HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  ‘ドクターJIN’キム・ジェジュン、アイドルの偏見破った嵐のような嗚咽演技光った

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘ドクターJIN’キム・ジェジュン、アイドルの偏見破った嵐のような嗚咽演技光った

2012-08-06 13:36

06368380.jpg


‘ドクターJIN’キム・ジェジュンの嵐のような嗚咽演技に視聴者たちの好評価が絶えることなく続く。

5日放送されたMBC週末ドラマ‘ドクターJIN’(脚本ハン・ジフン、演出ハンヒ) 21回ではイ・ハウン(イ・ボムス)とキム・ビョンヒ(キム・ウンス)間の最後の勢力争いが広がった。 そしてその中にはキム・ギョンタク(キム・ジェジュン)がいた。

その間キム・ギョンタクはこの中でスパイとして猛活躍を広げながらもお父さんキム・ビョンヒに向かった終始一貫した忠心を見せて視聴者たちの切なさを掻き立てた。 しかし、キム・テギュン(キム・ミョンス)の背信で結局イ・ハウンが勝利を得ることになった。

キム・ギョンタクはキム・ビョンヒに“どうか生きてほしい”として“私がお連れします。 私とともにお母様が埋葬された故郷へ降りて行って残った余生を楽に送ってはいけませんか。 このキム・ギョンタクがお父様を死ぬ時まで守って差し上げる”と哀願した。 この言葉にキム・ビョンヒはうっすら微笑を浮かべるとキム・ギョンタクが胸に抱いていた銃で自身を撃ってしまった。

キム・ビョンヒは死を目前にして立ってこそキム・ギョンタクに“もう君自身のために生きてくれ”と話してキム・ギョンタクを息子と認定した。 キム・ギョンタクは心を寄せる所のない自身に初めて手を差し出したキム・ビョンヒに対する有り難みを感じて生涯を生きてきた。 これに対し明らかに結果が負けると分かる戦いにも関わらずキム・ビョンヒを最後まで守って忠誠をつくしたこと。 そのように守りたかったお父さんを目の前で失ったキム・ギョンタクはお父さんをふところに抱いて嗚咽しなければならなかった。

キム・ジェジュンは胸が切なくなった涙の演技で、矢に打たれて傷もまともに治療できなくて、体も支えられないキム・ギョンタクを完全に表現し、やり遂げて視聴者たちの注目を引付けた。
全てのものを失ったが自分自身が生きていく理由であったお父さんだけは絶対失うことができないという彼の強硬な意志が涙いっぱいな目の中にゆらゆらきらめいた。 そして銃を撃った後倒れたお父さんをふところに抱いて嗚咽する場面でキム・ジェジュンはとめどなくに涙を流して視聴者たちの心を切ない気持ちにさせた。


今までアイドル グループ メンバーという偏見に閉じ込められて本人が持っている才能や努力如何に関わらず、低く評価された部分があったキム・ジェジュンは今回のドラマ‘ドクターJIN’を通じて今後がより一層期待される演技者でとして、より大きな飛躍をした。 たとえドラマ自体では成功的な結果を得ることができなかったが、キム・ジェジュンの驚くべき演技力の成長を見ることができたという点は高く評価される価値はある。

放送が終わった後視聴者たちは“キャラクターをよく生かす演技者のようです”、“死を敷居に控えて立つ武者として向き合うことができましたね。 とても悲しかったです”、“どんな危機と試練にも最後までお父さんの味方に立ったギョンタクが美しいです”、“もしかしたら彼はお父さんビョンヒの運命を分かっても最後まで守ろうと努力したようですね。 感動です”等の反応を見せた。

一方この日放送末の予告篇では最後まで自身の命をかけてヨンレ(パク・ミニョン)を守るギョンタクの姿が描かれて緊張感を加えた。 ‘ドクターJIN’最終回(22回)は来たる11日放送される。

訳 Japan FanCafe JYJTheirRooms  yuri
スポンサーサイト
Comment
いつも適切に整えられた記事をUPしてくださいまして
本当にありがとうございます。
こちらの記事を出所(訳して下さった方のお名前含め)
明記の上、ブログにお借りいたしました。
昨日のジェジュンの演技を母国でほめてくださっている
記事を少しでも多くの方に読んでいただきたいと思います。3日後、喜びの涙をともに流すことができますよう
心より願っています。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。