HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  The return of the JYJ  »  JYJ "僕たちが東京ドームに帰ってきた"①(コンサート レビュー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ "僕たちが東京ドームに帰ってきた"①(コンサート レビュー)


エクスポツニュス原文記事転送2013-04-05 07:02

jyj-20130406-11.jpg


[エクスポーツニュース=日本、東京、ペク・ジョンモ記者]約5万個の赤いペンライトが秩序正しく動きながら東京ドームを赤く染めた。

4日午後5時30分日本の東京ドーム。およそ5万席をいっぱい埋めた観客はただひとつの言葉"JYJ"という掛け声を連呼した。 ついにメンバーが舞台に登場するとすぐに彼らは一度奇声を張り上げていたが、すぐ秩序整然とペンライトを徐々に振り始めた。 1万 3千平方メートル広さの東京ドームにあっという間に赤い波が押し寄せた。 3年ぶりに東京ドームでコンサートを持つJYJ。 彼らの最終公演が始まる瞬間だった。

jyj-20130406-12.jpg


"僕たちが! JYJが! 東京に帰ってきた"

キム・ジェジュンをはじめとして舞台に上がった3人の男たちは大声を出した。 そして話した。 "会いたかったです。 本当に会いたかったです"と。

声に力が入った。 特にパク・ユチョンは"楽しむ準備オッケー?"と連続して大声を出した。 メンバーは"喉をいたわって!"として彼を引き止めたがパク・ユチョンの表情には幸せさがいっぱいだった。

ファンたちはこれに対し"ずっといっしょに"(写真は2日の『おかえりJYJ』です)という応援パナーを会場全体で持ち上げることでうなずくように答えた。

jyj-20130406-13.jpg


キム・ジェジュンはファンたちがみんなで持っているバナーに眼差しを送った。 分かってみるとファンたちは3日間の公演の間それぞれ違った応援文が書かれたバナーを持ってきた。 初日は'おかえりJYJ',二日は'あいたかったよ'という応援文をバナーに書いていた。 そして最終日'ずっといっしょに'という応援文を差し出したファンたち。 ファンはJYJと一種の対話をしていたのだ。

"明日は?"キム・ジェジュンが応援バナーの文をしきりに考えながら、しばらく惜しんだ。


jyj-20130406-14.jpg


公演序盤メンバーは派手な個人技で雰囲気を熱くしていった。 最初の火ぶたを切ったのはキム・ジュンスであった。 彼は'Breath(ブレス)'を通じて洗練されたパフォーマンスに特技である歌唱力、そしてラップの実力まで披露した。 キム・ジュンスは続いて'Lullaby'を歌って東京ドーム内部に用意された広い舞台を徐々に歩いて通った。 彼は腕を広げて目をとじて日本ファンたちの声援を全身で感じるようだった。 曲の最後にキム・ジュンスは魂のこもった力強い高い高音を吹きだした。

jyj-20130406-15.jpg


キム・ジェジュンが後に続いた。 キム・ジェジュンは自身の最新曲'Only Love'を通じてロッカーとしての容貌を誇った。 観客は彼の歌はもちろん彼の表情一つ一つをのがさなかった。 キム・ジェジュンが目をとじて感じて歌って、突然目を見開くとすぐに観客は大声を張り上げた。

jyj-20130406-16.jpg


最後はパク・ユチョンだった。 パク・ユチョンは日本のグループ'安全地帯'の'フレンド',キム・ドンリュルの'古くなった歌'を続けて歌った。 彼は切ない声で、彼が雰囲気を落ち着くように鎮めた。 歌の合間合間、ファンたちは交錯した声で"ユチョン、最高"と叫びまくった。 そして彼が歌を終えるや温かい叫び声で彼を喜んだ。

