HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  自由の身 JYJ、最善の地上波復帰作は何だろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由の身 JYJ、最善の地上波復帰作は何だろうか?

メディアス原文 記事転送 2012-11-28 19:04

29828_62572_159.jpg

29828_62573_29.jpg


[ブログ]イカロスのチャンネル固定

[メディアス]適切な表現かは分からないが、一番最初に浮び上がった単語は‘自由の身’でした。これまでSMエンターテイメントとの専属契約紛争で約3年4ヶ月間法的訴訟を進めてきたグループJYJがいよいよ双方の合意を通じて契約紛争の調整が終わりを告げました。

合意内容には双方が既に締結されたすべての契約を2009年7月31日付で終了して、これと関連したすべての訴訟を取り下げて今後の活動に干渉しないという部分も含まれていると報じられ、今まで見えないところでも活動制約を受けてきたJYJの今後の歩みが期待を集めています。

SMエンターテインメント側はやはり"3人が東方神起として活動する意思がないということを明らかにしたのでSMはこれ以上3人をマネジメントする理由がないと判断したし、今後お互いに関連することがなく、相互干渉しないことにして、今日の調整を通じて裁判を終えることになった"と明らかにしました。
ここで注目する点は‘相互干渉しないことにする’という課題です。良く知られているように、今までJYJはSMと契約紛争を係争中であるという理由だけで音楽放送出演を拒否されてきましたが。 名目的には‘訴訟中’という理由で出演が制約されていたが、巨大企画会社SMの影響が作用しなかったと見る人は誰もいなかった。

とにかく相互合意で契約紛争の調整が終えられた以上、もうJYJの活動幅もさらに広くなることができそうです。 放送会社の立場でもこれ以上出演を制限したり拒否する名目がなくなっただけにJYJ交渉においてはるかに流動的な姿を見せてくれると期待します。

それならパク・ユチョン、キム・ジェジュン、キム・ジュンスで構成されるJYJが地上波出演するならばどんなプログラムに復帰することが最も効果的でしょうか?

何よりこれまでメンバーが“音楽放送に出演したい”と明らかにしてきただけにJYJののステージを見せることができる音楽放送での復帰が最も現実でないだろうかと思います。その中で私は<不朽の名曲2>を強力に推薦します。すでに数多くの海外ファンたちを従えたJYJであるだけに彼らが<不朽の名曲2>に出演するならば、プログラムとJYJら皆に利益になることが出来るのではないだろうかと思います。<不朽の名曲2>は数多くのJYJの海外ファンたちを視聴者に引き込むことができて、JYJは破格なパフォーマンスと歌の実力を基に地上波復帰と同時に多くの話題を振りまくためです。

その上<不朽の名曲2>は実力と話題性だけ備えた歌手あるいはグループならば誰でも出演できるプログラムで知られています。実力と話題性だけおいてみた時、現在この時点でJYJより適する歌手がいるでしょうか? SMもすでに相互干渉することがないと明らかにしたので、<不朽の名曲2>製作スタッフは一日も速くJYJを交渉してはいかがでしょうか?

<不朽の名曲2>に続き考えてみることができるプログラムは<膝打ち導師>があります。音楽放送を通じて復帰をするのも良いが、その前に<膝打ち導師>に出演して去る数年間に彼らが体験した心境を虚心坦壊に話して、視聴者たちに率直な姿を見せるならば本格的な音楽活動をするのに先立ちはるかに友好的な雰囲気を作ることができるのではないかと思います。


最近カン・ホドン(SM C&C所属)のカムバックと共に再び始まる<膝打ち導師>はチョン・ウソンを初回ゲストで交渉してその色あせていない交渉力を自慢しましたが。 イ・ジアとの熱愛説で精神的苦労の激しいチョン・ウソンに続きJYJまで<膝打ち導師>に出演するならば、その話題性はカン・ホドンのカムバック効果とかみ合わさって十分に爆発的であると思われます。

<膝打ち導師>が負担になるならば、似たコンセプトを基に出演スターの‘ヒーリング’を担当する<ヒーリングキャンプ>も良いようです。安らかな雰囲気の中でこれまで歌でない演技に集中して過ごした話と今後の活動計画を誠実に語るのならば、やはり成功的な地上波復帰になるのではないかと思います。

もちろんこれはあくまでもバラ色の展望に過ぎないだけです。なぜならこれまでJYJが地上波に姿を表わしにくかった理由は単純な法的な問題だけではないためです。契約紛争調整が終えられたと一日でJYJの活動幅が広くなることと考えられません。

これに対してJYJのマネジメントを引き受けたシジェスエンタテイメント、ペク・チャンジュ代表はやはり“JYJの活動妨害は法的な問題でなくダビテとゴリアテの戦いであるためで、判決以後に活動が大きく変わることはないと見る”と明らかにしましたが。 生半可な展望よりは今までそのようにしてきたようにJYJの道を進み、できる事をしていくという計画です。

だが‘ファンの気持ち’はすでに揺れ動いています。彼ら3人が一つの舞台に立った姿、そしてその姿を公演会場でないTVを通じて確認しようと思うファンたちの心はもう無視することはできない水準に達しています。

果たして‘自由の身’になったJYJは俳優パク・ユチョン、俳優キム・ジェジュンでないJYJという名前で地上波に姿を表わせますか? 重要なのはもしかしたら‘いつ’、‘どんな’プログラムを通じるかではないかも知れません。

大衆の言語と思考に深々と関与する大衆文化を正しく見るのは何より重要です。それで今日も筆者は大衆文化の表と裏を暴くことTVリモコンを死守します。http://saintpcw.tistory.comたくさん訪問して下さい。

Japan FanCafe JYJTheirRooms Staff yuri

http://news.nate.com/view/20121129n11043
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。