HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ユチョン  »  パク・ユチョン"ハン・ジミンのような女性とは公開恋愛しても悪口言われないようだ"(インタビュー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク・ユチョン"ハン・ジミンのような女性とは公開恋愛しても悪口言われないようだ"(インタビュー)

スポーツソウル原文記事転送2012-06-04 08:05最終修正2012-06-04 21:51


yc-20120607-3.jpg

SBS '屋根裏部屋の皇太子'でハン・ジミンと愉快な愛の演技をしたパク・ユチョン. /イ・セロム記者

[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] "ハン・ジミンのような女性ならば公開恋愛しても悪口を言われないと思います。

ジェットコースターに乗った主人公がいる。 視聴率2位に始まり1位に上がってまた最下位に落ちて、終盤に劇的に1位を再奪還した。 また、朝鮮時代の皇太子を演技していると、突然現代の転生した人物となって行ったり来たりして、思いどおりに演技力を誇った。 JYJメンバー兼俳優パク・ユチョン(26)の話だ。

先月30日汝矣島(ヨイド)のあるレストランでパク・ユチョンとインタビューを進行した。 忙しいインタビュー日程のためにお昼を急に食べて胃もたれしたという彼は、多少やつれているようになった顔で取材陣と向き合った。 4ヶ月間ドラマの撮影の強行軍のためにより一層そうであった。 だが、インタビュー中ずっと率直だったし落ち着いていた。 歌手ではない俳優パク・ユチョンはかなり悠然としていた。

yc-20120607-4.jpg

JYJメンバー兼俳優パク・ユチョン. /イ・セロム記者

◆"最終回、視聴率 勝つことができました。"

パク・ユチョンは最近放映が終了したSBS '屋根裏部屋の皇太子'で朝鮮時代の皇太子イガクと彼の転生した人物の現代のヨンテヨンで1人2役を立派に消化した。 パートナーハッカ(ハン・ジミン)と思う通り愛したし、胸が切なくなるように涙を流した。 ブランド品級の演技で'俳優'パク・ユチョンとしての可能性を残した。 彼の真の演技に視聴率も満足な結果を導いた。

-放映終了した所感はどうなのか?

"愛情がたくさん宿った作品でしょう。 終わるとさらに知ることになりましたし。 イガクとパク・ユチョンをおいてみた時にも意味が本当に多いです。 不足したことのも多かったが完全に近づくようイガクに没頭しましたよ。 前作よりは自由に演技しました。 そこに熱中して演技したし、作品で慰められましたよ。”

-視聴率が終盤に1位になった。うれしかったはずなのに?

"19回と20回の台本を見た時プヨン(ハン・ジミン)を懐かしがる心が大きく感じられました。 それで真実に演技できましたよ。 視聴率ですか? 率直に最後の20回は勝ちそうでした。 期待感が大きかったんですよ。 ファンタジードラマですが、誰かに対する懐かしさが視聴者たちにアピールされたようです。 視聴者たちがたくさん泣いていらしたと。 私たちのドラマ、19回から始めたとしても十分に長く関心受けたでしょう。”

-まだイガクの語り口や行動をするのか?"

後ろ手に組むのは率直に楽です。 ドラマ開始前に朝鮮時代の語り口と行動などの強弱を考えたが、後になってとても日常的になってしまいました。 とても楽になるのでしないために努力中なのですが、またわざわざするので腕が気まずくなりましたよ。 時間が流れながら自然にイガクを送らなければなりません。"

yc-20120607-5.jpg


'屋根裏部屋の皇太子'で演技の合格証を貰ったパク・ユチョン. /イ・セロム記者


-ある作品で史劇と現代劇、ロマンチックとコメディを演技した。 大変だった点は?

”与えられた状況が多いから少しの間でも置いてしまえば、ぐらつくことがありましたよ。 集中をしたが最も不安定で苦労した部分は完全なヨンテヨンを演技する時でした。 イガクにとても慣れたしヨンテヨンはせりふやテンポ自体が違うからです。 NGも多く出しましたよ。 史劇の語り口でして現代話をしようとすれば大変だったんですよ。 史劇だけする俳優はなぜそれだけするのか分かりますね。”

-4ヶ月の間の撮影、殺人的なスケジュールと個人的なこと(父親喪)のために大変だったはずなのに。

"それで没頭がさらにうまくできました。 上手にしなければならないという負担感が大きかったが'ミス リプリー'の時は自信がなくてあきらめるという言葉までしたのに、今回の作品はそのまま気楽に演技しましたよ。イガクに対して考えたことをよく解き明かしてみようという心が大きかったんですよ。 中間にそのこと(父親喪)があって撮影会場に復帰するのがやさしくなかったが責任感を感じました。 むやみに悲しむこと自体が卑怯だと考えましたよ。 容易ではなかったけれど復帰をしたし、撮影スタッフらの心が感じられました。 申し訳なくて、頑張れという言葉をもっとかけることが出来ない、そんなことです。 本当に有難かったんですよ。 それで平然と撮影しました。

-実際パク・ユチョンはイガクとヨンテヨンでは、どちらにより近いだろうか?

