HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  " 'スター キム・ジェジュン' を捨てた"(インタビュー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

" 'スター キム・ジェジュン' を捨てた"(インタビュー)

スターin  2012-08-08 08:06

PS12080800039.jpg
歌手兼俳優のキム・ジェジュン(写真=シージェスエンターテイメント)

[イーデイリー スターin パク・ミエ記者]
キム・ジェジュンの選択は果敢だった。歌手としてはトップの座を享受し、俳優としても初めての作品(ボスを守れ)が悪くなかった。ところが彼の選択は意外にも史劇だった。

キム・ジェジュンはMBCの週末史劇<ドクタージン>で俳優としての可能性を見せてくれた。<ドクタージーン>は視聴率はやや惜しい。しかし俳優たちの演技は引き立って見えた​​作品である。歌手出身俳優で史劇挑戦に半信半疑だったキム・ジェジュンの演技は、初めと終わりでは明らかに違った。去る5日に放送された21話が代表的だ。彼は劇中、父親であるキム・ウンスの死を目の前で見守って嗚咽した。実感できた。放送が終わった後、彼の嗚咽演技に対する称賛が溢れた。

キム・ジェジュンと去る6日、ソウル江南区清潭洞のとあるレストランで会った。この日明け方までドラマ打ち上げパーティーが有ったので目が少し充血していた。ドラマの撮影をしながら映画まで撮るために体が満身創痍になったはずだった。 "最近天気がとても暑かったじゃないですか。撮影するのにこんなでは本当に死ぬかも知れないと思ったんですよ。" 彼もなだめた。表情は明るかった。

キム・ジェジュンは史劇挑戦が怖くなっていた、と打ち明けた。"先輩たちも簡単に挑戦できないのが史劇なのに...今もどうして突然やることになったのか分からないです。" 今は笑いながらできる話だ。しかし<ドクタージン>に入る前までは恐怖が少なくはなかった。

"デビュー​​して以来、ずっと何かをするたびに実際には恐かった。<ドクタージン>直前が最高でした。したいことは多いの結果が悪いかもと思って。<ドクタージン>に入ってからも、僕がして構わないのか、誤ってこれまで積み上げてきたものを一瞬にして失う事にならないのか、僕によって他の人々が被害をこうむるのではないかと苦しかったんですよ。"

そんな悩みも撮影に入った瞬間に消えた。体が忙しくなると色々と悩む余裕がなかった。何よりもベテランの先輩たちの間で演技しながら自然に "俳優キム・ジェジュン" になることができた。

" '歌手キム・ジェジュン' を降ろしてみたら答えが見えました。演技ではまっさらですから現場で体当たりして速く必要なものを習得したようです。心配も恐れも多かった作品だと無事に終えて喜びもより大きかったです。"

キム・ジェジュンは<ドクタージン>をきっかけに演技への自信が高まった。彼は作品の中で主演の欲もないと言いながらサイコパスや狂気ある様々なキャラクターに挑戦してみたいと演技意欲を見せた。キム・ジェジュンはまもなく歌手として出るために作曲に没頭する。彼は"史劇をしながら低音を出すのに慣れましたが、そこから早く直さなければいけません" と笑顔を浮かべた。

PS12080800040.jpg
"魔性の花武官" キム・ギョンタク役で好評を博したキム・ジェジュン(写真= MBC)


訳 Japan FanCafe JYJTheirRooms  sora
http://news.nate.com/view/20120808n06625


キム・ジェジュン "パク・テファンが失格となった時にはムカッと"(2012.8.11 2:16追加)

スターin 2012-08-0808:10

PS12080800042.jpg
歌手兼俳優のキム・ジェジュン(写真=シージェスエンターテイメント)

[イーデイリー スターin パク·ミエ記者]

歌手兼俳優のキム・ジェジュンも "マリンボーイ" パク・テファンの失格判定当時、怒った事実を告白した。

キム・ジェジュンは去る6日、取材陣と会った席で "パク・テファンが失格となった時、どれほど腹が立ったか分からない" と述べた。キム・ジェジュンは忙しい撮影日程中でも時々オリンピック中継放送を逃さなかった。特に水泳は親しいパク・テファンが出場する種目で関心は格別だった。そんな中でパク・テファンの失格判定は衝撃だった。

キム・ジェジュンは、"テファンに 'イギリスに行って抗議したい’ とメール送ったりしました" と話した。彼は "テファンが4年前から、次の(ロンドン)五輪では本当に良くやらなければならないと話してきた。毎日早起きしてトレーニングして食べたいものも遊びたいものも自制したのに失格だなんて、言葉にならなかった" と自分のことのように興奮して話していた。

パク・テファンは2012年ロンドン五輪競泳男子400m自由形予選で一番最初にタッチパッドを撮ったのに、失格とされた。そうするうちに異議申請が受け入れられ劇的に決勝に進出したパク・テファンは、紆余曲折の末に銀メダルを獲得した。キム・ジェジュンは心理的な圧迫に耐えて獲得した貴重な銀、としてパク・テファンを称賛した。


Japan FanCafe JYJTheirRooms  sora
http://news.nate.com/view/20120808n06721
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。