジェジュンは武芸が優れて自尊心が強くて、勝負欲があふれる人物キム・ギョンタクで扮し完璧な演技力をリリースした。
彼が引き受けたギョンタクは捕盗庁従事官職にあって、安東金氏の老論僻派の左議政キム・ビョンヒ(キム・ウンス)の庶子で、身分のために悲しみを体験する。
それゆえに誰との戦いでも負けず、決して涙を見せず弱い姿を見られないように努める。

キム・ジェジュンは初めての史劇挑戦の‘ドクタージン’撮影を控えてキム・ギョンタク役を完璧に消化するための努力を惜しまなかった。
彼は乗馬練習と剣術練習など自身の引き受けたキム・ギョンタク役を完璧に期した。
これに対してキム・ジェジュン本人も“史劇に初めて挑戦し全てのことが不慣れだったが周囲の期待に報いるために素敵な姿を見せようと努力した”と話すほど。
キム・ジェジュンのこのような努力は‘ドクタージン’でキム・ギョンタクの完璧な再現につながった。

この日彼は正しく把握できなくて、疑問のいっぱいである男ジンヒョクに自身のお父さんの命を任せる決断力を見せ腹違い兄弟でありキム・ビョンヒの嫡子のキム・テギュン(キム・ミョンス)との出会いでは庶子として体験する悲しみを表現するなど多様な表情演技を見せた。
反面恋慕するヨンレ(パク・ミニョンの方)の前では今にも涙をこぼれそうな切ない目つき演技を見せることもした。

このように人物の中でも立体的なキャラクターを消化するキム・ジェジュンの草木が水分を吸い上げた演技力は前作の‘ボスを守れ’のチャ・ムウォンとは全く違う姿を演技した。 ある者はその時代を凌駕するという評を惜しまなかった。

視聴者たちやはりキム・ジェジュンに対して“初めての史劇挑戦にもかかわらずキャラクターに対する理解度が優れている” “キム・ジェジュンではなければ消化できないキャラクターだ” “複合多面的なキャラクターを自分だけの感じで再誕生させた”と絶賛を送っている。

特に草木が水分を吸い上げた彼の演技は‘ドクタージン’のファンタジーメディカル フュージョン史劇というジャンル的特性を極大化させる部分。
このように劇中で重要な役割を果たすキム・ジェジュンの活躍が期待を集めている。

チェ・ジュニョン イシューチーム記者

翻訳機使用
http://news.nate.com/view/20120602n10566
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。