”曖昧なことは一ケ所、ヨンテヨンは生まれた瞬間から自由な魂でしょう。 財閥3世、したいことを自由にする人物です。 だが、朝鮮時代のイガクは閉じ込められた空間の中でこれを必ずすべきで、あれを必ず習わなければならない人物でしょう。 私はそのように育ったことがなくてあえて挙げようとするなら芸能人になった次に、自由な考えがあり枠が無くなったことで、推測してヨンテヨンに近くないでしょうか。イガクが持っている愛や責任感のようなものを私がかえって習いましたよ。”

-瞳孔演技が非常に好評を受けた。

"昏睡(COMA)状態のヨンテヨン、その瞬間、一気に入り込めました。本当何も考えず何も見ないで「ぽかん」としていました。 少しの間出てくる場面だと思っていたが台本が変わりながらしばしば撮影をすることになりましたよ。 焦点もなしであったが、そうでなくても眠れない状態で横になっていようとすれば疲れて死にそうだったんですよ。"

yc-20120607-6.jpg

ハン・ジミンを気楽な町内のヌナと表現したパク・ユチョン. /イ・セロム記者

◆"(ハン)ジミンヌナは10年も知り合ってつきあった間のように気楽だったんですよ。"

パク・ユチョンとのインタビューに先立ちハン・ジミンとインタビューをした。 当時ハン・ジミンはパク・ユチョンを置いて"歌手出身という偏見を持ったとのことが申し訳ないほど熱心にしてたと。 誠実なことでも最高の俳優"と絶賛を惜しまなかった。 パク・ユチョンも同じこと. それはやはりパートナーハン・ジミンの称賛を口が乾くほど吐き出した。

-作品でハン・ジミンと親しい雰囲気が感じられた。

"あまりにも気さくな性格だと一緒に演技するのも気楽でした。 キスシーンも全く拒否感がなかったんですよ。 4ヶ月の間共に撮影したが、およそ10年は知り合ってつきあったように気楽なヌナです。 ハッカになった時は抱いてあげたいがジミンヌナに戻った時は、むしろ私を上手にまとめてくれたりしましたよ。 いつもそうしたが、僕なしで撮る時もまたたくさん笑ってくれて、またたくさん泣いてくれて。 私をいつも引っ張ってくれましたよ。

-ハン・ジミンが女性と見えたことは?

"(笑い)全くなかったです。 ところで率直に私が見ても私たち二人は本当によく似合うようです。 視聴者の反応もそうでしょう。 'こういう人と恋愛をして公開するならば多くの方々が好んで下さるようだ'と考えたことはあります。 皆がよく似合うといってくれるから'こういう人との恋愛を公開すればあまり非難されないで祝福受けないだろうか'のような恋愛したいです。"

yc-20120607-7.jpg


'屋根裏部屋の皇太子'俳優らと息の合う呼吸を自慢したパク・ユチョン. /イ・セロム記者

-花の腹心三銃士 チョン・ソクウォン-イ・ミンホ-チェ・ウシクと呼吸はどうだったか?

"ものすごくよく合いましたよ。 私と三銃士より彼ら同士の和がよく合うべきだったので、3人がものすごく親しくなりましたよ。 私は気楽にのせられて行きましたよ。 3人が準備をものすごく上手にやってくるから、私がちょっと不足したことでないのかと思ったりもしました。 彼らが準備したことを見れば私も気づかない内にリアクションが自然に出てきたそうです。"

-コミック演技どうだったか? アドリブ競争もしただろう。

"コミック演技おもしろかったんですよ。 状況もおもしろくて撮影も良かったんですよ。 アドリブも多かったんですよ。 毎回増えていったからです。 後には互いにアドリブを乱発するから臣下の撮影が終わっていなかったんですよ。 確かに結末を作るタイミングがなければならなかったがですね(笑い). チサンが(チェ・ウシク)が朝鮮に逃げてカボチャの葉をはがしたらつつくように掴んで走る場面があったが、それもアドリブでしょう。 チェ・ウシクは本当に賢くて頭が切れる俳優です。 イ・ミンホとも準備徹底しましたし。"

-記憶に残る場面やせりふは?

