HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  "ドクタージン"キム·ジェジュン、今よりもこれからがもっと期待される理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"ドクタージン"キム·ジェジュン、今よりもこれからがもっと期待される理由

2012-07-15 07:55

201207150733070210_1.jpg

[ニュースエン キム・ソヨン記者]

キム・ジェジュンが演技者として驚異的な成長を見せている。

キム・ジェジュンはMBC週末ドラマ'ドクタージン'(脚本ハン・ジフン、チョン・ヒョンジン/演出ハン・ヒ、オ・ヒョンジョン)でキム・ギョンタクの役を演技している。

史劇演技は初めての挑戦だが、回を重ねるほど安定した演技で没入度を高めている。

「思ったよりかなりやるね」という評価を受けてきたキム・ジェジュンの演技力が爆発したのは7月14日放送された15回だ。

この日'ドクタージン' 15回放送でキム・ギョンタクは永らく思慕したホン・ヨンネ(パク・ミニョン)に「愛していない」と婚礼を断られた。
続いて、父キム・ビョンヒ(キム・ウンス)に「婚礼で一族を恥をかかせた」として捨てられた。

このため、キム・ギョンタクは愛するホン・ヨンネに刃を向けて、キム・ビョンヒには銃を突きつけることもした。

傷ついて混乱した状況の連続だった。
葛藤と感情を解く過程も複雑だった。
ホン・ヨンレの前では愛しながらも憎む愛憎いっぱいである姿を見せなければならなかった。
自身を捨てた父に反発しながらも必死にしがみつくのもまた簡単な感情でない。

このような状況らをキム・ジェジュンは物静かなだけではない演技で消化した。
キム・ジェジュン瞳孔が揺れて愛を失った悲しみに身体がふらつく姿まで自然だった。
ややもすると感情の過剰が感じられることができる場面でも、キム・ジェジュンは最大限節制することが感じられるほどであった。

キム・ジェジュンのこれからが期待される理由もここにある。

'ドクタージン'はキム・ジェジュン3作品目である。
キム・ジェジュンは日本で'素直になれなくて'で初めて演技に入門し、その後、我が国ではSBS 'ボスを守れ'で初めて演技を披露した。
キム・ジェジュンはまだ3番目の作品で感情をコントロールする内面演技を自然に消化しているのだ。

キム・ジェジュンの成長率に驚くべきだ。
キム・ギョンタクがジン・ヒョク(ソン・スンホン)の登場で体験する事件、それによる葛藤と感情の変化をキム・ジェジュンは毎回発展した姿で見せている。

キム・ジェジュンは放送初期と今を比較してみてもかなり安定した姿を見せている。

視聴者たちの好評も続いている。
「アイドル出身だと色眼鏡で見たがますます良くなるようだ」 「キム・ウンスにも押されない演技」「複雑な感情変化をぶれないで見せている」 「没頭させてしまう演技者」などの反応を吐き出した。

これからキム・ジェジュンが'ドクタージン'を通じて演技者としてどのように大きく成長することができるか見守ることだ。
(写真=MBC 'ドクタージン'キム・ジェジュン キャプチャー)

翻訳機使用
http://news.nate.com/view/20120715n01401
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。