HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  "悪口を言われてもGO"キム・ジェジュン、ロコ(ロマンティクコメディー)ではなく時代劇選んだ理由[インタビュー]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"悪口を言われてもGO"キム・ジェジュン、ロコ(ロマンティクコメディー)ではなく時代劇選んだ理由[インタビュー]


2012-08-16 16:53

16373288.jpg


"'ドクタージン' 100%悪口を言われそうでした。"もしあなたがキム・ジェジュンならば'ドクタージン'に登場しただろうか。 演技経験の少ないアイドル歌手に初めての史劇挑戦、そして現代的なマスク. いっそロマンチックコメディを選択したならばさらに大人気と簡単に好評を引き出すことができる場所であった。

キム・ギョンタクは簡単な役でもなかった。 友人もいなかったし愛もなかった。 家族もなかった。 最も基本的な関係から来る、ものすごい背信と孤独さがキム・ギョンタクを作った。 キム・ギョンタクが願ったのでもなかった。 それほど大きくない希望なのに、台風のように流れる歴史と急変するキム・ギョンタクを囲んだ周辺の人達の変化は彼をより一層深い傷を受けた人物として作った。 キム・ジェジュンはそのような危険なキムギョンタンに出会った。

373288-0.jpg


▲キム・ジェジュン、君はなぜ'ドクタージン'を

'ドクタージン'は十分知られた通り日本原作の漫画とドラマがある。 原作とリメーク作の比較を避けることができないこと、キム・ギョンタクに視線が集中するのは当然だった。 キム・ギョンタクは原作になかった人物で固いイメージもある'ドクタージン'に感情性と葛藤の高潮を活発に起こす役割だった。 キム・ジェジュンにこのような役割が? 見る人も不安だった。

'ドクタージン'を終わらせて会ったキム・ジェジュンはやはり自身に降り注いだ憂慮の視線を知っていた。 "本当に負担感が多かったです。 恐ろしいほどです。 初めての史劇で人々がひょっとして良くない見方で見ないだろうか、あるいは私がちゃんと役に似合うだろうか。 演技を上手に出来るだろうかと思う恐れが極度に多かったです。"とやる側の人も不安だった。

"序盤に混乱もたくさん来ました。 私がたくさん節制をしなければならないキャラクターであり、節制する役割がさらに難しいものになって大変でした。 それでも劇が流れながらギョンタクの感情表現を見せることができたので時間が経つほどさらに気楽だったようです。”

さらにはビジュアルも過度に現代的だった。 'ボスを守れ'を通じて演技力を認められたが今までは派手なメーキャップに強烈なパフォーマンス、舞台の上の姿がさらになじむキム・ジェジュンだった。 冷たい都市型の男になっても、冷たい朝鮮男の姿を想像しにくかった。 それでも彼は'ドクタージン'を選択した。

"この作品を経験して称賛を受けたいという考えは全くしませんでした。 事実100%悪口を言われることだと考えました。 それでもこの作品を選択した理由は俳優としての道を歩こうとするなら以前に持っていたキム・ジェジュン本来の姿をなくさなければならないことだと考えました。 もちろん最初から消すことはできない話ですね。 史劇というジャンルが適切だと思いました。"

"スンホンヒョンもそのような話をされましたよ。 史劇を避けた理由がさらに俳優として内面空白を積んだ後したかったためだと。 それほど大変なジャンルでまだ内面空白が不足した私が、まして歌手であった私がどれくらい上手に出来ますか。 そのような私をさらによく分かるために初めは上手くやる自信もなかったし、ここでたくさん学んで、受けて行けばそれで成功したものと信じました。"

373288-1.jpg


▲見たいのはギョンタクであった

'ドクタージン'を見た人ならば分かるだろうが、劇中に含んでいる色々な形の話が如何に多いのか分かれば、頭が痛いほどだ。 "一回見ることが出来なければ、難しくてまた見るのが難しいドラマ"であって、キム・ジェジュンの話のように'ドクタージン'にはメディカル、愛、友情、タイムスリップ、政治、歴史がそれぞれ存在感を出そうともがいている渦巻いたドラマであった。

特に話の構造上すべての設定の衝突の中でキム・ギョンタクは大変悲劇的な人物だった。 "水流れるようにしようとしました。 感情をたくさん表わしてはいけないキャラクターだったが、ギョンタクが本当に大変な子供じゃないですか。 イ・ハウンもジンもそのようで、ギョンタクのために他の人が大変だったことはなかったです。 その人々が大変だからギョンタクは痛いこともあり、 その時ごとに頼ったヨンフィやヨンレからも傷を受けて。 ストーリーが進行されるほど正直になろうとしました。"

