HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジェジュン  »  'ドクタージン'キム・ジェジュン、アイドル脱いで俳優を着た

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'ドクタージン'キム・ジェジュン、アイドル脱いで俳優を着た

[OSEN=キム・ナヨン記者]

俳優キム・ジェジュン アイドルを脱いで完ぺきな俳優の服を着た。

去る12日午後放送されたMBC週末ドラマ'ドクタージン'最終回で最も引き立って見えた人物はキム・ギョンタク(キム・ジェジュン)だった。
この日、ギョンタクはフランス軍に包囲されたジンヒョク(ソン・スンホン)とヨンレ(パク・ミニョン)を救うために惜しむことなく自身の命を投げ出して、全身でフランス軍の刃物を受けた。

キム・ジェジュンの赤くなった瞳と寂しさがにじみ出る表情演技はギョンタクが死を前にして"誰が何と言おうとお嬢さんは私の人、私の女性だ"としてやきもきする純愛を繰り広げる最後の瞬間まで切なさを加えた。

それだけでなくキム・ジェジュンは父の仇を晴らすためにハウン(イ・ボムス)の命を狙う場面では怒りに包まれて感情を整理できないギョンタクの姿を狂気じみた眼差しの演技で完全に消化した。

201208130712775769_1.jpg

2004年グループ東方神起でデビューした後、最高のアイドルの座に上がったキム・ジェジュンは2010年JYJを結成した後、本格的な俳優活動に拍車をかけた。
2011年にはドラマ'ボスを守れ'でテレビ劇場にデビュー、'期待以上'という評価を得たが彼が次期作で史劇'ドクタージン'を選んだ時は憂慮の声が高かった。

アイドル出身俳優として演技経歴が十分に積んでいない状態で発声や語り口一つまで詳細に神経を使わなければならない史劇演技をどれくらい消化するかがカギだった。
キム・ジェジュンは常に努力した。
毎回撮影会場に一番最初に到着し、三ヶ月の間家に帰る回数が10回余りであるほどハードな撮影スケジュールにも車中で睡眠を取りながら演技練習に励んだ。

期待値は高かったがキム・ジェジュンは誇らしげ気にその期待を飛び越えた。

彼は愛する人から傷を受けてますます苛酷な運命と向き合って崩れる悲運の従事官キム・ギョンタクを深く更に深い瞳で多彩に表現した。
劇が進行されるほど彼に向かった論議と憂慮も好評一色に変わった。

キム・ギョンタク役を通じて寂しさがにじみ出るキム・ジェジュンの目つきは彼が俳優として持つ最も大きい長所に数えられることになった。
ここでは歌手出身演技者らしく安定した発声までより加わり、彼の感情演技がより一層光を放ったという評価だ。 'アイドル出身演技者'という限界を自ら脱いでしまった彼の次の歩みにすでに関心が集められている。

<写真> 'ドクタージン'スクリーンショット

翻訳機使用
http://osen.mt.co.kr/article/G1109451037
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。