HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ジェジュン  »  [インタビュー]キム・ジェジュン、愉快なこの男に演技を許して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[インタビュー]キム・ジェジュン、愉快なこの男に演技を許して


bntニュース原文記事転送2012-11-20 11:41

JJ-20121121-1.jpg


[イ・ジョンヒョン記者/写真キムカンユ記者] “これをこのようにしたら、はるかに広報が上手くいかないだろうか?”

韓流スターJYJ キム・ジェジュン. 舞台上の姿でない実際に会った彼は予想よりはるかに溌剌としていた。 インタビュー用の写真撮影の過程で絶えず映画広報社の職員たち、そして所属会社関係者とお喋りをしていた。 主題は一つだ。 自身の映画デビュー作である‘ジャッカルが来る’を少しでもさらに広報すること、そしてファンたちの前に少しでもさらに自身を見せようとする欲がおしゃべりの中に一緒に現れた。

11月15日封切りした‘ジャッカルが来る’でキム・ジェジュンは傍若無人韓流スターチェ・ヒョンを演技した。 当代最高の人気を享受しているのに、後ろではマネジャーをいじめて、ファンたち無視するのが日常である無概念慇懃無礼なキャラクターだ。 前作であるドラマ‘ボスを守れ’と‘ドクタージン’で見えたすっきりしていた姿でない分、思う存分壊れるコミック キャラクターに変身した。

いやキム・ジェジュンがコメディを? 彼の選択にいぶかしさを感じたことは事実だ。 だが、これはインタビューを通じてすぐに納得した。 カリスマで、すべてが完璧に出来ていそうだったこの男、私達が知ることよりはるかに‘笑わせる’

“前は正面きっての演技をしたので他の事ををしたい欲が深かったです。 さらに力を抜いて自由な姿をお見せしたかったんですよ。 ‘ジャッカルが来る’には事実コミックらしい場面のためにオーバーだったり誇張された部分があります。しかし、そのような過程で私の率直な姿がくっついて出せることができると考えましたよ。 キム・ジェジュンがこのような色もあるよ、こんな演技もできるよという姿をお見せしたかったです”

‘ジャッカルが来る’はキム・ジェジュンのスクリーン デビュー作だ。 初めて挑戦する映画なので負担感が生じることもあったがコメディというジャンルなので気楽に近づくことができた。 “まだ主役を演じる程の経験はない”と自身を謙遜したキム・ジェジュンだが重たくなるシリアスドラマでもなかったし、芸術性をアピールするよりは安らかな笑いを伝えることに集中すればいいというのが大きかった。

“ドラマは撮影をしながら放送になるのでその時その時の反応を調べれば良いのに映画は違うんですよ。 マスコミ試写会では本当に震えました。 宿題を全部終えた後に点数を付けられるという感じでしょうか。 鳥肌が立つように身体が震えたとしたら信じられますか?”

初めて挑戦した映画だったので惜しい面も残った。 自身と同じ韓流スターのキャラクターなので状況に合うアイディアも、経験にともなうアドリブも多かったが2時間の間に大きな流れを読む呼吸はまだ不足していたと。

“今考えればさらにオーバーに演技して生かさなければならなかった部分が浮び上がります。 現場ではそれが合うと考えたが完成作を見ると私の考えと違った部分が見えましたよ。 感情が一つで流れるよりはアップダウンがあるようで惜しかったです”

JJ-20121121-2.jpg


満足したものは何かという質問にキム・ジェジュンは“キスシーンの一つは本当によく撮れたようです。 上手く合う演技もたくさんしたので、難しかったりもしたがNGなしで消化しましたよ”として自らほめた。 それと共に“相手役の方々には申し訳ない話ですが、その間キスシーンを撮りながら一度もときめいたことはないです。 (ソン)ジヒョヌナもそうだし、キム・ソンニョン先輩やドラマに一緒に出演したワン・ジヘまで。 不思議にファンの方も嫉妬をしなかったんですよ。 かえって男性の方々にさらに嫉妬する?(笑い)”とふざけて爆弾発言することもした。 以後しばらくしきりに頭をかしげていた彼は“演技に集中していたからでしょうね”と手を横に振って慌てて収拾した。

‘ジャッカルがくる’でキム・ジェジュンが演技したチェヒョンはサセンペンに執拗な追跡にあう。 実際にもサセンファンたちのために大変な苦労をしたことがあった彼に関連の話を尋ねるとすぐにしばらく首をうな垂れた。 少々苦労したのが感じられる反応だった。

“実は昨日も家の前にあるマートに行って家に戻った時に家の前にその方がおられましたよ。 ‘まだこんなにされるんだな’という気がしました。 遺憾が大きかったんですよ。 もし私の娘が誰かのサセンペンになるならば頭を坊主にしてしまいますね”

実際に路上でファンたちに見つけられたらどうするのかと尋ねると“最後まで答えないのが秘法”とそれとなく話した。 “私を見つめながら疑っても絶対背を向けません。 その瞬間は私でない人にならなければなりません。(笑い)”

偶然に(?) キム・ジェジュンと会うことができる所を尋ねるとすぐに自身が楽しんで行く某定食屋と江南(カンナム)にある大型書店を挙げた。 分かってみればキム・ジェジュンはひそかに読書狂とのことだ。 “変に酒場で私を見たという目撃談はたびたび目につくのに書店で私を見たという方はおられないようです。 それとなく無防備であるのにですね。 ハハ”

JJ-20121121-3.jpg


ハンギョンドットコムbntニュース記事情報提供star@bntnews.co.kr

http://news.nate.com/view/20121120n12073

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。