HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJ "ひたすら失うことしかなかった"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ "ひたすら失うことしかなかった"

エクスポーツニュース 原文記事転送2013-02-27 16:54

1361948993220_20130227213724.jpg


JYJ "ひたすら失うことしかなかった"

[エクスポーツニュース=ペク・ジョンモ記者]

JYJ(キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス)が前所属会社と葛藤が始まった状況に対して伝えた。

これらは最近発刊されたインタビューマガジン'The JYJ'創刊号を通じて、過ぎ去った1000日間秘めておいた心の中の話をさらけ出した。

キム・ジェジュンは化粧品関連事業を推進している時に前所属会社と葛藤が始まったことを認めて、"事業をしないことにしたが、あたかも私たちを子供のように取り扱うようだった"という当時の心境を伝えた。

キム・ジュンスはCFやレコード販売などの実績が増えても収入が増えない問題と、13年の長い契約期間を言及して"活動をしながら一日に2時間寝るのが願いである程に肉体的、精神的に大変だった。 ひたすら失うことしかないならばどんな選択が可能だろうか"と明らかにした。

パク・ユチョンも"会社のシステムに対して改善してもらいたいという点を話したが、現実は大きく変わらなかった"として前所属会社と決別を選択した理由に対して明らかにした。

一方韓国と日本に同時発売された'The JYJ'創刊号はJYJのデビューから今まで1000日間の記録を入れた。
またJYJの誕生後作られたワールドワイドの英語アルバムをはじめとするワールドツアー、各ソロ活動で活躍したミュージカル、ドラマに対する記録を時間別で整理した。

また、各メンバーの総25時間かけたインタビューを通じての記録、総139ページの分量で創刊号特集DVDが共に収録されている。
メンバーはインタビューをする間2009年、大変だった時間と力になった人々の話をしながら目がしらを赤らめることもした。

JYJメンバーは
"1000日を振り返って難しいことも多かったが心から幸せだったと話すことができる。 さらにたくさん努力して予想できない試練もあったが、その分成長して多くを習うことができた"として
"朝起きて夕方に寝ついて毎日毎日幸福感を感じた1000日の話をファンたちと分かち合いたい"と所感を伝えた。

ペク・ジョンモ記者phanta@xportsnews.com
[写真(c)シジェスエンターテインメント]


訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri
http://news.nate.com/view/20130227n24862
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。