HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジェジュン  »  <ジャッカルが来る> 天下のキム·ジェジュンが緊張を? "震えてたまらない" (インタビュー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ジャッカルが来る> 天下のキム·ジェジュンが緊張を? "震えてたまらない" (インタビュー)


2012-11-12 13:22:12

[ニュースエン 文:チョ・ヨンギョン記者/写真:イ・ジェハ記者]


天下のキム・ジェジュンがもの凄く緊張した。

誰にでも "初めて" という言葉は意味が深い。歌手に初めてのアルバムがあるならば、俳優は初めての作品がある。すでに大韓民国最高の韓流スターとして地位を確立したキム・ジェジュンに映画 <ジャッカルが来る>(監督ペ・ヒョンジュン)は、初めてのスクリーンデビュー作である。震えてドキドキする分、心配も相当なものだ。


jj-20121112-1.jpg


jj-20121112-2.jpg


キム・ジェジュンは11月12日、ソウル三清洞のあるカフェで行なわれたニュースエンとのインタビューで、全く固まっているような姿を見せた。新人映画俳優として自分の作品を持って臨む初のインタビュー。 "もしかしてチェ・ヒョンと似てたらどうしよう" とちょっと思っていたのが申し訳ないぐらい、キム・ジェジュンは謙虚でどんな質問にも率直に答えた。

"意外" という反応も、実はキム・ジェジュンへの先入観がいつの間にか定着していたからだろう。私生活やメンバーたち、あるいは恋愛、愛など目を引くゴシップになることがある話よりも、質問を投げれば投げるほど "俳優キム・ジェジュン" の落着いた演技学が気になった。瞬間的にそこまで見抜けないキム・ジェジュンのスマートさと老練さにやられたのかも?

"やっぱり最初は何でも震えるようです。そして経験できなくてそうなのかは分かりませんが、なぜか映画の方がより過酷なようです" と慎重に心の内を打ち明けたキム・ジェジュンは "「こんな気持ちなんだ」ということを改めて感じているところです。面白く見て頂けたら良いのですが、よく分かりません。ひとまず私は大きなスクリーンに映し出される自分の姿がとても負担でした" と、ふっと笑った。

今回の映画でキム・ジェジュンは、恵まれず冴えない、別名 "礼儀をわきまえない" トップスター、チェ・ヒョンを演じた。ストーリー演出を全て離れてキム・ジェジュンが作り出したチェ・ヒョン一人だけ置いてみれば実に驚くべきだ。もちろんすでにドラマ <ボスを守れ>、<ドクタージン> を通じて立証された演技力だ。しかし映画はドラマと厳然に他の分野だ。スクリーンまで奪い取ったこの男、できないことがない。

"映画を2回見ましたが、最初は考える余裕もなかったし、2回目に見たときに初めて映画全体が目に入りました。他の何よりもキャラクターがとても笑えて選んだ作品なのに、実際の私の職業のようにチェ・ヒョンも歌手なため、どんな風に描写するかとても悩んだんですよ。私の演技が気になったんです。(笑)台本通りにだけ表現すればいいんじゃないかと思いました。"

時間の流れのとおりに撮影したのが多いがそのために大変だったのも事実だ。感情の糸を逃してはなりませんでしたし、合間合間で容易に想像できない壊れることの美学も披露しなければなりませんでした。また、トップスターを表現するにあたって、どこまで軽く重くなければならないのか重心を置くことも悩みでした。完全に消化したので降り注ぐ評価が恐ろしいのではないでしょうか。

"いやいや、足りない部分も本当に多いです。初めてが最も難しかったと思います。のらりくらりしなければならないのか、自分の型にだけ閉じ込められて肩に力をいっぱい与えなければならないのか。拉致されたあと生きるために凄まじくもがかなければならない姿を見せるべきだった為に、確実に区別しなければならかったんですよ。混乱しましたが最善を尽くしました。本当に熱心に。本当に!アハハ。"


チョン・ヨンギョン j_rose1123 @ /イ・ジェハ rush @

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201211121010311110


訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff sora
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。