HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  <ドクタージン>キム・ジェジュン、 "自分自身を捨てたらキム・ギョンタクが見え始めました"(インタビュー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ドクタージン>キム・ジェジュン、 "自分自身を捨てたらキム・ギョンタクが見え始めました"(インタビュー)

アジアトゥデイ
2012-08-08 08:00

18271_0_500750_35466.jpg
写真=シージェスエンターテイメント

アジアトゥデイ チョン・ジヒ記者 = キム・ジェジュンが変わった。

昨年彼が、ドラマ<ボスを守れ>で初めて演技者としての変身を宣言した当時、多くの人々が懸念を示した。アイドル歌手の演技挑戦には、自然と演技力論議が続くからだ。

案の定キム・ジェジュンは、ぎこちないセリフ処理と表情演技で "ドラマではなく画像を見ているようだ" という非難を避けれなかった。

MBC週末ドラマ<ドクタージン>(脚本ハン・ジフン、チョン・ヒョンジン、演出ハン・ヒ)出演の便りが伝えられた時も同じだった。演技の経歴が不足しているキム・ジェジュンが史劇演技をまともに消化することができるのかという疑問が提起された。

だがドラマ序盤で振るわない姿を見せたキム・ジェジュンは、回を重ねるごとに目に見えて成長した演技を披露し、5日に放送された21回分では、渾身の嗚咽演技を広げることで、初めて演技者としての力量を認められるに至った。

"率直に史劇を上手くやる自信もなかったし、演技をマトモにできなかった場合に返ってくることに大して恐怖をたくさん抱きました。上手にできなくても無条件に熱心にする姿を見せなくちゃいけないと思いました。撮影をしながら僕が発展していく姿を視聴者たちが感じてくれれば十分だと思いました。無事に撮影を終えて本当に良かったです。 "

18271_1_500750_35466.jpg
写真=シージェスエンターテイメント

劇中、キム・ジェジュンが演じた捕盗庁の従事官キム・ギョンタクは、自尊心と勝負欲は強いが自分が守ろうとする人のためなら全てを捨てるほど熱い心を持った。

だが同時に、庶子という身分に対する痛みを持っており、最終的に親子の関係、愛、友情、どれも得ることの出来ない悲運の人物だ。

"後半に行くほど涙を流すシーンが多くなってエネルギー消費が大きいから少し大変でしたが、欲張らずに唯一自身が守ろうとする一つだけを眺めるギョンタクの性格が、実際の私と似ていて感情移入は難しくなかったです。私の胸にタトゥーがありますが "信念を守ろう" という内容です。何か得ていたものを失うのが一番怖いことですが、それを失っても守りたいのは必ず守ろうという意味です。心が弱くなるたびにタトゥーを見て強くなる為に、わざとよく見えるところに刻みました。"

自分と似たキャラクターを演じたからだろうか。キム・ジェジュンは今回の作品を通じて、完全とまではいかずとも、ある程度演技力論難を寝かせるほどの成果を上げたという評価を受けている。

演技を初めて始めた頃の彼は "無条件に格好良く見せなければいけない" と意識しているという印象を消すことができなかったが、 <ドクタージン>ではそのような負担感を下ろしたことを感じることができる。

"前作もそうでしたし、今回の作品の序盤でも本来の僕を捨てれずにいました。歌手は舞台の上で格好良く作られた姿を見せなければいけませんが、演技者は己を捨ててキャラクターだけ残した時に最も輝くことを悟れずにいましたが、キム・ギョンタク役に没頭してみたら格好良く見せなくちゃいけないと考える時間もなく自然に己を捨てることができました。"

18271_2_500364_35466.jpg
写真=シージェスエンターテイメント

マンガの中の主人公のように非現実的でハンサムな容姿と都会的なイメージが演技をするのに邪魔になるのではないかと尋ねると、彼は "ハンサムではなく、独特なようです" という妄言を言った。

"柔らかくて平凡な顔であればどの作品にでもよく吸収されると思いますが、自分自身がそ​​んな顔じゃないというのは知ってます。ですがかえって良かったようです。僕の容姿を指摘する方々に、それを乗り超えてより良い姿をお見せしたいという欲が出ますね。むしろこのような容姿を持った僕が己を捨てて演技に没頭する姿を見せる時、より良い印象を与えられるようです。21話で涙、鼻水、汗、唾液がごちゃまぜになった液体を吹き出しながら演技した後に称賛を受けたように(笑) "

キム・ジェジュンは歌手として最初に芸能活動を開始したが、インタビューをする中で演技への情熱がどれほど熱いのか感じることができた。彼は、年を取ってもその年齢に合わせてまた新たな役割に挑戦できるのが嬉しいと、今後も着実に演技をするという意志を表わした。

"映画出演も準備中で、今年が終わる前にまた新しい作品を撮ってお見せしたいです。<ドクタージン>を撮りながらもしっかり作曲をしたので来年上半期に新曲をお見せする機会があれば良いです。映画やドラマでインスピレーションを得て曲を書いたりするので、キム・ギョンタクの演技をしながら作った歌はとても悲しく、残酷で、暗いだけなので抜いてしまいました。そして恋愛もしたいです。いい女性がいたら合コンもしてみたくて。 <ドクタージン>のヨンフィ(チン・イハン)のように僕だけ見つめてくれる "女性" だったらいいですね。(笑) "


チョン・ジヒ記者

訳 Japan FanCafe JYJTheirRooms  sora
http://news.nate.com/view/20120808n06488
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。