HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ユチョン  »  生まれつきの娘バカ ユチョン "2年間、入養を真剣に悩んだ"(インタビュー②)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれつきの娘バカ ユチョン "2年間、入養を真剣に悩んだ"(インタビュー②)

2012-06-04 08:13
[ニュースエン文ファンユヨン記者/写真イ·ジェハ記者]

YC-20120604-4.jpg
YC-20120604-5.jpg
YC-20120604-6.jpg



"娘は本当に好きです。母と一緒に妹を養子にしようと真剣に悩みました。"

ここまでくれば重症娘バカ。 真剣に "屋根裏部屋の皇太子" 余韻を交わしていたパク·ユチョンが、子役俳優キム·ソヒョンの話が出てくる口が大きく開かれる。
パク·ユチョンは最近江南のあるレストランで行われたインタビューで、最近話題になったキム·ソヒョンとTwitterの話について聞くと、 "とてもかわいい。そんな娘がいたらよかった。本当に娘がとても好きだ"とし、速射砲のよう娘礼賛論を広げた。

パク·ユチョンは"屋根裏部屋の皇太子"のホンセナ(チョン·ユミの役名)の幼い時代を演技したキム·ソヒョンと一緒に演技する場面がなかったが、ツイッターで親しく会話を交わしてファンの気がかりなことをかもし出した。


パク·ユチョンは "控室が隣接していたことも多かったし、同じ控室を使ったりもしていた。待機時間が長かっただけにソヒョンとよく会った。ソヒョンが先に訪ねて、食べ物も持って来てくれて写真も撮ろうと言った。本当に可愛かったよ"と説明した。誰かが止めなければ、一晩中キム·ソヒョン賞賛を並べる勢いだ。

実際に養子縁組まで真剣に悩んだりもした。破格的な発言ですが、簡単に決定するとか、瞬間の衝動に悩んでいた私案ではなかった。2年余りの間、真剣に養子縁組を考えて真剣に苦心した。

"福祉会館や児童保護施設を訪ねて奉仕活動をしたり、寄付するたびに、子供たちを見て、本当に心が痛かった。私も家族と離れて住んで大変だった記憶があるが、その子供たちはより苦労するようだった。思い切り愛を与えたくて2年間、養子縁組を考えた。私には真剣なことだった。"

笑い気がいっぱいだった表情は、すぐに真剣になった。決心も容易ではなかったが、あきらめるのも難しい決断だった。それでも養子縁組をあきらめた理由は、責任感からだった。パク·ユチョンは "芸能人という職業が、誰か一人だけに愛を注ぎ込むことができない存在だと思っていた。養子縁組を決定することが無責任なことだと考えをあきらめた"と話した。

結婚についても一層真剣に考えている。そのため、今回は恋愛をすると公開をしたいと思う。恋愛から結婚を念頭して真剣に会いたいと思っているからである。結婚に対し具体的な計画はありませんが、結婚に未来の娘を想像すると顔がまた明るくなった。

パク·ユチョンは "娘が本当に好きだ。暖かい家庭に対するロマンがある"とし、"結婚するとソヒョンのような娘を産むことができるようだ。少なくとも70%以上の確率できれいな娘が出てきそうだ。私の娘ならば当然きれいではないか"と笑いをこらえることができなかった。

http://news.nate.com/view/20120603n15568
翻訳機使用
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。