HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジェジュン  »  キム·ジェジュン "力抜いて壊れましたよ...ファンのための総合ギフトセット"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム·ジェジュン "力抜いて壊れましたよ...ファンのための総合ギフトセット"

経済トゥデイ 原文 記事転送2012-11-14 15:12


jj-20121117-1.jpg

[フォーカス新聞社] ■interview "ジャッカルが来る"キム·ジェジュン

高音不可などの表現の自律性大きくなって良かったですよ
16時間縛られたまま撮影ご飯を食べてトイレに行き
キャラクター細かな楽しみ... OST作詞·作曲·歌

映画 "ジャッカルが来る"(監督ペ·ヒョンジュン)は、キム·ジェジュンのファンのための総合ギフトセットだ。劇中の韓流スター "チェヒョン"で初スクリーン挑戦に出た彼はアクション、演技、ダンス、体ギャグに上半身の露出まで映画の中で才能を思いきり発散した。

"撮影時の時が私の隠し芸の時間でもあったんですよ。偽物スター "チェホン"だと騙すためにふにゃふにゃダンス、高音不可(音痴)顔負けの歌、お腹を膨らませて太鼓腹作りのようなものはほとんどアドリブですよ。その過程で出てきたセリフやアクションが実際の映画に使われた場合も多いです。表現の自律性が大きくなって良かったです。私がしたアドリブの20%しか出てこないのが惜しいです。 "

jj-20121117-2.jpg

韓流スター 'チェヒョン "は、映画の中で伝説のキラーボンミンジョン(ソン·ジヒョ)に拉致される。体が縛られた状態でボンジョンミンから脱出するためにもがくチェヒョンの姿は想像だけでも笑いをかもし出す。しかし、笑いの中にはキム·ジェジュンの特別な苦衷(苦しい心の中)が隠れている。

"十六時間の撮影中ずっと縛られていました。縛られたままご飯も食べてトイレも行きました。縄を解く方向や速度がすべて計算されていたのでまた縛りなおすと計画がダメになることがありますからね。携帯電話を拾おうと這うシーンが本当に圧巻でした。リアリティーを生かそうと、スタッフに '本当に拉致されたようにギュッと縛ってくれ"と言ったが身動きませんでした。あざもたくさんついたんです。横でメイキングが回っていて痛いふりをしながらも思いきりできなかったです。(笑) "

jj-20121117-3.jpg

キム·ジェジュンはドラマ 'ボスを守れ "、ドラマ"ドクタージン'で続いて訳のある重い役割を引き受けた。今回の映画は "力を抜きたくて"選択した。

"重厚で、目力の強い悲しいキャラクターだけしましたよ。"あの子はあれしかできないか?"という声を聞きたくなかったです。元々得意なことよりも、新しいことをしようとしています。今まで見られなかった壊れた姿を見ることができるでしょう。芸術性や作品性よりもキャラクター一つ一つの小さな楽しさに集中すればおもしろいんです。 "

jj-20121117-4.jpg


劇中OSTではシンガーソングライターとしてのキム·ジェジュンに会う機会だ。今回の映画でボンミンジョンがチェヒョンファンの心を表わす時歌う歌を含めて2曲を作詞作曲し、エンディング曲は作詞をして歌まで歌った。

jj-20121117-5.jpg


"ジヒョお姉さんが口ずさむ歌は元は洗練されていたが、監督が'90年代の感じ"が出るように作ってくれと言われ変えました。暇が出来る度に作曲はしています。ソロアルバム "計画"もしているが時間が問題ですよ。いつでも出すことができるように合間に録音室で録音もしています。そうしてみると、2012年本当に一生懸​​命に過ごしました。それなのに地球の終末が来たらどうしよう?(笑) "


文:チェジュフン、写真:ジョンソンシク記者

http://news.nate.com/view/20121114n20510

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff *U
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。