引き続き3人のメンバーは本格的な個人舞台を通じて明確に色が違う自分だけの魅力を見せた。

まずキム・ジェジュンが東京ドームを熱狂の雰囲気に変えた。 彼は自身の曲'One Kiss',そして中島美嘉の曲'Glamorous sky'でロック スタイルの舞台を整えた。 キム・ジェジュンがファーのコートを肩の下まで素早く脱いだままロック音楽を熱唱すると、すぐにファンたちは手を振りまくって熱狂した。 熱情的に手を振ったある女性ファンは心より幸せに見える表情をつくっていた。

jyj-20130406-17.jpg
jyj-20130406-18.jpg


キム・ジェジュンは観衆の心を思いのままにした。 彼は自身がどのようにすれば観客が熱狂するのか分かっていた。 彼は間奏の間、力いっぱいカリスマのある表情をつくるかと思えば、曲のハイライトの部分でしばらく歌を止めて"とても熱い"として着ていたコートを脱ぎ捨てることもした。 舞台を終えた彼はにっこりと笑いを見せながら余裕を表した。

すぐにまた他の色の魅力が押し寄せた。 キム・ジュンスの鋭い歌唱力だった。

彼は自身の英語アルバム曲'Uncommitted'を最初に披露した後'みんな空の下'で頂点をつけた。 キム・ジュンスは切ないボイストーンと完ぺきな歌唱力で隙間のない舞台を作った。 曲序盤彼が1分余り無伴奏で熱唱して、途方もない拍手の声で東京ドームがひとしきり鳴り響いた。 キム・ジュンスは魂のこもった力強い、すさまじい声で歌を繋いだ。 あたかも'私は歌手だ'でイム・ジェボムが'皆さん'と呼ぶ時と似た感じだった。

jyj-20130406-19.jpg


"いくら大変でも涙は流さない。 何度も大きな壁を越えてきたので。 何も恐ろしくはない。 一人ではないから"外国語の歌詞だがその言葉は意味深長だった。 歌を終えた後、少し前の拍手より同じ大きさだったが、はるかに長く拍手が続いた。 その拍手の波を感じるキム・ジュンスの目には素早く涙が溜まっていた。
(著作権の問題があるので歌詞部分は韓国語直訳を載せています。)

jyj-20130406-20.jpg


すばやくパク・ユチョンが雰囲気を変えた。 彼は福山雅治の曲'最愛'でスタートした後、自身のソロの新曲'彼女と春を歩く'を初めて発表した。 '春のキャロル'の感じがするやわらかくて甘い感じの新曲は東京ドームをさわやかでほのかな雰囲気でおおった。 淡泊ながらも真剣に歌った彼の舞台が終わって、観客の惜しまない拍手と叫び声があふれた。

jyj-20130406-21.jpg


JYJのソロ舞台の最後の花火が燃え上がった。

キム・ジェジュンはロックバラード スタイルの自作曲'All Alone'で東京ドームを熱し始めた。 引き続き自身の本格ロック アルバム'I"のタイトル曲'Mine'で燃料を入れて火をつけた。 彼はギターリスト二人を同行して自身のロック スピリットを誇示した。 彼は広い舞台を左右に動きながら声のトーンを高め、速いキターリプに合わせて頭をグルグル回した。 ピアノの旋律が出てくるとすぐにキム・ジェジュンはセクシーな身振りでピアノを宙にに打つふりをしながら、自身のからだを手で探りながら崩れ落ちた。 そのような姿にファンたちは熱狂した。 ファンたちはいつのまにか彼の後ろ姿だけ見ても叫び声を放っていた。

jyj-20130406-22.jpg


キム・ジュンスがソロの舞台の有終の美を飾った。 彼は自身のソロ アルバム タイトル曲'タランタルレグラ(Tarantallegra)'で絶頂の'刃群舞'を見せた。 彼は空中に跳ね上がって舞台に登場することもした。 ファンたちは歌のビートの合間合間に掛け声入れて歓呼した。 いつのまにか席から立ったファンたちは肩と腰を揺さぶってキム・ジュンスのリズムを全身で感じた。

②へ続く…
ペク・ジョンモ記者phanta@xportsnews.com

http://news.nate.com/view/20130405n03007

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri
スポンサーサイト
Comment
TrackBackしたいのですが。
是非TrackBackさせて頂きたいのですが、このRT情報では出来ませんか?
mary さん
お返事が遅くなり申し訳ありません。
私どもの記事は、特別な記載が無い限り
TrackBackしていただいても構いませんのでよろしくお願いします。
ご了承頂き有難う御座います。
すっかりチェックし忘れて一週間も返信せず、失礼致しました。この記事のトラックバックボタンが見つけられず、コピーして記事紹介させて頂きました。お世話になりました。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。