HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジュンス  »  キム・ジュンス "韓国歌手がメキシコ初の単独公演 (インタビュー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ジュンス "韓国歌手がメキシコ初の単独公演 (インタビュー)

キム・ジュンス "韓国歌手がメキシコ初の単独公演…感激だ"(総合)


2012-09-06
[マネートゥデイ スターニュース メキシコシティ(メキシコ)=キル・ヘソン記者]


jc-20120906-1.jpg

キム・ジュンスⓒ写真=シージェスエンターテイメント


アイドルグループJYJ(キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス)のキム・ジュンスがメキシコの単独公演を控え、現在ソロでワールドツアーを行なっている所感や覚悟などを直接伝えた。

キム・ジュンスは5日の午後2時頃(現地時間)、メキシコの首都メキシコシティ カミノレアルホテルで韓国取材陣との記者会見を行った。

キム・ジュンスは去る5月、初のソロアルバム "タランタルレグラ"(TARANTALLEGRA)発表後、その月の19日のソウルを始めとして、タイ、インドネシア、台湾、中国、香港、米国、ニューヨークとLAでワールドツアーをすでに行い、約4万の国内外ファンと会った。キム・ジュンスは6日の午後8時にメキシコシティのオリトリオブラックベリーでコンサートを開催し、ワールドツアーを続ける。韓国歌手がメキシコシティでの単独公演を持つのはキム・ジュンスが初めてだ。


- メキシコで韓国歌手としては初の単独公演を行うことになったが。

▶僕もメキシコを初めて訪れましたが、コンサートまですることになって本当に嬉しいです。初めてのコンサートにも関わらず3000人以上のファンが来るというので感激です。メキシコ公演が実現されてK-popが世界的に知られているんだなという思いを改めて持ちました。素敵な舞台でメキシコのファンの声援に報いたいです。


-JYJのメンバーと今年上半期にチリとペルーでも公演を行い、今回メキシコでの公演を開くことになった。中米と南米の方で本人の、特に人気が高いと言われるが。

▶そうだろうか。あはは。中米と南米のファンの方々は特に情熱的なので、僕はグループ内で最も活発だと思われて…いるようです。そうだ、国ごとに僕やJYJの歌の中で好むスタイルが違いますが、南米とアメリカの方々はクラブ風ダンス曲に最も大きな歓声を送ってくださいます。日本は悲しいバラードを、アジアではいわゆる "俺カッコイイだろう" としながら聴かせるダンス曲を好みます。欧州の方々は好きなジャンルが多様なようです。


- ワールドツアーを回って抱いた新しい思いは。

▶今年、飛行機のマイレージが50万マイル貯まりました。メキシコに続けて間もなくブラジルでも公演を行うことになるのに、最初は僕も半信半疑でした。果たしてそこでコンサートを本当に開くことができるのか、と思っていました。もちろんJYJメンバーとして既に開催したスペイン、ドイツ、チリ、ペルー公演の時も同じでした。K-popの力を感じていて、僕もまた我が国の歌手たちが善意の競争の中で誕生させたK-popブームに支障にならない歌手になるために、よりいっそう責任感を持とうという思いになりました。それでこのごろ舞台上でもっと熱心にしようと努力しています。


- 去る5月、初のソロアルバムと、8月、英語のシングル "アンコミテッド" (UNCOMMITTED)を出してワールドツアーを回っている。現在の気分は。

▶アルバムを発表した後、メディア的な部分などできちんとした活動および広報をできないという考えに、最初は実はソロアルバムを出すのに否定的な考えも持ちました。それでドラマで活動する計画も立てたし、実際にミニシリーズの配役まで決めました。ですが、それでも僕が最もやりたくて自信が有るのが歌であり、上手く行こうが行くまいが僕を待っていてくれたファンのためにドラマ出演よりもアルバムを先に出すべきだと思いました。また、最近はTVでのみ歌を知らせる時代ではないという考えになって、苦心の末にドラマ出演をあきらめて5月にソロアルバムをリリースすることにになり、海外のファンたちのために8月に英語のシングルも出しました。

ソロアルバムが多くの愛を受け、アルバム発表後このようにワールドツアーまで行うことになった事を見れば、アルバム発売決定は本当に良かったようです。今年は僕に希望を与えた一年となったようです。


- ソロアルバムを発表して単独ワールドツアーを持ち、変わった点が有るか。

▶僕が歌手活動をする時やミュージカルに出演する時々に心がけが違うように、ソロ活動もJYJとの時とは明らかに異なる音楽をすべきだと考えています。セッション構成やメイクアップにも変化を持たせ、公演でトークを披露する時も更に堂々と積極的にしようとしています。 JYJではメンバーが主にトークを導いていきますが、ソロ公演の時は僕一人で観客と会うためです。またソロアルバムを出して公演をしながら音楽観も新たに捉えられています。ここにソロ活動する時は無難さだけは確実に避けようという考えも持っていて、パフォーマンスを更に浮き立たせた姿を披露しようと努力しています。


- JYJメンバーの応援はなかったか。

ワールドツアーを行う時はもちろん、普段でも僕たちは常にお互いに "大変か?" と聞きます。いま僕を含めてみんな大変ですが幸せになっています。僕たちメンバーは互いが互いに力になる存在です。僕はメンバーがとても誇らしい。僕たちはずっと違う姿を見せられように努力しています。