劇の後半部、キム・ジェジュンが全てのものを吐き出しながら熱演した嗚咽場面は大きい話題を集めた。 その間内面的に心を隠して深い傷を刻んでいたキム・ギョンタクの感情が爆発する瞬間、私たちはキム・ジェジュンを記憶した。

"率直に演技者として短所であるようだが、台本が感情と行動を計算してしなければならないのにまだそれがなじめないです。 涙を流さなくなければならない場面で、涙が出てくる時がある時もありますね。 その瞬間は本当にとても悲しかったです。 また、お父さんであるキム・ウンス先輩がその瞬間をより一層悲しくさせて下さいました。"

彼に感情表現する演技の秘訣を尋ねて、演技の秘訣という単語にも照れくさいのか直ちに'謙遜モード'に突入した。 "あまりにも先輩、先生が演技を良くして下さるので、その呼吸に対してたくさん合わせてついて行こうとしたことでしょう。"として漫画'スラムダンク'の名セリフ一つを付け加える。 "左手は手伝うだけ?"

373288-2.jpg


▲ 'ドクタージン'勉強の連続

"ご飯を食べることより寝ることが優先だった"と話すほど'ドクタージン'はキム・ジェジュンにつらいことだった。 また、すべての人物の塊の集合にあるキャラクターであり、劇自体が現代と過去を行き来するので俳優に与えられる任務も大きかった。 キム・ジェジュンはそのような環境で同僚俳優らと呼吸する方法を習った。

"キム・ウンス先輩は相手俳優の演技を尊重して下さるために現場では助言をして下さるよりは呼吸で知らせようとして下さいます。 実戦でですね。 シュートが入った入った瞬間から相手俳優がより一層上手に出来るように雰囲気を作って下さいます。 チン・イハンヒョンは本当に呼吸がよく合いました。 対話もたくさんして、疲れて台本を合わせてみる時間もないのに互いに対話をたくさんしようとしました。"

インタビュー序盤キム・ジェジュンは'100%悪口を言われるしかない'今回の作品で"たくさん習うのを目標にした"と話した。 彼は'ドクタージン'が終わった後その目標を実現したようだった。

"本当にたくさん習ったし得るものも多かったです。 今後演技をもっとしてみようという気持ち確かめた作品でもあり、もう少し私を捨てても構わなくさせました。 そして新しい作品に挑戦できる勇気を与えましたし。 今までしなかったのが多かったが初めに恐ろしくても実際に挑戦することになればどうにか適応して越えようとしますね。 限界は越えることができると教えてくれたようです。"

373288-3.jpg

デビューしてから9年目、アイドル歌手で海外活動、国内ではトップに登ったキム・ジェジュンは演技者として二つの作品をリリースしたし新しい挑戦を控えている。 今まで彼は自身のどの程度大衆に見せたのだろうか。

"まだお見せできなかったものが本当に多いようです。 そしてずいぶんたくさん残ったようです。 キム・ジェジュンといえばまだ偏見を持った方々がとても多いと知っていますが、それ自体が私がみなお見せできないためであるようです。 これもしてあれもすることが重要なのでなく'このような姿も上手で熱心にするんだな'と考えられるように。 努力しなければならないですね。 偏見が多いだけ他の人々より熱心にしなければならないようです。"

演技の挑戦に点数を付けてほしいという話には"初心者がどうやって自らの演技に点数を付けることができます"と答えた。 キム・ジェジュンは謙虚だったし落ち着いていたしユーモアあったし自身の位置に対して自ら過ぎるほど冷静に評価した。

もうこの青年が大衆の良い評価も聞く番だ。 アイドル出身演技者、短いフィルモグラフィーにともなう負担感を追い落として大衆の好評を得る資格を十分に備えた。 ドラマ'ドクタージン'が相対的に低い視聴率と複雑なストーリーのために居間の視聴者の眉をひそめるようにさせたとしても、毎回成長する演技力を見せてくれるキム・ジェジュンと成熟するキム・ギョンタクを見ることに多くのファンたちは幸せを感じたためだ。 もう'俳優'という言葉が不自然にならなくなった。

[TVデイリーユン・ヒョンジョン記者news@tvdaily.co.kr/写真提供=シジェスエンタテイメント]

訳 Japan FanCafe JYJTheirRooms  yuri
http://news.nate.com/view/20120816n24293
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。