HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJキム・ジュンス後援『愛の家作り』5番目の実を結んで(和訳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJキム・ジュンス後援『愛の家作り』5番目の実を結んで(和訳)

2011-06-09 18:26

20110609182544508.jpg


JYJのキム・ジュンスが国際救護開発機構ADRA KOREAとともに広げている‘愛の家作り’事業が5番目の実を結んだ。

去る6月3日忠南(チュンナム)泰安郡(テアングン)、泰安邑(テアンウプ)上玉里に居住するか某氏の新築家屋でキム・ジュンスが後援した‘愛の家’入住式が開かれた。

某氏の家族は、これまで40年ははるかに越えた老朽家屋で生きてきて今回キム・ジュンスの助けで新しい家を持つようになった。 新しい家は65.83㎡の建築面積に台所と洗面室、居間、勉強部屋など生活設備をく整えたこじんまりとした快適な木造住宅で建てられた。

先立ってキム・ジュンスは去る2008年からADRA KOREAに愛の寄付を寄託しており、この資金を基に、で全国で‘愛の家作り’が進行している。 これでその間忠南(チュンナム)、唐津郡(タンジングン)、泰安郡(テアングン)に居住する障害者世帯や一人暮しの老人など、生活状態が苦しい隣人たちが、新しいくつろぎの場所を持つようになった。

この日の入住式にはボランティアメンバーと村住民、関係公務員などが参加して行って某氏の家族をお祝いし、某氏の家族も久しぶりに顔に大笑いを浮かべて感謝の挨拶を交わした。

ADRAは世界主要非政府機構の中の一つで、1997年UNから包括的協議地位を与えられた。 特に国連経済社会理事会はアドゥラを専門的な諮問機構と認定しており、現在の世界120余ヶ国で4,000人余りの活動家が基礎教育、災難対処、経済開発、食糧安保、基礎健康など5つの分野で事業を展開している。

一方‘愛の家作り’事業が今年は京畿(キョンギ)坡州(パジュ)でも進行される予定なのでキム・ジュンスの‘愛のウイルス’はさらに広がる展望だ。

スターエンjiyoon225@starnnews.comユ・ジユン記者

記事情報提供および報道資料press@starnnews.com

記事転載 自動翻訳

http://news.nate.com/view/20110609n26227
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。