HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジェジュン  »  ドクタージン3回-原作になかったキム・ギョンタク、キム・ジェジュンの役割が重要である理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクタージン3回-原作になかったキム・ギョンタク、キム・ジェジュンの役割が重要である理由

ミディアース 2012-06-03 12:25

25640_52432_2017.jpg

25640_52433_2027.jpg

25640_52434_2243.jpg


[ブログと]チャイミのベッドストーリー

[ミディアース]
朝鮮にタイムスリップした外科医師ジンヒョクが体験する多様な話が主となる'ドクタージン'は、原作がある作品という点で長短所を持っています。長所としては当然後光効果である、短所としては、比較されるということだろう。その二種類の点を効果的に利用するために作り出した人物がキム・ギョンタクという存在であり、3回に入り、明確にその役割があらわれ始めたという点で興味深いです。

可変的なキム・ギョンタク、彼の変化がドクタージンを劇的に作る

日本の原作との比較に熱を上げる人達も一部存在するけれでも、それだけに愚昧なこともないでしょう。日本原作と同じように作ったとすれば原作を見れば良いが、リメーク作品を見る理由はないのではということです。リメークが好評受けることができる条件は原作の主題を傷つけないようにしながらも、新しい作品で作られた時に出てくるという点で'ドクタージン'の可能性はすでに少しずつ吉凶を占ってみても良いようです。

朝鮮時代に来るやいなや脳手術を敢行したジンヒョクは成功的な手術にもかかわらず、命を失う危機に瀕してしまいました。キム・ビョンヒデガンに送られていた賄賂を奪おうとしていた輩と対決を行った過程で、彼が発見されて、彼を記憶していたキム・ギョンタクによって刑場のつゆに消える危機に瀕してしまいました。

死を待ちながら、自身を助けた王族が興宣君(歴史上の人物)という事実を知ることになったという点は、以後どんな姿を見せるのか十分に期待するようにしました。しかし無気力に自身を隠したまま、後日の企てを考えるイ・ハウンはジンヒョクを助けることができる存在ではなかったし、キム・ギョンタクの許嫁のヨンレとジンヒョクが助けたヨンフィが駆け付けてみるが、彼らも状況を変えて助けることができる存在ではありませんでした。

こんな急で差し迫った状況で彼を生かすことが出来たのは、逆説的にキムデガンの気絶でした。斬首を待っていたキムデガンが突然倒れた状況で、侍医は誤った診療をしていて、こういう状況でジンヒョクはキムデガンがどんな病因であるかを診断をすることになります。柱にぶつかった以後あらわれた病症であることを考えて脳手術をしなければならないという事実は、彼には生存の機会へと近づきました。

自身の友人であるヨンフィを手術して生かしたという話を聞いたギョンタクとしては、この見慣れない男の医術を信じてみたかったためです。西洋医学の薬を学んだとすれば不思議な医術でお父さんを生かすこともできるという確信はジンヒョクに重要な選択をさせます。斬刑に処されることもあったジンヒョクは大変なキムデガンを救い出して朝鮮時代で生きていくことができる機会をつかむことになりました。

以後進行される話のためにジンヒョクが朝鮮時代に住むことができる根拠が必要だったという点でキムデガンの手術は重要でした。より一層不正腐敗の最高点に上がっているキムデガンの手術と、そのならず者の息子が乗って行った馬のひづめに打たれて、死の危機に瀕した最下層民を生かす過程はジンヒョクの存在感を浮上させるのに輝かしい貢献をしてくれました。

地位と身分に関係なしに、困難に出会った人達であるなら誰でも助けるべきであることが医師の任務というジンヒョクの発言に胸がじんとなるようになるようです。しかし、ドラマでの可能な叫びで、我々の時代の医者たちの大部分はジンヒョクではなく、徹底して権力の顔色を見て巨大な富を積んでいる侍医と似ていたという点でジンヒョクという存在は視聴者たちには憧憬の対象であり英雄と見られるばかりでした。

貪官汚吏キムデガンと最下層民間で繰り広げられた医術は結局ジンヒョクという人物が歴史のうず巻きの中でどんな選択をする存在なのかを明確にしました。自身が生きた現代では徹底して利己的な存在であった彼が過去に戻って医師として本来の任務に忠実になったことはジンヒョク自らが成長する過程を見せるという点でこのドラマの核心もここにあるでしょう。

ジンヒョクが登場する前と後で明確に変わったことは彼の登場により、周辺の重要人物らもやはり現在の状況から抜け出して自ら成長する契機を用意するという点です。貪官汚吏であり自身の一族を亡ぼすようにした(そのような可能性が濃厚に描かれた)キムデガンの息子、それと庶出のキム・ギョンタクと許嫁になったヨンレはジンヒョクを通じて定められた運命を切り開こうとします。朝鮮時代の女性でなく、もう少し躍動的な存在になりたかった彼女にジンヒョクは自身に翼をつけてくれたのと違わないからです。

興宣君が興宣(フンソン)大院君になって鎖国政策を広げて絶えず権力に対する貪欲さを表わしたが、彼がその権力をにぎる前までは徹底して支配権力に対する批判者だったという点でジンヒョクの登場と共に興宣君イ・ハウンの変化にも注目してみる点です。ジンヒョクが一生朝鮮時代に留まらないで、ある時点でまた現代に帰るほかはないという点で、興宣君の悪行よりは彼が作りたかった朝鮮に対する価値が主にあらわれる可能性が高いという点でイ・ハウンの存在感はこれから興味深く描かれる可能性が高いです。

現時点絶対的悪人キムデガンに対抗して権力をにぎるためにジンヒョクが必要でそのような状況で抵抗軍の頭のホンヨンフィが共にする構図は自然なためです。主要人物がキムデガンに向かって刃物を向ける状況を作っていく過程で重要になって行く人物はやはりキム・ギョンタクです。

原作にもない彼がなぜ登場したのか重要です。製作スタッフはジンヒョクと安東金氏の対立を浮上させて劇的な状況を作るためにキム・ギョンタクという人物を作り出したといいます。これはまもなく彼のキャラクターがあたえる劇的な変化が話の流れを導くという意味です。

不正腐敗が深刻な朝鮮. その時代最も堕落した存在のキムデガンの庶出キム・ギョンタクという存在が持つ象徴性は興味深いです。彼が序盤主要登場人物らと敵対的な関係を形成する他はないがある時点で彼らと一つになるほかはない状況は彼の役割に対する期待を膨らませます。

3話でキムデガンの息子がギョンタクを殴って'庶出'という身分の問題を持ち出したことは以後急激な変化に重要な理由で作用するしかありません。身分と関係なく、すべての人々に医術を広げるジンヒョクに共感を表わして彼を助ける役割をするほかはないのは、彼が身分社会の中で最もひどい刑罰を受ける存在であるためです。

劇的な要素を表わすために引き伸ばす場面が登場したりもしたが'ドクタージン'は3話でキム・ギョンタクという存在が誰で彼がどんな役割をするのかに対する基本的な話を表わしたという点で興味深かったです。可変的であり劇的な役割をするキム・ギョンタクという人物は重要な存在に近づきました。そしてキム・ギョンタクを演技したキム・ジェジュンやはり役割に合う演技力を見せながら期待感を持たせたという点は鼓舞的です。果たしてキム・ギョンタクの変化が話をどんな方法で導いていくのか気がかりになります。


訳 Japan FanCafe JYJ TheirRooms yuri
http://news.nate.com/view/20120603n04371
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。