HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジェジュン  »  キム・ジェジュン、インド旅行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ジェジュン、インド旅行記



My Journey Week
旅行者ジェジュンは全世界都市という都市を訪れ、道という道を巡り、路地という路地を数えきれないほど歩んできた。これまでの旅がいつもやるべき仕事がある目的地への移動だったなら、今はただインドの見知らぬ風景をさまよいながら肌を包み込む空気と光と香りを渾身の力で感じ取るだけだ。

jj-elle1.jpg
jj-elle2.jpg
jj-elle3.jpg
jj-elle4.jpg
jj-elle5.jpg
jj-elle6.jpg
jj-elle7.jpg
jj-elle8.jpg
jj-elle9.jpg
jj-elle10.jpg
jj-elle11.jpg
jj-elle12.jpg
jj-elle13.jpg
jj-elle14.jpg


インド北部、ラジャスタン(Ra​​jasthan)州 アルワル(Alwar)への道のりは思ったより険しかった。デリー空港から4時間半ほどかかるという情報を固く信じてはいなかった。緻密な時計の針を基準として生きてきた人々が、時間の永遠を信じるこれらの都市に入る関門は侮れなかったので "<ジャングルの法則>を撮りに行くのか" という不満も当然だった。 "インディ・ジョーンズになった気分です。過去に冒険しにやってきた気分です。" 誰かが感嘆の声を上げた。しかし数百年前に王が寵愛した別荘地帯はこの上なく貧しい集落へ衰退し、乾燥したようにパサパサと音を立てた。モンスーンを経た小さな湖はトトリムク(★1)のように粘っこく、人々の心に水気が宿っていたのはそれなりに幸いなことだった。(★1)韓国料理、どんぐりの豆腐

ドラマ<ドクタージン>で馬鹿正直な捕盗庁の従事官キム・ギョンタクとなってプラトニックな愛をテナートーンで見せてくれたキム・ジェジュンは、同時期に映画 <ジャッカルが来る>のちょっと抜けてるスター、チェ・ヒョンも受け持った。睡眠は不足したが感情にトランスをつけていたようにインプットとアウトプットが自在だった。 "よりによって同時期に2つの作品を同時に撮影するというのが容易ではありませんでした。様々なキャラクターを見せたい欲が大きかったし、全く相反したキャラクターを披露することができるという点に慰められ、途方もない集中力を発揮しなければならなかったんですよ。幸いにもセリフを早く覚えるほうですので。 (真剣に)血液の流れを助けるというオメガ3をたくさん飲んだためのようです。" <ドクター陣>は史劇という点で多少不便だった。試みと評価がいつも平行線を引くことができなかったので、新しいことを楽しむ彼でさえ負担になった。11月封切りを控え、<ジャッカルが来る>のチェ・ヒョンは本来の姿で臨んだジェジュンの映画デビュー作だ。 "映画の中で本当にたくさん壊れます。「マジで?そこまで?」という気がするほど大げさな場面が多​​いです。全身で笑わせると言っても過言ではないです。すごく傲慢で身勝手な歌手なのに実は純粋で大変な過去がある男です。スターになって自惚れてたところにキラーの拉致にあうんです。" 一日の間に行われるトップスター拉致ハプニングの中でチェ・ヒョンは、歌手というポジションはもちろん、ジェジュンと似ている点が多いキャラクターだ。リアルな演技を披露する機会だったということだ。

ジェジュンの度重なる壊れることに対する記憶は演技に対するオープンマインドと連結することができる。使い慣れた日本語を 努めてどもりがちに表現しなければならなかった日本ドラマ <素直になれなくて>で演技に入った彼が国内ドラマで正式にデビューしたのは、チソン、チェ・ガンヒと共演した<ボスを守れ>を通してだ。"苦衷がありました。歌手として歌って踊る才能と演技の才能を同じように併せ持つのではないんですね。だからじっくり積み上げていこうと試みています。でも音楽も疎かにはしないでしょう。表面的な活動が延期に比べて減ったりもしますが "演技するの歌が減りました、音楽的感受性がとても落ちました" という言い訳はしないように時々曲も書いて音楽もたくさん聞いています。" 才能を広げるのは良いが、他の才能のためにこれまで培ってきた才能のテンションを置きたくないとゆう意志は、当然継続しなければならないアイデンティティに対する悩みを置かず、充実すべき時間を楽しむという決意に言い替えることができる。

"音楽も最初は才能がありませんでした。ダンスも歌も門外漢でした。トレーニングが一役買いましたが結局実戦経験を通じて多くを吸収したケースで​​す。演技も多様に経験を積んでいけばいつかは満足のいく演技をすることができるのではという気がします。" 最後のフィルモグラフィーの現場を気さくなアティテュードで貫いてきたおかげで "冷笑的だと思った" "性格が良くないと思った" というような先入観がある程度解消された地点、彼の演技者としての歩みはもう少し緩やかになるように見える。もちろん選択を通じて抱えられた悩みは続いているが。"ドラマ活動が多くなってキム・ジェジュンを知ってくださる方々が増えました。でも海外のファンにはJYJというグループを飛び越えて依然として英雄ジェジュンに結び付けされる点が惜しいです。時間の問題だから努力してみなければなりませんね。"

"去る8、9年という時間をふるいにかけた時、残っているのも、抜け出たものも≪永遠≫のようです。私たちは無限でまだすることが多く、そうしていました。他の見方をすれば今と同じ姿勢でした。これまでのキャリアが成長した一方、時間の永遠さが多少抜け出たと思います。人気と名声と膨らんだ希望とチャレンジ精神。そんなことが永遠に続くと思っていましたが、思いとは違って危機はいつでも訪れるだろうという気がします。残っている≪永遠≫のエネルギーは前と同じです。30代になっても心だけは20代で生きていくでしょう。以前と違うことならば、恐れるものができたというだけで、ただし挑戦に対する意志は相変わらずだということでしょう。" 成熟した人にとって旅行とは新しい場所でゆっくり流れる人生を経験することである。しかし成長の加速に置かれた人にとって旅行とは次を計画するつかの間の休息である可能性が大きい。結局は人生も旅であり、旅は孤独である。過去の歴史の中ヘリテージが荒涼と繰り広げられたインドの小さな村は、彼に "永遠" の無意識の間を体感させた意味深い空間として残るかもしれない。巡り来る明日をリアルに悩んだこの若き日の旅行は、予測不可能な未来とは関係なく彼に深い意義を投げかけることは明らかだ。

動画が見れます↓
http://www.elle.co.kr/elle/video_player.iht?rsUrl=rtmp://movie.atzine.com/vod/REPOSITORY/2012/11/02/MOV/SRC/01AST022012110279248010230.FLV


http://www.elle.co.kr/elle/elleweb_template_fashion.iht?contId=B11_20121031_11216


訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff sora
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。