"19回が一番良いです。 ベッドに横になってハッカを見て"有難かった"とするせりふがあったが、涙をこらえるのに本当に大変でした。 ものすごくぐっとしましたよ。 本当にハッカを愛したんだなあと思いましたよ。 序盤には"ピングン"というせりふをものすごく大声を張り上げるのですが、終わると思ったが後半には"ハッカや"と大声を出すのがさらによく出てきましたよ。 貯水池でハッカを呼んだ時多くの思いが浮かびました。 ところでその貯水池がとても汚かったんですよ。 浸かった水なので本当に汚かったがジミンヌナは顔を埋めていなければならなくてカット音がして私がすぐに引っ張り出しましたよ。 その少しの間であったのに本当に腐った臭いが冗談じゃなかったんですよ。 それを撮って風邪を引きましたね。"

yc-20120607-8.jpg

サセンファンの話に激しく怒ったパク・ユチョン/イ・セロム記者

◆"サセンファンは本当に嫌いです。"

-今回上手くいって、次の作品に負担感があるのではないか。

"今回の作品で好評を受けたことは'私が上手にやった'のではなく、私が経験したことなどから、そこから演技が出てきましたよ。 今回骨に凍みるほど感じました。 (父親喪で)大声で号泣をした経験があるので、そのような場面で涙を流すことができましたよ。 次の作品に出会った時不安だという感じるよりは、最大限余裕がある時に一つずつ経験をきちんと入れようという心がけです。"

-ハン・ジミンは'歌うパク・ユチョン'が想像できないといったよ。

"現場でも何度かそのような話を聞きました。 いぶかしかったんですよ。 前に一度もそのような考えをしてみたことないですので。 瞬間'アザ'殴りましたよ。 歌手や演技など、その時その時重点を置くことだけです。 とにかく踏み台が作られたので音楽と放送出演が開けるように願うだけでしょう。"

yc-20120607-9.jpg


JYJメンバー キム・ジュンスーキム・ジェジュンに対する愛情を自慢したパク・ユチョン. /イ・セロム記者

-キム・ジュンスの新しいアルバム、うらやましくはないのか?

"大賛成でした。 無条件にジュンスがしなければならないといいましたよ。 上手く行って欲しかったし、当然だと考えます。 同じメンバーなのでそうかどうかわからなくても、明確に比較されるほど上手にすると思います。 期待もたくさんですよ。 ジュンスのミュージックビデオが公開された時すぐに探してみました。 素晴らしくて立派だったんですよ。 私がJYJメンバーだというのが自負心が感じられました。 みな上手くいくでしょう。"

'ドクタージン'キム・ジェジュンの史劇の演技を見たか?

"まだ見てません。 それに助言をしていないです。 本当に初心者ではない以上自分だけの演技の価値観があることじゃないですか。 未熟であることはあっても、間違ったことはない、自分だけの分析です。 自分のことで消化すれば正解でしょう。 私が助言することができるのはそうしたのはないです。 助言をするならば演技的なのでなくテクニックやアングル、照明そんなことでしょう。 ところでそうしたのはあえてまた、私が助言しなくてもジェジュンが上手でしょう。"

-撮影が終わった。 休みながらしたいことは?

"海が本当に好きなので、はやく見に行きたいです。 '成均館(ソンギュングァン)スキャンダル'でも'ミス リプリー'は'撮影が終わればはやく行かなくちゃ'と苦しいほどだったが、今度は疲れるけれど、どこでもむやみにそうしたくはないですね。 以前には私が作った強迫観念と圧迫感が大きくてそうしたが、今はかえって気楽です。 弟のユ・ファンが撮影場所には必ず行くでしょう。"

yc-20120607-10.jpg

落ち着いている俳優でいられるように願うというパク・ユチョン. /イ・セロム記者


-大衆はパク・ユチョンに対してどんなふうに思うことを望むか?

"公人としてたくさん考えます。 受ける愛に比べて報いる道があまりないようですね。 良い演技と音楽、与えられたことに最善を尽くすことなど限定されたことしかありません。 ファンという存在は熱心にするのを見てまたより嬉しく思って下さるから感謝する部分でしょう。 それで公人として行動をさらにしっかりしなければならないと考えます。 それが一つの恩返しであることでしょう。 人としてカッとして悪口を言うことができるが、ファンたちの一途のような愛にさらに頑張らなければならないですね。 もちろんそのようなファンもあってそうでないファンもありますが。”

-そうでないファンに対する考えは?

"サセンファンは本当に嫌いです。 率直にファンとも考えません。 以前にはファンの一部分だと考えて理解しようとしたがそのようにして9年が過ぎましたよ。 今はこれ以上理解も出来ません。 一線をたくさん越えるからです。 ご存知ない方々は甘受しなければならないというが、それがふさわしい言葉でしょう。 だが、私どもの状況を分かるならばそんなふうに話せないのでは。 とにかくファンたちの愛のおかげで私どもが存在出来るんです。"

-個人的に転生を信じるか?

"信じはしません。 だが、その人に対する懐かしさがどれくらい大きければ転生という単語が胸中に残っているかと思います。 察することはできない懐かしさでしょう。 個人的には転生に対してたくさん考えてみなかったが、今生まれた通り熱心に生きなければならないですね。 せりふ一言にその人の心がぽとりぽとりとにじみ出るようにそのような真の俳優になりたいです。 ノーメイクで演技をしても、演技だけでカバーになるそのような俳優です。

comet568@media.sportsseoul.comスポーツソウルドットコム演芸チームssent@media.sportsseoul.com

http://news.nate.com/view/20120604n03504

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。