- 最近のアメリカLA公演の時、PSY "江南スタイル" のミュージックビデオに登場するマルチュムを踊ったというが。

▶当時その場に来られた全てのファンの方々が約束したように "江南スタイル" を叫んで、感じ的に2回ほど踊りました。全ての方々が叫んでいて、とうてい踊らないワケにいきませんでした。あはは。


- ミュージカルでも活発に活動する。ミュージカルに出演して変わった点は。

▶ミュージカルを通じて演技を初めしてみました。役に酔ってみたら僕が想像しなかった姿も現れました。ミュージカルをしながら変化と変身に対する恐れが無くなりました。だから歌手活動をするとき破格的な変身も試みることになりました。ミュージカルは歌に対するインスピレーションもくれます。 "モーツァルト" しながら "落葉" という歌が出てきましたし "エリザベート" は "タランタルレグラ" に影響を沢山与えました。ミュージカルの舞台と歌手の舞台をみんな味わえるというのが僕には幸せです。両方でバランスをうまく保って活動すれば僕にも良さそうです。


- 今後どのようなアイドルとして記憶されたいか。

アイドルだからといっても音楽性が落ちないということをお見せしたいです。 JYJからこんな考えを実践しようとメンバーたちが直接曲も書いています。


- 一人で忙しい日程を消化すれば孤独なこともある。彼女を作るつもりはないか。

▶彼女がいたら良いなという思いは常にしています。外見の理想は決まってませんが、性格的には礼儀正しく女性的な女性が理想です。今まで何度か恋愛してみましたが今は彼女がいません。いま彼女が出来たとしてもすぐにはねつけられるようです。あはは。


- ワールドツアーを終えた後の計画は。

▶いったん少し休みたいです。あはは。それでもワールドツアーをよく終えたという思いに満たされた心に休むようです。今回のワールドツアーは、僕自身にも多くのエネルギーを与えています。ワールドツアーを終えた後アルバムを発表するか、それともドラマやミュージカルに出演するかはまだ決めていませんが、そのどれをしようがワールドツアーは僕に大きな力を与えるようです。


一方、キム・ジュンスは今回のメキシコ公演以後、ブラジル、チリ、ヨーロッパなどでワールドツアーを続ける予定だ。

http://news.nate.com/view/20120906n10491

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff sora



キム·ジュンス "メキシコ初公演。責任感を感じて"
聯合ニュース 記事転送2012-09-06 11:02 最終修正2012-09-06 11:08
一部抜粋翻訳

彼はワールドツアーに取り組みながら、 "Kポップ歌手の代表として非難される舞台をお見せてしてはいけないという考えをした"とし、 "Kポップの足しになることができる歌手になろうという意味で臨んでいる"と伝えた。


しかし、彼は最初にアルバムを出してコンサートを始めるときは、 "すべてのものが恐ろしかった"と打ち明けた。前所属事務所との法的紛争で放送を通じて歌手としての活動するのに制約があるからだ。


"3-4ヶ月前に会社がアルバムを出そう言ったが、私は断りました。アルバムを出しても活動をまともに行うことができないならアルバムを出したくなかった。私のプライド上許することができませんでした。それでドラマも考えました。アルバムを決定する日までドラマの話をしたんです。ドラマを通じてブラウン管に出ることができる状況で多くの葛藤をしました。ドラマは私も欲が出る部分ではあったが、したくてするのではなくこれしかないからということ自体が良くなかったので、音楽と演技、どちらも同じように不確実ならば、私はより自信を持って上手にできることをしようと思いました。

彼はソロアルバムを出して多くの愛を受けて否定的な考えが肯定的に変わったとし、 "これからアルバム活動を熱心にすることができるエネルギーもできて、将来に対する考えも場所が取れたようだ"と自信をのぞかせた。


ソロでワールドツアーをしてみると大変な点もある。

彼は、 "昨日のように休みの日なら退屈だったよ"と"メンバーといれば笑いが絶えないのに一人でホテルにいて出ることができる状況ではないからメンバーたちを思い出していたよ"とメンバーたちに対する恋しさを伝えた。


彼はJYJの他のメンバーたち(キム·ジェジュン、パク·ユチョン)を"お互いに力になる存在"と呼んだ。

"三人がいつも安否を尋ねる言葉が"大変なのか"です。(笑)私たちは、大変だが幸せにしています。今の状況も、お互いに頼らなければ大変な状況だが、お互いがとても素敵に活動しているので、そのような姿が心強いです。


彼はソロアルバム発表の前にミュージカル舞台に立って、一人きりで立つ方法を慣らした

ミュージカルをしながら、最大の収穫は、変化への恐怖がなくなったということ。

"昔は変化に対する恐怖が多かったです。歌手としての能力を持っていたかはわからないが、スターとしての能力はないと自分で思いました。今のようにネイルすること自体は、以前の私の性格では想像もできないことでした。今では変化を全く恐れていないようにになりました。演技に合わせて私がどんどん変わるのが怖くないんですよ。表現で戸惑いもありません。そんなこと自体がアーティストとして本当に良いことのようです。

http://news.nate.com/view/20120906n10539から一部抜粋

翻訳機使用


JYJ3人のキーワードは、変化、進化でしょうか。
3人は、アイドルを超えて、アーティストとして、俳優として、いつも違った姿、新しい姿、新鮮な姿を見せようと努力しているのを感じます。
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。