HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジェジュン  »  'ジャッカルが来る'キム・ジェジュンの足順風に乗るか? 前売り率垂直上昇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'ジャッカルが来る'キム・ジェジュンの足順風に乗るか? 前売り率垂直上昇


bntニュース原文記事転送2012-11-13 11:30最終修正2012-11-13 11:48

jj-20121113-4.jpg


[イ・ジョンヒョン記者] ‘ジャッカルが来る’でキム・ジェジュンの足が順風を迎えた。 封切りを二日前に控えて、前売り率を2位まで引き上げて善戦を予告したもの。

11月13日映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワーク リアルタイム前売り率によれば、来たる15日に封切り予定である‘ジャッカルが来る’は前売りオープン以後予備観客が集まって20.8%を獲得、28.9%を記録した‘オオカミ少年’に続き2位を占めた。 現在の前売り観客だけでも1万人を越えたし、週末の上映館前売りが本格的に始まってなかったという点で前売り率はさらに上がる可能性が高い。

現在の映画前売り順位は混戦状態だ。 去る10月31日封切りしたソン・ジュンギ、パク・ポヨン主演の‘オオカミ少年’が僅かに先んじてる中で新しく封切りする‘ジャッカルが来る’と外国映画‘ブレーキングトーンパート2’(19.8%)が並んで後に続いた。 8日封切りした‘私が殺人犯だ’は13.3%で4位にランクされた。 ‘オオカミ少年’を先頭にした4巴戦だ。

‘ジャッカルが来る’上昇の勢いの動力はやはり人気アイドルJYJキム・ジェジュンだ。 ‘ジャッカルが来る’を通じてスクリーン デビューする彼は今回の作品で初めてコメディ演技を消化して話題を集めた。 ここに修学能試験を終えた受験生と10代の観客が集まって前売り率を引き上げた。 キム・ジェジュンはマスコミ試写会当時“100万観客突破時に全観客にチャジャン麺をおごる”と公約した。

週末ボックスオフィスの行き先はやはり上映館確保だった。 ひとまず‘ジャッカルが来る’の配給会社であるロッテエンターテインメントの集中砲火が予想される中でCJエンターテインメントもやはり‘オオカミ少年’を除いた‘光海’と‘容疑者X’の上映館は自然に減るものと見られる。 だが、新しく封切りする外国映画‘ブレーキングトーンパート2’の勢いが侮れなくて、乱戦が予想される。 前売り観客ら現場販売分がどこに集まるのかもやはりポイントだ。

映画‘ジャッカルが来る’という最高の韓流スターチェ・ヒョン(キム・ジェジュン)が伝説のキラージャッカル ボンミンジョン(ソン・ジヒョ)に拉致されて、ここにジャッカルを追う特殊警察(ハン・サンジン、オ・ダルス)とサセンペン、そしてチェ・ヒョンのスポンサーなどが絡まって広がる話を描いた。 ‘彼女を信じないで下さい’のペ・ヒョンジュン監督がメガホンを取った。 (写真提供:ロッテエンターテインメント)

ハンギョンドットコムbntニュース記事情報提供star@bntnews.co.kr

http://news.nate.com/view/20121113n11793

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。